動画

動画のリッチリザルトと画像検索の動画の例

構造化データを使って動画コンテンツをマークアップすると、Google 検索から動画を見つけて視聴するための手掛かりにできます。説明、サムネイル URL、アップロード日、再生時間などの詳細を入力できます。Google は、カルーセル(AMP のトップニュース カルーセルなど)のデータソースとしてマークアップを利用することがあります。動画マークアップは、モバイルの画像検索結果の画像にバッジを表示します。このバッジによって、ユーザーにコンテンツをクリックしてもらう可能性を高めることができます。

ItemList 構造化データを使用して、動画ギャラリー ページ(動画のリストがあるページ)をマークアップします。動画ギャラリーはホスト カルーセルとして表示される場合があります。ホスト固有のリストについて詳しくは、カルーセルをご覧ください。

動画のマークアップは必須ではありませんが、Google が動画のクロールとインデックス登録を行うために役立ちます。

JSON-LD を使用した AMP 用の動画の構造化データは、次のようになります。

JSON-LD を使用した標準的な動画マークアップは、次のようになります。

JSON-LD を使用したクリップ付きの動画は、次のようになります。クリップの使用方法の詳細については、How-to 構造化データをご覧ください。

JSON-LD ItemList マークアップが使用された動画ギャラリー ページの例を示します。

microdata ItemList マークアップが使用された動画ギャラリー ページの例を示します。

構造化データタイプの定義

VideoObject

VideoObject の定義の全文は schema.org/VideoObject で確認できます。必須プロパティを指定しないと、Google が動画に関する情報を抽出できない場合があります。また、推奨プロパティを使用することでコンテンツに関する詳細情報を追加でき、ユーザー エクスペリエンスの向上につながります。

必須プロパティ
description

Text

動画の説明。

name

Text

動画のタイトル。

thumbnailUrl

ImageObject または URL の繰り返しフィールド

動画のサムネイル画像ファイルを指定する URL。

画像に関するその他のガイドライン:

  • すべてのページに画像を少なくとも 1 つ含める必要があります(マークアップを含めるかどうかは問わない)。Google は、アスペクト比と解像度に基づいて、検索結果に表示する最適な画像を選択します。
  • 画像の URL は、クロールやインデックス登録に対応できる必要があります。
  • 画像はマークアップされたコンテンツを表している必要があります。
  • .jpg、.png、.gif のいずれかの形式の画像を指定する必要があります。
  • 適切な画像が選択されるようにするために、アスペクト比が 16x9、4x3、1x1 の高解像度画像(50,000 ピクセル以上の画像)を複数指定してください。

次に例を示します。

"image": [
  "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
  "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
  "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
]
uploadDate

Date

動画が最初に公開された日付(ISO 8601 形式)。

推奨プロパティ
contentUrl

URL

実際の動画のメディア ファイルを指定する URL。

動画のベスト プラクティスに沿っていることをご確認ください。

duration

Duration

動画の再生時間(ISO 8601 形式)。

embedUrl

URL

特定の動画のプレーヤーを指定する URL。通常これは、<embed> タグの src 要素内の情報です。

動画のベスト プラクティスに沿っていることをご確認ください。

expires

Text

その日以降は動画が使用できなくなる日付(ISO 8601 形式)(該当する場合)。有効期限がない場合は、この値を指定しないでください。

hasPart

CreativeWork

動画全体から一部を抽出した動画クリップ。How-to ページの手順にクリップを追加するには、How-to の構造化データをご覧ください。

hasPart.endOffset

Number

動画の先頭からの秒数で表したクリップの終了時間。

hasPart.name

Text

クリップの名前。たとえば、紐の結び方と解き方を示すクリップの名前を「結び方と解き方」とします。

hasPart.startOffset

Number

動画の先頭からの秒数で表したクリップの開始時間。

hasPart.url

URL

クリップの開始時間へのリンク。開始時間は hasPart.startOffset に設定されている値と一致する必要があります。次に例を示します。

"startOffset": 30,
"endOffset": 45,
"url": "http://www.example.com/example&t=30"
interactionCount

Text

動画が再生された回数。

リスト項目

ItemList の完全な定義は schema.org/ItemList で確認できます。

VideoObject プロパティに加え、以下のホスト固有のリスト用プロパティを追加します。ItemList は必須ではありませんが、Google がホスト カルーセルに適したコンテンツを特定するために役立ちます。ホスト固有のリストについて詳しくは、カルーセルをご覧ください。

必須プロパティ
itemListElement

ListItem

1 つのアイテムページの注釈。各 ListItem 要素には VideoObject プロパティListItem プロパティを指定する必要があります。

ListItem.position

Integer

リスト内でのアイテムページの順序位置。次に例を示します。

"itemListElement": [
  {
    "@type": "VideoObject",
    "position": 1,
    ... other VideoObject properties ...
  }, {
    "@type": "VideoObject",
    "position": 2,
    ... other VideoObject properties ...
  }
]
ListItem.url

URL

アイテムページの正規 URL。すべてのアイテムに固有の URL が必要です。

フィードバックを送信...