商品データを Google と共有する

e コマースの商品データを Google と共有すると、検索でのリッチな表示や Google 掲載の機会が増え、関連性の高いトラフィックをサイトに呼び込めるようになります。こうしたメリットを活用するために、次の手順を行うことをおすすめします。

商品構造化データをウェブページに追加する

可能であれば、商品ページに構造化データを追加します。Google 検索結果にページを表示させるために構造化データは必要ありませんが、Google がページを詳細に理解し、リッチリザルトとして表示するのに役立ちます。次に例を示します。

  • 構造化データを使用すると、ページが商品のリッチリザルトとして表示される可能性が高くなります。
  • 構造化データにより、ページに掲載されている価格、割引、送料などのコンテンツを Google が正確に理解できるようになります。また、サイトに対する Google Merchant Center での商品フィードの検証精度も向上します。

導入手順詳しくは、e コマース関連の構造化データを組み込むをご確認ください。

Google は、他の方法を使用してページからデータを抽出することがあります。ページのコンテンツを使用してスニペットを作成しないように Google に明示的に依頼する場合は、その HTML 要素に data-nosnippet 属性を追加します。

データを Google Merchant Center にアップロードする

商品データを Google Merchant Center にアップロードすることは、Google 検索結果に表示されるために必須ではありませんが、そうすることで、Google が商品をより正確に理解できるようになります。ただし、一部の Google サービス(Google ショッピング タブのリスティングなど)で表示されるには、Google Merchant Center を使用する必要があります。

更新頻度の低い小規模なサイトでは、クロールされたウェブ コンテンツから、自動フィードを使用して商品データを作成できます(構造化データを使用すると、データ抽出の精度を高めることができます)。 この方法は、少ない労力で始める場合にも便利です。

大規模なサイトや、コンテンツを頻繁に変更するサイトの場合、定期的に Google Merchant Center に新しいデータフィード ファイルをアップロードします。すぐに更新する場合は、Content API を使用します。この方法により、Google でのデータを細かく制御できます。フィード ファイルをアップロードするメリットとして次のことがあります。

  • Google が商品をすべて把握していると確信できるようになります。 ウェブクロールでは、サイト上の商品がすべて見つかるとは限りません。
  • アップデートのタイミングを細かく制御できるようになります。Google では、サイトの変更がクロールで処理されるまでの時間を判断できません。フィードを使用すると、週ごと、日ごと、1 時間ごとなど、任意のタイミングで更新を行えます。Content API を使用すると、コンテンツを即座に更新できるため、在庫レベルの更新に特に適しています。
  • ウェブサイトに掲載されていないデータを共有します。特定の情報(実店舗の在庫データなど)には、ウェブサイトの表示に適していない情報が含まれている場合もあります。フィードと Content API を使用すると、このようなデータをウェブサイトに表示することなく Google と共有できます。

詳しくは、Google Merchant Center に登録する方法をご確認ください。

Google が構造化データと Google Merchant Center データを使用する仕組み

Google は、ウェブページに埋め込まれた構造化データと Google Merchant Center のデータを使用してさまざまな機能を提供しています。その例を以下に示します。これらの機能は国やデバイスなどの要因によって異なる場合があるので注意してください。

テスト構造化データGoogle Merchant Center
Google 検索での商品のリッチリザルト Google 検索では、商品の構造化データを使用して商品のリッチリザルトを表示します。 Google 検索では、商品のリッチリザルトの表示に Google Merchant Center のデータが使用される場合があります。
商品アノテーション付きの Google 画像検索結果 Google 画像検索では商品構造化データを使用して、画像の商品アノテーションを表示します。 Google 画像検索では、Google Merchant Center に掲載されている画像が使用されます。
Google ショッピング タブ 構造化データを追加すると、Google Merchant Center での作業(データ検証など)に役立つ場合があります。 Google ショッピング タブにコンテンツを表示するには、Google Merchant Center を使用する必要があります。
Google レンズの画像検索結果 Google レンズでは、画像の構造化データのプロパティがある場合は、それを使用します。 Google 画像検索では、Google Merchant Center に掲載されている画像が使用されます。

更新の遅延の問題を解決する

Google がウェブサイトと Google Merchant Center フィードのデータを組み合わせると、遅延によるデータの不整合の問題につながる可能性があります。たとえば、商品が売り切れると、ウェブサイトでは通常その商品をすぐに購入不可として表示しますが、Google Merchant Center の更新には時間がかかる場合があります。これは、フィードを使用している場合に発生する可能性が高くなります。

価格と在庫状況のデータの潜在的な矛盾(同期の問題の一般的な原因)を回避するために、このような不一致が見つかった場合、ウェブサイト コンテンツに従って商品データのコピーを自動的に更新するよう Google Merchant Center に伝えます。

Googlebot と Google Merchant Center が連携する仕組みについて詳しくは、Search Central Lightning トークシリーズの商品を Google 検索に統合する方法をご覧ください。