Maps SDK for iOS のバージョン

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
プラットフォームを選択: Android iOS JavaScript

Google Maps Platform チームは定期的に SDK を更新し、新機能の追加、バグの修正、パフォーマンスの改善を行っています。このページでは、モバイル SDK への依存関係を管理する方法について説明します。

  • ミッション クリティカルなアプリの場合、使用しているメジャー バージョンの最新のドットリリース(X.*)にリンクし、1 年ごとに新しいメジャー バージョンにアップグレードします。

    年間を通じてアプリケーションの新しいバージョンをリリースする際に、Maps SDK for iOS の新しいドット バージョンを使い始めても問題ありません。新しいドット バージョンには下位互換性があるため、これによってアプリケーションのアップデートが必要となることはありません。

    メリット:

    • Maps SDK for iOS に問題が見つかっても、モバイル サポート ポリシーの規定により、該当メジャー バージョンの最初のリリースから 12 か月間は、下位互換性を保った方法で修正が提供されます。修正のメリットを得るために、互換性のない SDK バージョンへのアップグレードを急ぐ必要はありません。
    • 最新の SDK バージョンをベースにアプリを制作すれば、最新の改良点や機能の導入も容易です。
    • SDK のアップデートに合わせてアプリケーションの調整、書き換え、テスティングが必要になることがありますが、SDK の最新メジャー バージョンの年次差分アップデートに対応するだけであれば、複数のメジャー バージョン リリースで導入された下位互換性のない変更に対応するよりも軽い作業で済むことが予想されます。

  • 重要性の低いアプリの場合、任意の修正済みバージョンにリンクします。その修正済みバージョンのサポート終了の案内を受けたら、12 か月以内にアプリのコードをアップデートしてユーザーに提供開始する必要があります。

    メリット:

    • メンテナンス作業の頻度を下げられます。
    • アプリの新バージョンで、搭載 OS の古いモバイル デバイスへの対応を維持できる期間が延びます(新しい SDK バージョンにアップグレードする必要が生じるまで)。

モニタリング対象メールアドレスを持つプロジェクト オーナー様には、各プロジェクトに影響する変更を通知で事前にお知らせしています。メジャー アップデート、サービス終了、その他の変更に関する最新情報を把握する方法

インストール

楽観的な演算子(~>)を使用するのではなく、依存関係に必ずバージョン番号を指定してください。バージョン番号があると、予期しないビルドや反復不能なビルドが発生する可能性があります。Maps SDK for iOS はセマンティック バージョニングに則っており、新たなメジャー バージョン リリースには破壊的変更が含まれます。

CocoaPods の使用

Podfile 構文を使用した Podfile の依存関係の例:

source 'https://github.com/CocoaPods/Specs.git'

platform :ios, '13.0'

target 'YOUR_APPLICATION_TARGET_NAME_HERE' do
  pod 'GoogleMaps', '7.3.0'
end

Carthage の使用

Cartfile 構文を使用した Cartfile の依存関係の例:

binary "https://dl.google.com/geosdk/GoogleMaps.json" == 6.2.1

メンテナンスとアップグレード

最新の改善でビルドするには、定期的に新しいバージョンを確認し、バージョンの仕様を更新してください。新しいメジャー バージョンに更新する場合は、リリースノートで、下位互換性のない変更とコードの更新方法を確認してください。

CocoaPods を使用する

  1. ターミナルを開いて、Podfile があるディレクトリに移動します。

    cd <path-to-project>
  2. pod outdated を実行して、新しいバージョンの Maps SDK for iOS が利用可能かどうかを確認します。
  3. 新しいバージョンの SDK が見つかった場合は、その新しいバージョンで Podfile を更新します。 Podfile で特定のバージョンを設定する方法については、Pod バージョンの指定をご覧ください。
  4. pod update を実行します。
  5. アップグレードの結果、必要に応じて変更を加えます。各リリースにおける変更点の一覧については、リリースノートをご覧ください。
  6. [Product] > [Clean] を選択してから、[Product] > [Build] を選択して、プロジェクトをクリーンアップして再ビルドします。

Carthage の使用

  1. ターミナルを開いて、Podfile があるディレクトリに移動します。

    cd <path-to-project>
  2. carthage outdated を実行して、新しいバージョンの Maps SDK for iOS が利用可能かどうかを確認します。
  3. 新しいバージョンの SDK が見つかった場合は、その新しいバージョンで Cartfile を更新します。 Cartfile で特定のバージョンを設定する方法については、バージョンの要件をご覧ください。
  4. carthage update を実行します。
  5. アップグレードの結果、必要に応じて変更を加えます。各リリースにおける変更点の一覧については、リリースノートをご覧ください。
  6. [Product] > [Clean] を選択してから、[Product] > [Build] を選択して、プロジェクトをクリーンアップして再ビルドします。

手動

SDK のインストール時に、最新のソースファイルへのリンクを取得します。

Google Cloud のプロジェクト オーナーには、新しいバージョンに対するポーリングに加えて、プロジェクトに影響する可能性がある下位互換性のない変更に関するメールが届きます。下位互換性のない変更に関するプロアクティブな通知を受け取るには、プロジェクトごとにモニタリング対象メールアドレスを持つオーナーロールを割り当てます。