以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps SDK for iOS をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps SDK for iOS をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

Google Maps SDK for iOS の概要

はじめに

Google Maps SDK for iOS を使用すると、Google マップのデータに基づくマップを自分のアプリケーションに追加できます。 SDK は自動で Google マップサーバーにアクセスしてマップを表示し、クリックやドラッグなどのユーザー操作に応答します。

マップに追加できる要素には、マーカーやポリライン、地面オーバーレイ、情報ウィンドウなどがあります。 ユーザーはこれらのオブジェクトを使って場所の追加情報を取得し、マップの機能を使いこなすことができます。

SDK を使用する際には、利用規約に従い、アプリは適用される法律に確実に準拠する必要があります。 SDK を使用すると、リクエストを行うたびに、アプリケーション名、バージョン、認証情報、クロスアプリケーション匿名 ID が自動的に送信されます。

対象読者

このドキュメントは、iOS での開発やオブジェクト指向プログラミングの知識があるユーザーを対象としています。 また、ユーザーから見た Google マップについてもよく理解している必要があります。

このドキュメントでは概念を説明しており、読者が Google Maps SDK for iOS について学び、この API を使用してアプリケーションの検討と開発を始めることができるようにすることを目的としています。 クラスやメソッドの特定の詳細に関するリファレンス ドキュメントもあわせてご覧ください。

Google Maps APIs Premium Plan

Premium Plan ライセンスでは、Google Maps SDK for iOS の拡張サポートを利用できます。 Premium Plan ライセンスを購入済みの場合は、Premium Plan のドキュメントで補足情報をご覧ください。

帰属表示の要件

アプリケーションで Google Maps SDK for iOS を使用する場合は、アプリケーションの法的通知セクションに属性テキストを含める必要があります。

独立したメニュー アイテムとして、または「概要」メニュー アイテムの一部として法的通知を 含めることをお勧めします。

属性テキストは、[GMSServices openSourceLicenseInfo] を呼び出すことで入手できます。

サポートされているプラットフォーム

Google Maps SDK for iOS では、iOS 7.0 以降を実行している 32 ビットまたは 64 ビット ネイティブのデバイスを対象にしたアプリを構築できます。 Google Maps SDK for iOS を使用してアプリを開発するには、ターゲット SDK が 8.0 以降の最新の Xcode 7.3 が必要です(ターゲット SDK を 8.0 以降に設定しても、iOS 7.0 でのアプリの実行が妨げられることはありません)。

Google マップの URL スキームを使用するアプリケーションでは、対象デバイスに Google Maps for iOS がインストールされている必要があります。

iOS アプリ拡張では厳格なメモリの制限が適用されているため、Google Maps SDK for iOS は動作しないものと思われます。 たとえば、カスタム キーボードで SDK を使用するのは難しいでしょう。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。