Go クイックスタート

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

クイックスタートでは、Google Workspace API を呼び出すアプリを設定して実行する方法について説明します。

Google Workspace クイックスタートでは、API クライアント ライブラリを使用して認証と認可フローの詳細の一部を処理します。独自のアプリにはクライアント ライブラリを使用することをおすすめします。サンプルアプリを実行するには、各クイックスタートで認証と認可を有効にする必要があります。Google Workspace API の認証と認可に不慣れな場合は、認証と認可の概要をご覧ください。

Google Apps Script Execution API にリクエストを送信する Go コマンドライン アプリケーションを作成します。

目標

  • 環境を設定する。
  • サンプルを設定します。
  • サンプルを実行します。

Prerequisites

  • Google ドライブが有効になっている Google アカウント。

環境の設定

このクイックスタートを完了するには、環境を設定します。

API の有効化

Google API を使用するには、Google Cloud プロジェクトで API を有効にする必要があります。1 つの Google Cloud プロジェクトで 1 つ以上の API を有効にできます。
  • Google Cloud コンソールで、Google Apps Script API を有効にします。

    API の有効化

デスクトップ アプリケーションの認証情報を承認する

エンドユーザーとして認証し、アプリ内のユーザーデータにアクセスするには、1 つ以上の OAuth 2.0 クライアント ID を作成する必要があります。クライアント ID は、Google の OAuth サーバーで 1 つのアプリを識別するために使用されます。アプリを複数のプラットフォームで実行する場合は、プラットフォームごとに個別のクライアント ID を作成する必要があります。
  1. Google Cloud コンソールで、メニュー > [API とサービス] > [認証情報] に移動します。

    [認証情報] に移動

  2. [認証情報を作成] > [OAuth クライアント ID] をクリックします。
  3. [アプリケーションの種類] > [デスクトップ アプリ] をクリックします。
  4. [名前] フィールドに、認証情報の名前を入力します。この名前は Google Cloud コンソールにのみ表示されます。
  5. [CREATE] をクリックします。OAuth クライアント作成画面が表示され、新しいクライアント ID とクライアント シークレットが表示されます。
  6. [OK] をクリックします。新しく作成された認証情報は、[OAuth 2.0 クライアント ID] に表示されます。
  7. ダウンロードした JSON ファイルを credentials.json として保存し、ファイルを作業ディレクトリに移動します。

職場環境を整える

  1. 作業ディレクトリを作成します。

    mkdir quickstart
    
  2. 作業ディレクトリを変更します。

    cd quickstart
    
  3. 新しいモジュールを初期化します。

    go mod init quickstart
    
  4. Google Apps Script Execution API Go クライアント ライブラリと OAuth2 パッケージを取得します。

    go get google.golang.org/api/script/v1
    go get golang.org/x/oauth2/google
    

サンプルのセットアップ

  1. 作業ディレクトリに quickstart.go という名前のファイルを作成します。

  2. このファイルに次のコードを貼り付けます。

    apps_script/quickstart/quickstart.go
    package main
    
    import (
    	"context"
    	"encoding/json"
    	"fmt"
    	"log"
    	"net/http"
    	"os"
    
    	"golang.org/x/oauth2"
    	"golang.org/x/oauth2/google"
    	"google.golang.org/api/option"
    	"google.golang.org/api/script/v1"
    )
    
    // Retrieve a token, saves the token, then returns the generated client.
    func getClient(config *oauth2.Config) *http.Client {
    	// The file token.json stores the user's access and refresh tokens, and is
    	// created automatically when the authorization flow completes for the first
    	// time.
    	tokFile := "token.json"
    	tok, err := tokenFromFile(tokFile)
    	if err != nil {
    		tok = getTokenFromWeb(config)
    		saveToken(tokFile, tok)
    	}
    	return config.Client(context.Background(), tok)
    }
    
    // Request a token from the web, then returns the retrieved token.
    func getTokenFromWeb(config *oauth2.Config) *oauth2.Token {
    	authURL := config.AuthCodeURL("state-token", oauth2.AccessTypeOffline)
    	fmt.Printf("Go to the following link in your browser then type the "+
    		"authorization code: \n%v\n", authURL)
    
    	var authCode string
    	if _, err := fmt.Scan(&authCode); err != nil {
    		log.Fatalf("Unable to read authorization code: %v", err)
    	}
    
    	tok, err := config.Exchange(context.TODO(), authCode)
    	if err != nil {
    		log.Fatalf("Unable to retrieve token from web: %v", err)
    	}
    	return tok
    }
    
    // Retrieves a token from a local file.
    func tokenFromFile(file string) (*oauth2.Token, error) {
    	f, err := os.Open(file)
    	if err != nil {
    		return nil, err
    	}
    	defer f.Close()
    	tok := &oauth2.Token{}
    	err = json.NewDecoder(f).Decode(tok)
    	return tok, err
    }
    
    // Saves a token to a file path.
    func saveToken(path string, token *oauth2.Token) {
    	fmt.Printf("Saving credential file to: %s\n", path)
    	f, err := os.OpenFile(path, os.O_RDWR|os.O_CREATE|os.O_TRUNC, 0600)
    	if err != nil {
    		log.Fatalf("Unable to cache oauth token: %v", err)
    	}
    	defer f.Close()
    	json.NewEncoder(f).Encode(token)
    }
    
    func main() {
    	ctx := context.Background()
    	b, err := os.ReadFile("credentials.json")
    	if err != nil {
    		log.Fatalf("Unable to read client secret file: %v", err)
    	}
    
    	// If modifying these scopes, delete your previously saved token.json.
    	config, err := google.ConfigFromJSON(b, "https://www.googleapis.com/auth/script.projects")
    	if err != nil {
    		log.Fatalf("Unable to parse client secret file to config: %v", err)
    	}
    	client := getClient(config)
    
    	srv, err := script.NewService(ctx, option.WithHTTPClient(client))
    	if err != nil {
    		log.Fatalf("Unable to retrieve Script client: %v", err)
    	}
    
    	req := script.CreateProjectRequest{Title: "My Script"}
    	createRes, err := srv.Projects.Create(&req).Do()
    	if err != nil {
    		// The API encountered a problem.
    		log.Fatalf("The API returned an error: %v", err)
    	}
    	content := &script.Content{
    		ScriptId: createRes.ScriptId,
    		Files: []*script.File{{
    			Name:   "hello",
    			Type:   "SERVER_JS",
    			Source: "function helloWorld() {\n  console.log('Hello, world!');}",
    		}, {
    			Name: "appsscript",
    			Type: "JSON",
    			Source: "{\"timeZone\":\"America/New_York\",\"exceptionLogging\":" +
    				"\"CLOUD\"}",
    		}},
    	}
    	updateContentRes, err := srv.Projects.UpdateContent(createRes.ScriptId,
    		content).Do()
    	if err != nil {
    		// The API encountered a problem.
    		log.Fatalf("The API returned an error: %v", err)
    	}
    	log.Printf("https://script.google.com/d/%v/edit", updateContentRes.ScriptId)
    }
    

サンプルの実行

  1. 作業ディレクトリで、サンプルをビルドして実行します。

    go run quickstart.go
    
  2. ブラウザで、http://localhost:8000 にアクセスします。

  3. サンプルを初めて実行すると、アクセスを承認するように求められます。

    1. まだ Google アカウントにログインしていない場合は、ログインするように求められます。複数のアカウントにログインしている場合は、承認に使用するアカウントを 1 つ選択してください。
    2. [同意する] をクリックします。
    3. ブラウザからコードをコピーして、コマンドライン プロンプトに貼り付け、Enter を押します。

    認可情報はファイル システムに保存されているため、次回サンプルコードを実行するときに、承認を求めるプロンプトは表示されません。

Google Apps Script Execution API にリクエストを送信する最初の Go アプリケーションが正常に作成されました。

次のステップ