モバイル SEO の概要

自分のサイトを検索結果に確実に表示させるために何ができるでしょうか。ここでは、サイトをさまざまなデバイスに合わせて設定する方法と、検索エンジンがサイトを把握できるようにする方法について説明します。

モバイル設定を選択する

モバイルサイトを実装する 3 つの方法

すべての種類やサイズの表示画面に対応できるウェブサイトを実装する方法は、主に 3 つあります。次に、3 つの設定方法を比較した図を示します。

設定 URL の変更なし HTML の変更なし
レスポンシブ ウェブ デザイン はい はい
動的な配信 はい いいえ
別々の URL いいえ いいえ
  1. レスポンシブ ウェブ デザイン: ユーザーのデバイス(パソコン、タブレット、モバイル、非視覚的ブラウザ)に関係なく、同じ URL で同じ HTML コードを配信しますが、画面サイズに応じて(つまり「レスポンシブ」に)レンダリングを変えることができます。Google では、デザイン パターンとしてレスポンシブ デザインをおすすめします

  2. 動的な配信: デバイスに関係なく同じ URL を使用しますが、ユーザーのブラウザに関してサーバーが把握した情報に基づき、デバイスタイプごとに異なる HTML を生成します。

  3. 別々の URL: デバイスごとに別々のコードを配信します。この設定方法では、ユーザーのデバイスの検出を試み、HTTP リダイレクトと Vary HTTP ヘッダーを使用して適切なページにリダイレクトします。

Google では、すべての Googlebot ユーザー エージェントがページとすべてのページアセットにアクセス可能である限り、特定の URL 形式が優先されることはありません。

モバイルサイトの設定方法の選択や、それぞれの設定の長所と短所について詳しくは、マルチスクリーン ユーザーに対応したウェブサイトの構築方法についての記事をご覧ください。

モバイルサイトの設定での重要な点

後で説明するように、モバイル フレンドリーのサイトにするために選択できる設定方法は複数あります。ただし、選択した設定方法によらず、留意してほしい重要な点があります。

  1. モバイル用にページを設定したことを Google に知らせる(または対応するモバイル用のページがあることを Google に知らせてください)。このようにすると、モバイル端末から Google 検索を行ったユーザーに適切な検索結果としてコンテンツを提供できます。
  2. リソースをクロール可能な状態にしておく。検索エンジンがページのレンダリングに不可欠なファイル(広告を含む)にアクセスできなくなるような robots.txt は避けてください。リソース(CSS、JavaScript、画像など)に Googlebot がアクセスできないページは、モバイル ブラウザでの表示や動作向けに作成されたページとして認識されない場合があります。つまり、ページが「モバイル フレンドリー」と認識されず、モバイル ユーザーの検索結果に正しく表示されなくなります。
  3. モバイル ユーザーが不便を感じるようなよくある誤りを避ける。たとえば、再生できない動画(Flash など)を、ページの重要なコンテンツとして掲載する誤りなどです。ユーザーが快適に利用できないモバイルページは、モバイル検索結果のランキングが下がったり警告が表示されたりします。詳しくは、「よくある誤り」のページをご覧ください。

デバイス間の違いを理解する

モバイル: このドキュメントで「モバイル」や「モバイル端末」と言う場合は、Android、iPhone、Windows Phone などのスマートフォンを指します。モバイル ブラウザもパソコン ブラウザと同じように広範囲にわたる HTML5 仕様をレンダリングできますが、画面サイズが小さく、デフォルトの画面方向はほとんどの場合が縦向きです。

タブレット: ここではタブレットを、「モバイル端末」とは違う種類のデバイスと見なします。ここで「モバイル端末」と言う場合、通常はタブレットは含まれません。タブレットは一般に、スマートフォンよりも大型の画面を搭載しています。つまり、タブレット向けのコンテンツを提供する場合を除き、ユーザーはスマートフォン向けブラウザではなくパソコン向けブラウザの感覚でサイトを閲覧することを期待していると考えられます。

マルチメディア フォン: マルチメディア フォンに搭載されるブラウザは、XHTML 標準に準拠するようにコーディングされたページをレンダリングでき、HTML5 マークアップや、JavaScript および ECMAscript に対応しますが、HTML5 標準の拡張 API の一部に対応していない場合があります。これは通常、スマートフォンではない 3G 対応端末に搭載されるブラウザを指します。

フィーチャーフォン: フィーチャーフォンに搭載されるブラウザは、標準の HTML で記述された通常のパソコン用ウェブページは表示できません。cHTML(i モード)、WML、XHTML-MP などにのみ対応したブラウザが該当します。