インデックス登録について

Google がコンテンツをインデックスに登録するかどうかは、システム アルゴリズムによって決定されます。このアルゴリズムでは、ユーザー デマンドや品質チェックが考慮されます。そして、コンテンツを見つけてもらうためにあなたが何をするかによって、Google のインデックス登録プロセスに影響を与えることができます。Google はページの URL を利用してコンテンツを検出します。つまり、ページの URL がないと、Google のシステムはクロールもインデックス登録も行えず、したがって検索結果にも表示されません。このドキュメントでは、Google のインデックス登録の概念をご紹介します。まず、インデックス登録プロセスの最初のステップである、Google にコンテンツを見つけてもらうための方法を選ぶ際のポイントから説明します。

Google にコンテンツを見つけてもらうためのリソースの管理方法

Google にリソースやデータを見つけてもらうには、まったく受動的な方法からかなり積極的な方法まで幅広い選択肢があります。このセクションでは、リソース メタデータ(サイトマップやリソースリンク)を提供することによってコンテンツが検索結果の最適な位置に表示されるようにする、一般的な方法について説明します。

A. 受動的なアプローチを取る

ウェブサイトを作成する際にサイトマップを提供しないと、コンテンツをクローラから明確にブロックしない限り、Google のシステムはサイト上のコンテンツを検出してインデックスに登録しようとします。Google のシステムは通常、サイトのページと、そのコンテンツにリンクしている他のウェブサイトのページ間の関係をたどってクロールしていきます。詳しくは、入門ガイドをご覧ください。

長所: コンテンツの作成以外の作業が発生しません。このアプローチは、ウェブサイトがシンプルで、コンテンツをタイミングよく発見して検索結果に表示してもらう必要がない場合に適しています。 短所: 発見の方法は自然なリンクのみになるので、Google のシステムがコンテンツをすべて見つけられない可能性があります。特にサイトに新しく加わったコンテンツや、リンクが少ないコンテンツは見つかりにくいため、リッチリザルトで表示されるよう特別にマークアップしたコンテンツなど、新しいコンテンツを検索結果に表示したい場合に問題になることがあります。

B. URL を積極的に管理する

サイトマップと呼ばれるコンテンツの URL のリストを作成して Google のシステムに直接提供すると、Google はページの参照関係のみに頼ってウェブをクロールするよりも速くコンテンツを発見できるようになります。サイトマップは通常、Googlebot がアクセスできるドメイン上の場所に置きます。

また、基本的に同じコンテンツを含む複数の URL がある場合(AMP ページ、HTML ページ、モバイルアプリのビューなど)、こうしたリソース間の関係を示すためにサイトマップが役立ちます。リソース間の関係を確立することで、Google のシステムは適切なコンテンツ(アプリへのリンクや AMP ページへのリンクなど)を適切に配信できるようになります。これを実現するには、サイトの正規ページを定義して、それらのページと他のウェブ コンテンツやアプリ コンテンツの間にリンク関係を設定します。さまざまなリソース間の関係が明確になれば、Google は検索結果に表示するコンテンツのタイプをユーザーに合わせて決定することができます。たとえば、すでにアプリがインストールされたスマートフォンから検索しているユーザーには、そのアプリへのリンクを表示します。

長所: 検索におけるリッチリザルトのパフォーマンスが向上します。また、参照回数の少ない新しいコンテンツがシステムに統合されるプロセスが速くなります。さまざまな形式のコンテンツを Google ですばやく配信する上で潜在的な障害になり得る問題の 1 つを、このアプローチを採用することで解消できます。

短所: リソース メタデータ(サイトマップ、およびウェブページ、アプリ、AMP ページの間に指定した関係)を提供するための追加の作業が必要になります。

C. 新しい URL や更新された URL を Google に送信する

サイトでサイトマップをホストして Google のシステムに見つけてもらうようにできるほか、新しい URL や、既存の URL のコンテンツを更新したことを Google に伝えることもできます。

新しい URL の場合は、Google にサイトマップを提供すると発見が早くなります。既存の URL のコンテンツを更新した場合は、タイムスタンプを更新した XML サイトマップを Google に提供して、そのコンテンツをインデックスに再登録する準備ができていることを伝えます。

Google のシステムが URL のリストを受け取ると、Google はコンテンツをいつクロールするかを決定します。クロールするコンテンツに関して、Google はサーバー上にリソースが存在することを確かめてから(確認プロセスと呼ばれています)、そのコンテンツをインデックスに登録する準備を行います。

長所: Google に URL を提供すると、ドメイン上でコンテンツに加えられた変更が検索結果に反映されるまでの時間が短くなります。

短所: あまりありません。サイトマップの作成が完了したら、Google にサイトマップを提供します。これは単純なプロセスです。多くのコンテンツ管理システムでは、サイトマップの更新をプログラムで行っています。

Search Console ヘルプセンターで、サイトマップの詳細と、サイトにサイトマップが必要な理由をご確認ください。

D. App Indexing を使用する

Firebase App Indexing(旧称 Google App Indexing)を使用すると、アプリを Google 検索結果に表示できます。ユーザーがアプリをすでにインストールしている場合は、関連コンテンツを検索すると、アプリが検索結果から直接起動されます。ユーザーがアプリをまだインストールしていない場合は、アプリを検索すると、検索結果にインストール カードが表示されます。App Indexing API を使用すると、どちらのタイプの検索でもアプリの利用を促すことができます。また、この API にはクエリ オートコンプリート機能も用意されています。詳しくは、Firebase App Indexing をご覧ください。

長所: アプリに App Indexing を使用すると、コンテンツ、アプリ、ウェブサイトのすべてのランキングにポジティブな効果をもたらすことができます。

短所: アプリとウェブサイトのコンテンツ管理が追加で必要になります。ただし、開発環境に Android Studio を使用すれば作業が大幅に簡素化され、リソースの管理も効率化できます。詳しくは、App Indexing に Android Studio を使用する方法についての説明をご覧ください。

フィードバックを送信...