ロゴ

Google 検索の検索結果やナレッジグラフで組織のロゴとして使用する画像を指定します。Google 検索では、ユースケースの例でマークアップを使用して画像を認識し、組織のロゴとして使用します。これにより、可能な際は企業の画像が検索結果に表示されます。このようなマークアップは、Google 検索アルゴリズムにとって、指定された画像をナレッジグラフに表示するためのわかりやすい目印となります。

検索結果におけるソフトウェア アプリケーションのリッチ スニペットのスクリーンショット

構造化データを追加する方法

構造化データは、ページに関する情報を提供し、ページ コンテンツを分類するための標準化されたデータ形式です。構造化データを初めて使用する場合は、構造化データの仕組みについてをご覧ください。

構造化データの作成、テスト、リリースの概要は次のとおりです。ウェブページに構造化データを追加するための手順ガイドについては、構造化データの Codelab をご覧ください。

  1. 必須プロパティを追加します。ページ上の構造化データを配置する場所について詳しくは、JSON-LD 構造化データ: ページでの挿入場所をご覧ください。
  2. ガイドラインを遵守します。
  3. リッチリザルト テストでコードを検証します。
  4. 構造化データが含まれているページを数ページ導入し、URL 検査ツールを使用して、Google でページがどのように表示されるかをテストします。Google がページにアクセスでき、robots.txt ファイル、noindex タグ、またはログイン要件によってページがブロックされていないことを確認します。ページが正常に表示される場合は、Google に URL の再クロールを依頼できます。
  5. 今後の変更について Google への情報提供を続けるには、サイトマップを送信することをおすすめします。これは、Search Console Sitemap API で自動化できます。

JSON-LD でロゴを記述する例を示します。


<html>
  <head>
    <title>About Us</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "Organization",
      "url": "http://www.example.com",
      "logo": "http://www.example.com/images/logo.png"
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

構造化データタイプの定義

ロゴの使用について、Google 検索では Organization の以下のプロパティが認識されます。コンテンツがリッチリザルトとして表示されるようにするには、必須プロパティを含める必要があります。

必須プロパティ

logo

URL

組織を表すロゴの URL。

画像に関するその他のガイドライン:

  • 画像は 112x112 ピクセル以上にする必要があります。
  • 画像の URL は、クロール可能で、インデックス登録も可能なものを指定します。
  • 画像ファイル形式は Google 画像検索でサポートされている必要があります。

url

URL

ロゴに関連付けられたウェブサイトの URL。

トラブルシューティング

構造化データを実装する際に問題が発生した場合は、以下のリソースを確認してください。