イベント

イベント検索結果の例

企画したイベントをマークアップすることで、ユーザーが Google 検索結果や他の Google サービス(Google マップなど)からイベントを見つけられるようになります。

マークアップにより、有名アーティストの公演から近所のサルサダンス教室まで、あらゆる種類のイベントを追加できます。イベントのマークアップを利用すると、そうしたイベントをユーザーが見つけやすくなり、参加者の増加にもつながります。

ウェブサイトに載せるイベントが数件しかない場合は、データ ハイライターを使用できます。

ご利用可能な地域と言語

Google のイベント検索機能をご利用いただける地域は世界中に広がっています。現在、以下の地域と言語でご利用いただけます。

JSON-LD 形式の Event の例を示します。microdata または RDFa 構文を使用することもできます。

ガイドライン

Google のイベント検索で表示されるようにするには、以下のガイドラインに準拠する必要があります。

技術に関するガイドライン

  • 対象のページには、schema.org の Event タイプに該当する構造化データを含めなければならない
  • 各イベントに対し、固有の URL(リーフページ)とその URL のマークアップを指定しなければならない

コンテンツ ガイドライン

  • 各イベントについて、イベント名、開始日、場所を正確に記述しなければならない
  • イベント以外はイベントとしてマークしない。
    • イベント以外の商品やサービス(例: 「旅行パック: サンディエゴ / ロサンゼルス(7 泊)」)をイベントとして宣伝しない
    • 短期間の割引や限定販売の情報(例: 「コンサート - チケットは今すぐご購入を」、「コンサート - 土曜日まではチケット半額」)を追加しない
    • 営業時間の情報(例: 「アドベンチャー パークは午前 8 時から午後 5 時まで営業」)をイベントとしてマークしない
    • クーポンの情報(例:「初回のご注文は 5% オフ」)をイベントとしてマークしない
  • 複数日にわたるイベントを正しくマークアップする。
    • 数日にわたって行われるイベントの場合、イベントやチケットの情報では、イベントの開始日と終了日の両方を指定する
    • 日によって異なる公演が複数あり、チケットも別々になっている場合は、公演ごとに別個の Event 要素を追加する

構造化データタイプの定義

Event の定義の全文は schema.org/Event でご確認いただけます。

コンテンツがリッチリザルトとして表示されるようにするには、必須プロパティが必要です。また、推奨プロパティを使用すると、コンテンツに関する詳細情報を追加できるので、ユーザー エクスペリエンスの向上につながります。

必須プロパティ
location

Place

ネストされた Place。次に例を示します。

"location": {
  "@type": "Place",
  "name": "Santa Clara City Library"
}
location.address

PostalAddress

イベント会場の詳しい所番地。

非推奨例: Sydney

推奨例: Bennelong Point, Sydney NSW 2000, Australia

おすすめの方法:

  • 複数の街にわたって行われるイベントの場合は、開始場所を指定したうえで、詳しい説明を description に記述します。
  • 場所を明確に指定せずに行われるイベントの場合は、都市名か最も代表的な場所を使用します。
  • 同時に複数の場所で行われるイベントの場合は、場所ごとに別個のイベントを作成します。
name

Text

イベントの完全なタイトル。

非推奨例: **LIMITED TIME SALE - Kesha and Macklemore Concert - $25**

推奨例: The Adventures of Kesha and Macklemore

推奨例: Meet and Greet: Kesha and Macklemore

おすすめの方法:

  • イベントのタイプをイベントの名前として使用しないでください。
  • URL、価格、出演者など、無関係な情報は含めないでください。それらの値については、該当するフィールドを使用します。
  • タイトルでイベント固有の特徴を強調します。これにより、ユーザーはより早く意思決定を行うことができます(「アーティストとの質疑応答あり」など)。
  • 短期間のプロモーションのための文言を追加しないでください(「今すぐチケットをご購入ください」など)。
startDate

DateTime

ISO-8601 形式による、UTC ゾーンを基準としたイベントの開始日と開始時刻(ローカル タイムゾーン)。ユーザーがスケジュールに合わせてイベントを簡単に見つけられるように、日付と時刻の両方を指定します。次に例を示します。

"startDate": "2018-03-21T16:00"

開始時刻が不明な場合や、終日のイベントかどうかがわからない場合でも、仮の時刻や 00:00 を入力しないでください(00:00 は午前 0 時に開始することを意味します)。そのようなときは開始日のみを指定します。次に例を示します。

"startDate": "2018-03-21"
推奨プロパティ
description

Text

イベントの説明。ユーザーがイベントの内容を簡単に把握できて参加しやすくなるように、イベントの詳細をすべて記述します。

おすすめの方法:

  • 特定のイベントについて明確かつ簡潔に説明します。
  • 貴サイトの機能にではなく、イベントの詳細に重点を置きます。
  • 日付や場所などの情報はここでは繰り返さず、それぞれのフィールドでマークアップします。
endDate

DateTime

ISO-8601 形式による、UTC ゾーンを基準としたイベントの終了日と終了時刻(ローカル タイムゾーン)。startDate と同じ形式を使用します。ユーザーがスケジュールに合わせてイベントを簡単に見つけられるように、日付と時刻の両方を指定します。次に例を示します。

"endDate": "2017-04-24T23:00"

開始時刻が不明な場合や、終日のイベントかどうかがわからない場合でも、仮の時刻や 00:00 を入力しないでください(00:00 は午前 0 時に開始することを意味します)。そのようなときは開始日のみを指定します。次に例を示します。

"endDate": "2017-04-24"
image

ImageObject または URL の繰り返しフィールド

イベントやツアーの画像やロゴの URL。画像を含めることで、ユーザーがイベントについて理解し、参加しやすくなります。画像の幅は 1,920 ピクセル(最小幅は 720 ピクセル)とすることをおすすめします。

画像に関するその他のガイドライン:

  • すべてのページに少なくとも 1 つの画像が必要です(マークアップを含めるかどうかは問いません)。Google は、アスペクト比と解像度に基づいて検索結果に表示する最適な画像を選択します。
  • 画像の URL は、クロールやインデックス登録に対応できる必要があります。
  • 画像はマークアップされたコンテンツを表している必要があります。
  • .jpg、.png、.gif のいずれかの形式の画像を指定する必要があります。
  • 適切な画像が選択されるようにするために、アスペクト比が 16x9、4x3、1x1 の高解像度画像(50,000 ピクセル以上の画像)を複数指定してください。

以下に例を示します。

"image": [
  "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
  "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
  "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
]
location.name

Text

イベントが開催される場所または会場の詳細な名前。

非推奨例: San Francisco, CA

推奨例: Bill Graham Civic Auditorium

おすすめの方法:

  • 都市全域のイベントでない限り、都市名は含めないでください。
  • location.name フィールドは、イベントのタイトルではなく、会場または場所の名前にする必要があります。場所の名前がわからない場合は、このフィールドを使用しないでください。
offers

Offer

ネストされた Offer(チケットのタイプごとに 1 つずつ)。次に例を示します。
"offers": {
  "@type": "Offer"
}
offers.availability

Text

次のいずれかを使用します。

次に例を示します。

"offers": {
  "@type": "Offer",
  "availability": "https://schema.org/InStock"
}
offers.price

Number

チケットについて指定可能な最低価格(サービス料や手数料を含む)。価格変更や売り切れの際には忘れずに更新してください。次に例を示します。

"offers": {
  "@type": "Offer",
  "price": "30"
}
offers.priceCurrency

Text

3 文字の通貨コード。次に例を示します。

"offers": {
  "@type": "Offer",
  "priceCurrency": "USD"
}
offers.validFrom

DateTime

チケットが発売される日時(期間限定販売の場合のみ必要)(ISO-8601 形式)。次に例を示します。

"offers": {
  "@type": "Offer",
  "validFrom": "2017-01-20T16:20-08:00"
}
offers.url

URL

チケットを購入できるページの URL。次に例を示します。

"offers": {
  "@type": "Offer",
  "url": "https://www.example.com/event_offer/123"
}

この URL は、次の要件を満たしている必要があります。

  • ランディング ページとして指定されているページが、あらゆる一般ユーザー向けに、特定のイベントに参加できるチケットの購入機会をわかりやすく提供することを主な目的としたものである
  • イベントの情報が含まれるウェブページ上でユーザーがクリックできるリンクである
  • Googlebot がクロールできる(robots.txt でブロックされていない)
performer

Person

アーティストやコメディアンなど、イベントでパフォーマンスを行う参加者。ネストされた PerformingGroup または Person(出演者ごとに 1 つずつ)。次に例を示します。

"performer": {
  "@type": "PerformingGroup"
}
performer.name

Text

アーティストやコメディアンの名前など、イベントでパフォーマンスを行う参加者の名前。次に例を示します。

"performer": {
  "@type": "PerformingGroup",
  "name": "Andy Lagunoff"
}

困ったときに

サイトがチケットを購入できるページとして表示されない場合は、下記の方法で対処します。

  1. 構造化データに offers.url プロパティが含まれていることを確認します。
  2. 該当の URL が、offers.urlURL 要件を満たしていることを確認します。
  3. サイトの再クロールを Google にリクエストします。
  4. (再)審査のリクエストを送信します。

フィードバックを送信...