コース

構造化データを使ってコースリストをマークアップすると、Google 検索でコースを探しているユーザーにコースリストを表示することができます。コースリストには、コースのタイトル、提供者、簡単な説明を含めることができます。

検索結果に表示されたコースのスクリーンショット

構造化データを追加する方法

構造化データは、ページに関する情報を提供し、ページ コンテンツを分類するための標準化されたデータ形式です。構造化データを初めて使用する場合は、構造化データの仕組みについてをご覧ください。

構造化データの作成、テスト、リリースの概要は次のとおりです。ウェブページに構造化データを追加するための手順ガイドについては、構造化データの Codelab をご覧ください。

  1. 必須プロパティを追加します。ページ上の構造化データを配置する場所について詳しくは、JSON-LD 構造化データ: ページでの挿入場所をご覧ください。
  2. ガイドラインを遵守します。
  3. リッチリザルト テストでコードを検証します。
  4. 構造化データが含まれているページを数ページ導入し、URL 検査ツールを使用して、Google でページがどのように表示されるかをテストします。Google がページにアクセスでき、robots.txt ファイル、noindex タグ、またはログイン要件によってページがブロックされていないことを確認します。ページが正常に表示される場合は、Google に URL の再クロールを依頼できます。
  5. 今後の変更について Google への情報提供を続けるには、サイトマップを送信することをおすすめします。これは、Search Console Sitemap API で自動化できます。

JSON-LD でコースを記述する例を示します。


<html>
  <head>
    <title>Introduction to Computer Science and Programming</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "Course",
      "name": "Introduction to Computer Science and Programming",
      "description": "Introductory CS course laying out the basics.",
      "provider": {
        "@type": "Organization",
        "name": "University of Technology - Eureka",
        "sameAs": "http://www.ut-eureka.edu"
      }
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

ガイドライン

コース カルーセルで表示されるようにするには、以下のガイドラインに準拠する必要があります。

コンテンツ ガイドライン

  • ここで言う「コース」とは、「特定の科目やトピックについての講義、授業、またはモジュール授業で構成される一連の、またはそれ自身で完結したカリキュラム」です。コースのマークアップは、このコースの定義に適合する教育コンテンツにのみ使用できます。
  • コースは、特定の科目またはトピックの知識や技能に関して明確な教育的成果が得られるものでなければならず、複数の生徒に対して 1 人以上の講師が指導を行う必要があります。
  • 「天文学デー」のような一般公開のイベントや、1~2 分間の「サンドイッチの作り方」動画はコースではありません。

技術に関するガイドライン

各コースの nameprovider には、有効なコース名と提供者名を指定する必要があります。以下に無効な名前の例を示します。

  • 宣伝文句になっている: 「世界で最も優れた学校」
  • 受講料の情報が含まれている: 「たった 3,000 円でウクレレが習える」
  • コース内容以外の情報が含まれている: 「この講座を受ければ手っ取り早くお金が稼げる」
  • 割引や支払い特典の情報が含まれている: 「この分野のパイオニアが秘訣を伝授、今なら 25% オフ」

構造化データタイプの定義

コンテンツがリッチリザルトとして表示されるようにするには、必須プロパティを含める必要があります。また、推奨プロパティを使用することでコンテンツに関する詳細情報を追加でき、ユーザー エクスペリエンスの向上につながります。

Course

Course の定義の全文は schema.org/Course で確認できます。

必須プロパティ
description

Text

コースの説明。表示できる文字数は、半角 60 文字(全角 30 文字)までです。

name

Text

コースのタイトル。

推奨プロパティ
provider

Organization

コースのソース コンテンツを公開している組織。たとえば、「カリフォルニア大学バークレー校」のように指定します。

ItemList

ItemList の定義の全文は schema.org/ItemList で確認できます。

必須プロパティ
itemListElement

ListItem

1 つのアイテムページの注釈。

ListItem.position

Integer

リスト内でのアイテムページの順序位置。

ListItem.url

URL

アイテムページの正規 URL。すべてのアイテムに固有の URL が必要です。

トラブルシューティング

構造化データを実装する際に問題が発生した場合は、以下のリソースを確認してください。