モバイル フレンドリー ページを開発するためのリソース

今や、ユーザーによるウェブサイトの閲覧では、モバイル デバイスからモバイル版のサイトにアクセスして閲覧する頻度が、デスクトップ パソコンから閲覧する頻度と同じかそれ以上になっています。そのため、モバイル デバイスで表示できるようにウェブサイトをデザインする必要があります。

一般に、モバイル デバイスはスマートフォンとフィーチャーフォンの 2 つに分類されます。スマートフォンは、本質的には画面が小さい小型のデスクトップ パソコンで、Android デバイスと iPhone デバイスもこれに含まれます(Google ではデザイン上、タブレット デバイスもこの分類に含めています)。フィーチャーフォンは、スマートフォンほどの機能を持たないデバイスで、Google ではスマートフォンとは別の扱いとなっています。

両タイプのデバイス向けのリソース:

  • Google の検索結果ページは、リクエスト元のモバイル デバイスのタイプ(フィーチャーフォンまたはスマートフォン)に合わせてデザインされています。
  • App Indexing 検索プレビューを使って、そのモバイル デバイスのタイプでのページの外観を確認できます。
  • robots.txt ファイルで、モバイル デバイスのタイプ(スマートフォンまたはフィーチャーフォン)に固有のユーザー エージェントをブロックできます。
  • PageSpeed Insights でページを分析して、ページの読み込み時間を短くするためのヒントを確認できます。
  • 詳しくは、モバイル フレンドリー サイトの開発についての詳細をご覧ください

スマートフォン サイトのデベロッパー向けのリソースと情報

フィーチャーフォン サイトのデベロッパー向けのリソースと情報

  • 次のいずれかの場合を除き、SERP および SERP でリンクしているすべてのページは、ネットワーク速度に関係なく全世界でコード変換されます。
    • すでにページが「フィーチャーフォン対応」の場合。
      または
    • ページに <link rel="alternate" media="handheld" href="alternate_page.htm" /> タグがある場合。
  • ユーザーが明示的にオプトアウトしていない限り、SERP 内および SERP でリンクしているページ内のすべての画像がサイズ変更されます。
  • PageSpeed Insights

フィーチャーフォン用マークアップ

フィーチャーフォン用のウェブページでは、WML、XHTML Basic、XHTML MP、cHTML などのさまざまなマークアップ言語が利用されています。どの言語を選択するかはターゲットとする市場によって変わります。

フィーチャーフォン用マークアップ標準言語

フィーチャーフォン用検証ツール

フィーチャー フォン エミュレータ