Google と共有するコンテンツを制限する

サイトの Google と共有する情報と検索結果に表示される情報を管理します。

Google からコンテンツをブロックする理由

いくつかの理由によって、特定のコンテンツを Google と共有しないように設定することがあります。

データを非公開にするため

自分のサイトに非公開データを置いている場合は、そのデータに他のユーザーがアクセスできないようにする必要があります。このようなデータが検索結果に表示されないよう、Google によるクロールをブロックすることができます。

ユーザーにとって価値の低いコンテンツを非表示にするため

ウェブサイトのさまざまな場所に同じコンテンツがある場合、Google 検索でのページのランキングに悪影響を与える可能性があります。重複するコンテンツが発生する可能性がある良い例が、ユーザーがサイト内のコンテンツに移動できるようにするサイト全体の検索機能です。一部の検索機能では、ユーザーがキーワードを入力するたびにカスタムの検索結果ページが生成、表示されます。カスタムの検索結果ページをブロックしておかないと、Google はそのすべてのページを個別にクロールする可能性があります。その結果、同じようなページが多く含まれているサイトと判断され、重複するコンテンツがスパムに分類されるおそれもあり、その結果、Google 検索でのページの掲載順位が下がる可能性があります。

ウェブサイトは他のサードパーティ ソースで生成された情報を共有することがあり、その情報はウェブ上の他の場所でも公開されています。重複コンテンツを大量に含むページは Google 検索結果に表示する価値が低いと判断されます。複製されたコンテンツをブロックすれば、Google のクローラに認識されるコンテンツの質を高めて Google 検索での掲載順位の向上を図ることができます。

Google が重要なコンテンツに注目できるようにするため

大規模なサイト(何千もの URL)を所有し、重要度の低いコンテンツを含むページがある場合、または重複コンテンツが多数ある場合は、重要度の高いコンテンツに注目させるため、重複するページや重要度の低いページを Google がクロールしないようにできます。

コンテンツをブロックする方法

コンテンツが Google に表示されないようにブロックする主な方法は次のとおりです。

コンテンツ タイプ 方法 説明
すべての種類 コンテンツを削除する サイトからコンテンツを削除すると、確実に Google 検索などのすべての場所から表示されないようにできます。情報がすでに Google に表示されている場合は、追加の手順を行う必要が出ることもあります。
すべての種類 ファイルをパスワードで保護する

Google 検索の検索結果に表示したくない機密情報や非公開のコンテンツがある場合、非公開の URL の表示をブロックする最も簡単で最も効果的な方法は、サイトサーバー上のパスワードで保護されたディレクトリにその URL を保存することです。Googlebot とその他すべてのウェブクローラは、パスワードで保護されたディレクトリ内のコンテンツにアクセスできません。

上級ユーザー: Apache ウェブサーバーを使用している場合は、.htaccess ファイルを編集することで、サーバー上のディレクトリをパスワードで保護できます。ウェブ上には、そのために役立つツールが多数あります。

画像 robots.txt および / または緊急の画像削除リクエスト robots.txt ルールを使用して画像をブロックします
ウェブページ noindex ディレクティブ

noindex は、ページの読み取りや Google 検索結果での表示をしないよう Google に指示する方法です。ページは引き続き他のウェブページからアクセスやリンクが可能で、ユーザーがリンクを使って直接アクセスすることもできますが、Google 検索結果には表示されません。この方法には技術的な知識が必要であり、コンテンツ管理システムを使用してサイトをホストしている場合は利用できません。

ウェブページ 特定の Google サービスをオプトアウトする すべての Google サービスではなく、特定の Google サービスにサイトのコンテンツを含めないよう Google に指示できます。
検索結果スニペット nosnippet メタタグ 検索結果にスニペットが表示されないようにするには、ページの HTML の head セクションに <meta name="robots" content="nosnippet" /> タグを追加します。ただし、検索結果に混乱を招くメッセージ(「このページに関する情報はありません」)が表示される可能性があります。
ウェブページ、サイト セクション、URL パターン URL パラメータ ツール 上級ユーザーは、URL パラメータ ツールを使用して、特定のパラメータを持つ URL のクロールをブロックできます。この方法では、サイトの URL スペースの大部分がブロックされてしまうことがあり、間違えてしまうと簡単にはデバックできません。そのため、経験が豊富な上級ユーザーのみがこの方法を使用することをおすすめします。

既存のコンテンツを Google から削除する

Google にすでに存在するコンテンツを削除したい場合は、追加の手順の実施が必要となることがあります。