注意: チェーンによる COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に関連する投稿が一時的に許可されています。また、Google マイビジネスは現在一部の機能を制限しています。一時的なサービスの変更に関する詳細をご確認ください。

変更履歴

v4.6

新機能

サービスリスト
ビジネスが提供するサービスの取得更新を行えるようになりました。詳細
LocationState への canModifyServiceList ブール値の追加
ビジネス拠点のサービスリストを変更できるかどうかを示します。詳細
カテゴリの定義済み ServiceTypes
定義済みのサービスタイプがカテゴリ オブジェクトに含まれるようになりました。詳細
CategoryView
カテゴリに BASIC または FULL のビューを指定できます。FULL ビューは、サービスタイプなどの追加の詳細を返します。詳細
Categories.BatchGet メソッド
この新しいメソッドを使用すると、カテゴリのリストを入力して、それらのカテゴリに関する情報のみを返すことができます。詳細

v4.5 における COVID-19(新型コロナウイルス感染症)による更新情報 2

新機能

COVID 19 に関するアラートの投稿タイプ
API を使用して COVID_19 の投稿を作成できるようになりました。詳細

v4.5 における COVID-19(新型コロナウイルス感染症)による更新情報 1

新機能

臨時休業
API を使用してビジネスを CLOSED_TEMPORARILY に設定できるようになりました。詳細

v4.5

新機能

Q&A の Pub/Sub 通知
ビジネス情報に関する Q&A が新規作成されたり更新されたりすると Google Cloud Pub/Sub 通知が送信されるようになりました。詳細
リスティング状態の Pub/Sub 通知
リスティング状態が変更されると Google Cloud Pub/Sub 通知が送信されるようになりました。詳細

v4.4

新機能

ローカル サービス ビジネスのオーナー確認
ローカル サービス ビジネスは API でオーナー確認できるようになりました。詳細
フォロワー数
フォロワーに関するメタデータを取得できるようになりました。詳細
ユーザー グループとビジネス グループ
ユーザー グループとビジネス グループを API で作成できるようになりました。詳細
LocationState への hasPendingEdits フィールドの追加
ビジネス拠点のプロパティが「edit pending」(保留中の編集あり)状態かどうかが示されるようになりました。詳細

動作の変更点

開業予定日
リスティングに開業予定日を設定できるようになりました。
PointRadius
PointRadius が読み取り専用になりました。 ローカル サービス ビジネスの編集または作成を行う場合は Places を使用してください。

v4.3

新機能

Questions API と Answers API
ご自身のビジネスに関する質問を取得、回答を投稿、よくある質問と回答を表示できます。詳細
クチコミの一括読み取り
複数のビジネス拠点に対するクチコミを 1 回の呼び出しで取得できます。詳細
GoogleLocations 候補
お客様がオーナーではないかと Google が推測している、オーナー未確認のビジネスを確認できます。詳細
GoogleLocation の問題の報告
RecommendedGoogleLocations または GoogleLocations の結果を使って問題を報告できます。詳細
PriceList セクションの Service Enum
PriceList セクションを、指定された FOOD 項目か SERVICES のいずれかを含むものと識別できます。詳細
メディアの説明
新しいメディアをアップロードする際に説明を付加できます。詳細
CHAINS_QUERIES に関する分析情報
ビジネス拠点が加盟先チェーンの検索結果として表示された回数を取得できます。詳細

動作の変更

組織アカウントとビジネス グループに関する通知
Pub/Sub 通知が有効なアカウントでは、管理者となっている組織アカウント内またはビジネス グループ内のリスティングへの通知も受信できるようになりました。
組織アカウントとビジネス グループ用の ListLocations
ユーザー グループか組織アカウントを指定して呼び出した accounts.locations.list では、そのアカウントでアクセス可能なすべてのビジネス情報が表示されるようになりました。

v4.2

新機能

Verification API
オーナー未確認のビジネスについて利用可能な確認方法をリストおよびトリガーできます。詳細
GoogleLocations API
Google 上の既存のビジネスの中からオーナー権限の申請対象を検索するか、オーナー権限の申請対象ビジネスへのアクセス リクエストのためのリンクを取得できます。詳細
拡張ビジネス フィルタ
Locations.List 呼び出しで返される結果を絞り込むための追加オプションです。詳細
チェーン メンバーシップ
チェーン(例: Walmart、Target など)に加盟しているビジネスのメンバーシップを示すことができます。詳細
組織の情報
組織アカウントの情報が、Account オブジェクトの一部として表示されるようになりました。詳細
商品情報の投稿
商品に関連するコンテンツ(名前、価格など)を含む、ローカル投稿の新しい種類です。 詳細
クチコミ投稿者のプロフィール写真
クチコミ投稿者のプロフィール写真の URL が review オブジェクトに含まれるようになりました。 詳細

v4.1

新機能

ユーザー提供のメディア
所有または管理するビジネスの写真か動画がユーザーから提供された場合、それらのメディアに関する分析情報を取得し、参照できるようになりました。詳細
Admin Management API
アカウントとビジネスに関連する招待を一覧表示、承諾、または拒否できます。詳細
Profile(販売者による説明)
販売者自身のビジネスについて自分の言葉で説明し、ビジネスと商品に関する独自のストーリーをユーザーと共有できます。詳細
openingDate フィールド
ビジネス拠点の開業日を提供できます。詳細
クーポンを提供する投稿
「Google の検索結果に投稿」に新しいタイプが導入されました。この投稿では、お客様のビジネスが提供するクーポンをユーザーに紹介できます。詳細

v4

新機能

Google で投稿
API を使用して直接「Google の検索結果に投稿」への投稿を作成できるようになりました。
写真のアップロード
既存の URL のアップロードに加えて、API を使用して写真を直接アップロードできるようになりました。
通知のフィルタとオプトイン
Pub/Sub トピックに送信される通知をフィルタできるようになりました。今後、通知はすべてのユーザーに送信されるのではなく、このメカニズムに基づいて、受信を許可するユーザーだけに送信されるようになります。
UPDATED_REVIEW の通知
クチコミが更新されると、リアルタイムで通知が送信されるように設定できます。
ユーザー グループのサポート
Google My Business API で「ユーザー グループ」タイプのアカウントがサポートされるようになりました。

下位互換性のない変更

  • 以前は location オブジェクトのフィールドだった写真が、ビジネス情報(accounts/account_ID/locations/location_ID/photos)のリソースになりました。

  • 住所フィールドの Countryregion_code に、sub_localitysublocality に変更されました。

  • サポートの終了した Ownership フィールドが廃止されました。

  • これまでは、アカウントとビジネス情報の共同オーナーとメインのオーナーを API で区別することはできませんでしたが(すべて OWNER で表されていた)、メインのオーナーは OWNER、その他のオーナーは CO_OWNER として区別されるようになりました。

  • AccountType.BUSINESS の名前が AccountType.LOCATION_GROUP になりました。

  • ビジネス情報の更新でフィールド マスクを使用する場合は、これまでの field_mask の代わりに update_mask を使用するようになりました。

  • primary_categoryadditional_categories のカテゴリ メッセージが人間の読める形式で表記されなくなりました。カテゴリ名を人間が読める形式に変換するには、Google My Business API のカテゴリ サービスを使用する必要があります。

v3.3

新機能

メニューの構造化

以下の操作が可能になりました。

  • 指定するビジネスで複数のメニューを追加、更新、削除する

  • メニューに複数のメニュー セクションを含める

  • メニュー名、説明、価格、写真を含むメニュー項目を一覧表示する

v3.2

新機能

分析情報
API を使用してビジネスの分析情報と運転ルートの指標を取得できるようになりました。
通知
Google による変更が行われると、リアルタイムで通知が送信されるように設定できるようになりました。

下位互換性のない変更

  • これまで使用されていなかった UrlAttributeValuelanguageCodesplatforms のフィールドが廃止されました。

  • サポートが終了した Ownership 列挙型の SAME は、当該ビジネスと重複するビジネスのメインオーナーが同じである場合にのみ適用されるようになりました。これまでは、所有権に関する複雑な計算に基づいて適用されていました。

v3.1

新機能

通知
新たなクチコミが投稿されると、リアルタイムで通知が送信されるように設定できるようになりました。
マップの URL
返信に Google マップの URL を含めて、ユーザーが簡単に Google マップに移動できるようになりました。
ビジネスの状態
リスティングが公開されている、無効になっている、オーナー確認待ちであるなど、ビジネスの状態に関する追加情報を表示できます。
営業再開のフラグ
canReopen フラグは、営業を終了したものの再開する可能性のあるビジネスを示します。このフラグにより、営業再開の可能性のないビジネスと区別できます。
属性
URL と列挙型の属性をサポートします。
カテゴリのエンドポイント
サポートされているカテゴリの一覧を国と言語別に取得できます(CSV ファイルに代わって使用されます)。

v3

新機能

クチコミ
API を使用してビジネスに関するクチコミを取得し、返信できるようになりました。
属性
ビジネスに関するカテゴリ別の追加情報を提供できます。
一致する場所の検索
ビジネス情報と一致する既存の場所を地図上で検索し、手動で関連付けます。
ビジネスの移管
ビジネス情報に対する新しい操作「Location :transfer」を使用して、あるアカウント(ビジネスまたは個人)から別のアカウントにビジネスを移管できます。
優先する写真
Google マップと検索で優先的に表示される写真を指定できます。
新しい検索フィルタ
any_google_updatesis_suspendedis_duplicate などの新しい検索フィルタを導入しました。
新しいビジネスの状態
ビジネスの状態に、is_verifiedneeds_reverification が加わりました。
写真 URL の改善
API では、画像形式のサフィックスを使用しなくても、写真 URL の使用が認められるようになりました。

下位互換性のない変更

  • ビジネスの写真を更新できるのは、Google+ ページがあるビジネスのみになりました(以前は、受け付けても通知なしに却下されていました)。

  • location_name フィールドと category_name フィールドは、出力専用になりました。カテゴリを設定する際には、カテゴリ ID のみをご使用ください。

  • フィールド マスクにフィールドを含める際に、location. を頭に付ける必要はなくなりました。

  • 作成または更新のオペレーションでは、本文のペイロードとしてビジネス情報(location)を取るようになりました。他のパラメータは、クエリ文字列に移動されます。

v2

下位互換性のない変更

  • CreateLocation の呼び出しで request_id の指定が必須になりました。この ID は、ビジネスごとに一意のものにしてください。これにより、アカウント内に同じビジネス情報が作成されるのを防止できます。新たにビジネス情報を作成する際に、リクエスト ID が既存のビジネス情報と一致する場合は、既存のビジネス情報を返して、アカウント内の重複を回避します。

    • ビジネス情報business_hours の名前が regular_hours に変わりました。