新しい地図レンダラ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

アップグレードされた地図レンダラは、Maps SDK for Android のバージョン 18.0.0 以降でご利用いただけます。このレンダラでは、Cloud ベースのマップのスタイル設定のサポートなど、多くの改良が加えられています。新しいレンダラは、早ければ 2022 年 6 月から段階的に公開されます。オプトインしておくと、このレンダラが Android デバイスのデフォルトになる前に試すことできます。

新しいレンダラには、次のメリットがあります。

  • Cloud ベースのマップのスタイル設定機能を利用可能。
  • 新しいレンダラでは、ポリラインの高度なカスタマイズが可能になりました。
  • ネットワーク負荷、処理負荷、メモリ使用量の軽減。
  • 操作処理の改良により、アニメーションの質が向上し、パンとズームがより滑らかに。
  • 画面の転換をより滑らかにし、地図ラベルの位置もさらに鮮明に。
  • 安定性とユーザー エクスペリエンスの向上。

サポートされているデバイス

新しいレンダラを使用するには、次の条件を満たすデバイスが必要です。

  • Android 5.0(API レベル 21)以降
  • 2 GB 以上のデータ ストレージ
  • Google Play 開発者サービス バージョン 21.39.14 以降を使用

Android 4.4W(API レベル 20)以前を搭載したデバイス、データ ストレージが 2 GB 未満のデバイス、バージョン 21.39.13 以前の Google Play 開発者サービスのいずれかを使用している場合、引き続き従来のレンダラが使用されます。

新しいレンダラを試す方法

新しいレンダラにオプトインするには、以下の手順を行います。

MapViewMapFragment、または SupportMapFragment が作成される前に、コードで MapsInitializer.initialize() を呼び出す必要があります。アプリのコンテンツ ビューの設定前に、アプリの Application または Activity 用に onCreate でこれを呼び出すことをおすすめします。

次の例では、MapsInitializer.initialize() を呼び出してレンダラのバージョンをリクエストする方法を示しています。

Java


import com.google.android.gms.maps.MapsInitializer;
import com.google.android.gms.maps.MapsInitializer.Renderer;
import com.google.android.gms.maps.OnMapsSdkInitializedCallback;

class MapRendererOptInApplication extends Application implements OnMapsSdkInitializedCallback {

  @Override
  public void onCreate() {
    super.onCreate();
    MapsInitializer.initialize(getApplicationContext(), Renderer.LATEST, this);
  }

  @Override
  public void onMapsSdkInitialized(MapsInitializer.Renderer renderer) {
    switch (renderer) {
      case LATEST:
        Log.d("MapsDemo", "The latest version of the renderer is used.");
        break;
      case LEGACY:
        Log.d("MapsDemo", "The legacy version of the renderer is used.");
        break;
    }
  }
}

      

Kotlin


import com.google.android.gms.maps.MapsInitializer
import com.google.android.gms.maps.MapsInitializer.Renderer
import com.google.android.gms.maps.OnMapsSdkInitializedCallback

internal class MapRendererOptInApplication : Application(), OnMapsSdkInitializedCallback {
  override fun onCreate() {
    super.onCreate()
    MapsInitializer.initialize(applicationContext, Renderer.LATEST, this)
  }

  override fun onMapsSdkInitialized(renderer: MapsInitializer.Renderer) {
    when (renderer) {
      Renderer.LATEST -> Log.d("MapsDemo", "The latest version of the renderer is used.")
      Renderer.LEGACY -> Log.d("MapsDemo", "The legacy version of the renderer is used.")
    }
  }
}