既存の Android Studio プロジェクトを設定する

このページでは、Maps SDK for Android を使用するよう Android Studio プロジェクトを設定する方法について説明します。この手順では、Google マップ テンプレートは利用しません(Google マップ テンプレートを利用する場合は、クイックスタートをご覧ください)。

Google マップ テンプレートは、新しい Android Studio プロジェクトを自動的に設定して、基本の地図を追加します。他の Android Studio テンプレートを使用する Android プロジェクトに地図を追加する場合は、プロジェクトを手動で設定してから、地図を追加する必要があります。

Android Studio を設定する

  1. Android Studio は必ず使用する必要があります。お持ちでない場合は、ダウンロードしてインストールしてください。

  2. Android Studio に Google Play 開発者サービス SDK を追加します。Maps SDK for Android は、Google Play 開発者サービス SDK の一部として配布されています。追加するには、SDK Manager を使用します。

Cloud プロジェクトと API キーを設定する

Cloud プロジェクトと API キーを設定するには:

アプリ マニフェストを更新する

このセクションでは、AndroidManifest.xml ファイルに追加する設定について説明します。


Google Play 開発者サービスのバージョン番号

application 要素内に次の宣言を追加します。これにより、このアプリのコンパイルに使用された Google Play 開発者サービスのバージョンが埋め込まれます。

<meta-data
    android:name="com.google.android.gms.version"
    android:value="@integer/google_play_services_version" />

位置情報の利用許可

アプリでユーザーの位置情報を利用する必要がある場合は、AndroidManifest.xml ファイルで位置情報の利用許可をリクエストする必要があります。利用許可には、ユーザーの正確な現在地を提供する ACCESS_FINE_LOCATION と、やや精度の低い位置情報を提供する ACCESS_COARSE_LOCATION の 2 つのタイプがあります。詳しくは、位置情報のガイドをご覧ください。

ACCESS_FINE_LOCATION の利用許可をリクエストするには、次のコードを manifest 要素に追加します。

<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_FINE_LOCATION"/>

外部ストレージのパーミッション

Google Play 開発者サービス SDK のバージョン 8.3 以降を対象としている場合、WRITE_EXTERNAL_STORAGE のパーミッションは必要ありません。これ以前のバージョンの Google Play 開発者サービス SDK を対象としている場合は、manifest 要素内で WRITE_EXTERNAL_STORAGE のパーミッションをリクエストする必要があります。

<uses-permission
        android:name="android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE" />

Apache HTTP レガシー ライブラリ

com.google.android.gms:play-services-maps:16.0.0 以前を使用していて、アプリが API レベル 28(Android 9.0)以上を対象としている場合は、AndroidManifest.xml<application> 要素に以下の宣言を追加する必要があります。それ以外の場合は、この宣言は不要です。

<uses-library
    android:name="org.apache.http.legacy"
    android:required="false" />

マップの依存関係を追加する

アプリレベルの build.gradle ファイルで、マップの依存関係を追加します。詳しくは、バージョニングのガイドをご覧ください。

dependencies {
    implementation 'com.google.android.gms:play-services-maps:18.0.0'
    // ...
}

次のステップ

プロジェクトの設定が完了したら、地図を追加できます。