Google の新しいタグに関するドキュメントをご確認いただきありがとうございます。このサイトは公開ベータ版です。(フィードバック

始める前に

タグを設定する前に、既存のウェブサイトまたはアプリでの設定状況を確認して、すでに使用されている測定サービスや測定手法を分析する必要があります。確認すべき点としては、次のようなものが挙げられます。

測定目標

測定サービスの設定を開始する前に、まずビジネス目標を検討します。ビジネス目標の例としては、次のようなものが挙げられます。

  • 広告のクリック頻度
  • 広告キャンペーンで新たに獲得したサブスクリプションの数
  • サイトへのアクセスが購入手続きに至った数

ビジネス目標に基づいて、使用するサービス、測定するイベント、必要となるインストルメンテーション、表示するレポートを決定します。そして、決定内容に基づいて、測定を導入する際の方針をまとめます。

Google タグ マネージャー、グローバル サイトタグ、Firebase のどれを使用するか

初めてタグを設定する際によく寄せられる質問として、グローバル サイトタグと Google タグ マネージャーのどちらのプラットフォームを使用すべきか、ということが挙げられます。

グローバル サイトタグ: これまでページにタグを設定したことがない場合、または、特定のサービス(Google 広告など)のタグのみを設定し、その後ほとんど変更を行う予定がない場合、最も手軽に始められるのはグローバル サイトタグを設定する方法です。グローバル サイトタグは、ウェブページに設定する小さな JavaScript コードです。グローバル サイトタグの設定の詳細

Google タグ マネージャー: タグ マネージャーは、ウェブおよびモバイルアプリ用の Google タグ、第三者タグ、カスタムタグに対応した、エンタープライズ グレードの堅牢な多機能タグ管理システムです。サイトのコードを調整せずに、タグ マネージャーの管理画面でタグを追加、変更することができます。また、タグの整理、バージョン管理、企業でのコラボレーション、セキュリティといった各種機能にも対応しています。タグ マネージャーには、チームで共有可能なカスタムタグと変数テンプレートを作成できる機能があり、コミュニティ テンプレート ギャラリーのテンプレートをデプロイして使用できます。サーバーサイド タグ設定を使用すると、コードをクライアントサイドからクラウドに移動して、パフォーマンスとセキュリティの向上を図ることができます。タグ マネージャーの詳細

Firebase: Firebase は、iOSAndroid などのモバイル デバイスに対応している Google のツールセットです。Firebase には、Google 広告Google アナリティクスなどの Google サービス向けの測定フレームワークが含まれています。モバイルアプリで測定を設定する必要がある場合は、Firebase を使用します。

使用するタグ設定ツールは、測定目標に基づいて判断することができます。

  • 広告のパフォーマンスに関連する測定を主な目標としている場合は、Google 広告でグローバル サイトタグを使用することをご検討ください。
  • サイトへのすべてのトラフィックを測定することを目標としている場合は、Google アナリティクスでグローバル サイトタグを使用することをご検討ください。
  • Google 広告、Google アナリティクス、およびその他の測定プラットフォームを使って成果を測定する場合は、Google タグ マネージャーの導入をご検討ください。
  • モバイル デバイスでのキャンペーンと利用状況を測定する場合は、Firebase をご使用ください。

コンテンツ管理システムや e コマース システムとの連携

多くのコンテンツ管理システムや e コマース システムは、Google の測定サービスと手軽に連携させることができます。新しいグローバル サイトタグを設定したり、プラットフォームのテンプレートに Google タグ マネージャーを設定したりする前に、ご使用のプラットフォームに Google タグの機能がすでに組み込まれているかどうかを、プロバイダのサポート ドキュメントでご確認ください。

第三者タグ管理システム

Google タグは、多くの第三者タグ管理システムからデプロイできます。第三者タグ管理プラットフォームを使用する場合は、Google のタグに関するドキュメントのグローバル サイトタグのセクションを必ずご確認ください。また、可能な場合は、第三者ベンダーのドキュメントもご確認ください。

既存のタグ設定とインストルメンテーション

設定済みのタグの状況を確認します。すでに設定およびデプロイしているタグがある場合は、そのタグが適切に設定、最適化されていることをご確認ください。analytics.js や conversion.js などの古いタグ ライブラリを使用している場合は、サポートされている最新版にタグの設定をアップグレードする必要があります。タグやタグ管理システムの不要な重複は避け、できる限り効率的なタグ設定にする必要があります。

Google Tag Assistant を使用すると、ウェブサイトでの既存のタグ設定をすばやく確認できます。Tag Assistant を実行すると、タグの設定とサービス ID が自動的に検出されます。

ソースコードで既存のタグを手動で検索することもできます。

既存のタグ プラットフォームがある場合は、既存のインストルメンテーションも確認する必要があります。

  • 既存の dataLayer オブジェクトがあるか。ある場合、どのようなデータが表示されているか。
  • レポートにイベントデータが表示されているか。表示されている場合、それはどのようなデータか。
  • イベントデータをどのように収集しているか。

既存のタグ設定を分析する方法の詳細

Google タグ マネージャーをインストールする場合

タグ マネージャーをインストールする場合は、以下についてもご検討ください。

担当者の変更を管理する

初めてタグ マネージャー アカウントを設定する際は、誰がアカウントを長期的に管理し、チームメンバーの役割が変わったときにアカウントの所有権をどのように取り扱うかを決めておいてください。

担当者が退職してアカウントの認証情報が停止された場合に、タグ マネージャー アカウントへのアクセスを維持するための方法を、あらかじめ用意しておきましょう。組織によっては、管理者の役割を複数のユーザーに委任したり、タグ マネージャーの管理者専用のマスター Google アカウントを作成したりしています。組織に最適な方法をお選びください。

組織ごとに 1 つのタグ マネージャー アカウントを使用する

タグ マネージャー アカウントは、組織ごとに 1 つ作成しましょう。タグの管理を必要としている組織が、タグ マネージャー アカウントを作成する必要があります。たとえば、代理店にタグを管理してもらう場合は、自社でタグ マネージャー アカウントを作成し、代理店の Google アカウントをユーザーとして追加する必要があります。

ゾーンを使用してアクセスを管理する

代理店は、タグ マネージャーの管理者セクションでクライアントの既存のアカウントを管理できます。複数のユーザーが同じ Google タグ マネージャー アカウントを管理することもできます。その場合は、アカウント管理者が各ユーザーにそれぞれ異なったアクセス権を割り当てることができます。Google タグ マネージャー 360 では、ゾーンを使用して、新しいコンテナを追加、管理することができます。