グローバル サイトタグ(gtag.js)は Google タグに変わりました。詳細

既存のタグ設定を分析する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ウェブサイトやモバイルアプリ上に既存のタグがある場合は、新しいタグを導入する前にそれらを評価して、重複するタグを追加しないようにします。この記事では、既存のタグを評価する方法を説明します。

予備評価が終わった後も、タグ管理の標準プロセスに定期チェックを組み込んでください。ウェブサイトやアプリで実行するタグを定期的に評価することは、データ保護とセキュリティにとって重要な手順です。

既存のタグを評価するには、次のリソースを利用します。

Tag Assistant

Google Tag Assistant は、Google タグ(gtag.js)の実装を対象とするタグ分析ツールです。Tag Assistant を有効にするとブラウザ内にデバッグペインが表示され、実際に配信された gtag.js コマンドとその順序を確認できます。Tag Assistant では、データレイヤーに渡されているデータと、そのデータ交換をトリガーしたイベントが表示されます。また、ヒット(HTTP リクエスト)の数や、関連するパラメータも表示されます。Tag Assistant の詳細

タグ マネージャー

タグ マネージャーのアカウントとコンテナを調べて、既存のタグ設定を分析することもできます。タグ マネージャーには、Tag Assistant と同様の機能を持つプレビュー モードも備わっています。

タグ マネージャーのコンテナ内で検索バーを使用すると、タグや設定、あるいはタグ、トリガー、変数内のコードを見つけることができます。評価が必要な設定やコードを含むタグを特定する際に便利な方法です。

バージョン

タグ マネージャーのバージョン機能では、既存のコンテナ設定の概要が表示されます。

  1. タグ マネージャーで [バージョン] をクリックします。
  2. リスト内で最新のバージョンをクリックすると、コンテナの現在の状態を確認できます。

このビューには、タグ、トリガー、変数、カスタム テンプレートが表示されます。

プレビュー モード

タグ マネージャーのプレビュー モードでは、ページで配信されているタグ、それらのタグをトリガーするイベント、データレイヤーにプッシュされるデータを表示できます。プレビュー モードの機能は Tag Assistant とほぼ同様です。プレビュー モードの詳細

手動でのコード検査

既存のタグ設定の詳細な分析が必要な場合は、手動でのコード検査も検討しましょう。ソースコードで次のような一般的なタグキーワードを検索して、タグ設定の有無を調べることができます。

  • gtag(gtag() コマンドの冒頭部分です。多くの場合、これらのコード フラグメントには追加のインストルメンテーションが含まれています。
  • googletagmanager.com – タグ マネージャーと gtag.js の機能の読み込みにはこのドメインが使用されるため、該当タグを見つける手がかりとなります。

gtag.js または Google タグ マネージャーのいずれかがすでに導入されている場合は、新しい設定を実装する代わりに、既存のタグやインストルメンテーションを更新して使用できる可能性があります。

  • dataLayer - データレイヤー コードの設定状況の確認に使用でき、dataLayer.push() の呼び出しは、特定のイベントのインストルメンテーションで使用します。
  • analytics.js または ga.js - 以前の Google アナリティクスの実装で使用されるライブラリのファイル名。
  • conversion.js または conversion_async.js - Google 広告のコンバージョン測定で使用されるライブラリのファイル名。
  • optimize.js - Google オプティマイズのタグで使用されます。
  • Google タグが含まれている可能性のある第三者タグ管理システム。ソースコードで、utag.js_satellite などの第三者タグ管理システムを確認します。

Google タグ(gtag.js)

Google タグのスニペットがウェブページに設置されている場合、タグの内容を調べることで用途の詳細を確認できます。コアタグは次の例のようになります。

  <!-- Google tag (gtag.js) -->
  <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-XXXXXX-1"></script>
  <script>
    window.dataLayer = window.dataLayer || [];
    function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
    gtag('js', new Date());

    gtag('config', 'UA-XXXXXX-1');
  </script>

複数のサービスやアカウントを使用している場合は、複数の gtag('config',...) 行が表示されます。例:

  <!-- Google tag (gtag.js) -->
  <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=TAG_ID"></script>
  <script>
    window.dataLayer = window.dataLayer || [];
    function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
    gtag('js', new Date());
    
    gtag('config', 'UA-XXXXXX-1');
    gtag('config', 'UA-YYYYYY-2');
    gtag('config', 'TAG_ID');
  </script>

config 行には、設定対象のサービスを表す接頭辞に続き、設定対象のアカウントの ID が記載されています。サービスを表す接頭辞の詳細については、以下をご覧ください。

接続先サービスを表す Google タグの接頭辞

UA Google タグが Google アナリティクスによって管理されていることを示します。この ID は Google アナリティクスのトラッキング ID です。この ID に関連付けられているプロパティを見つけるには、Google アナリティクスのアカウント検索機能を使用します。プロパティが表示されない場合は、そのプロパティへのアクセス権がない可能性があります。
DC Google タグが Floodlight タグによって管理されていることを示します。DC の後に続く数字列は広告主 ID です。
その他 Google タグが Google の他のサービスによって管理されているか、正しく実装されていない可能性があります。確認するには、Tag Assistant を使用します。

Google タグによって設定されたウェブページには、接頭辞が「G」または「AW」の ID が含まれることがあります。接頭辞「G」は、Google アナリティクスで作成された Google タグであることを示します。接頭辞「AW」は、Google 広告(AdWords)で作成された Google タグであることを示します。これらの ID は、実際には同一の「タグ ID」を表し、相互に代替可能です。このため、一方の接頭辞の ID がすでに記載されている場合、もう一方の接頭辞の ID を追加する必要はありません。詳細: タグ ID のセットアップについて

Google タグ マネージャー

タグ マネージャーで設定したウェブページには、次の例のようなコンテナタグが設定されます。タグ マネージャーのコンテナ ID は、コンテナコードを検査することで特定できます。コンテナ ID は「GTM-」で始まります。コンテナ ID の配置例を以下に示します。

<!-- Google Tag Manager -->
<script>(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start':
new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0],
j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src=
'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f);
})(window,document,'script','dataLayer','GTM-XXXXXX');</script>
<:!-- End Google Tag Manager -->

コンテナ ID を入手したら、Google タグ マネージャーのアカウント画面を開き、[] をクリックしてこの ID を検索します。これにより、ウェブサイトのタグ、トリガー、変数の設定を検査できます。