概要

このドキュメントでは、Google 検索においてページに影響を及ぼす技術的な問題について説明します。たとえば、検索においてページの外観に影響を及ぼす可能性がある構造化データの実装方法や、Google 検索に固有の機能を使用して、Google 検索結果に表示する AMP ページを取得する方法に関する技術的な詳細について説明します。

このドキュメントでは、技術的な「方法」に焦点を当てています。各種の機能を実装すべき「理由」や、Google 検索の仕組みの概要に関するドキュメントについては、Search Console ヘルプセンターをご覧ください。Search Console ヘルプセンターでは、サイト所有者、SEO、コンテンツ プロバイダに関するガイド、概要、一般情報を提供しています。

これらのガイドでは以下のトピックが取り上げられています。

構造化データ 構造化データを使用すると、Google がサイトのコンテンツを理解しやすくなり、ページに合わせて検索結果の特別な機能を有効にして表示できるようにします。
AMP Google 検索において AMP を最大限に活用する方法を学習できます。AMP 固有の検索機能を実装してカルーセルを有効にしたり、Google AMP キャッシュで AMP ページを管理したり、AMP ページ用に Google アナリティクスを有効にしたりできるようになります。
モバイル対応のデザイン モバイル端末における Google 検索のエクスペリエンスを向上させる方法を学習できます。

体系化された検索体験

ユーザーが使う端末がパソコンからモバイル端末へと進化し、日常的に使われるようになるにつれて、Google 検索も進化を続けてきました。リッチリザルトを導入したのは、ユーザーがモバイル端末から予約を入れたり、会社のカスタマー サービスに電話をかけたり、スーパーで買い物をしながら完璧なチョコレート ケーキのレシピを選んだりといったことを楽にできるようにするためです。そして Google アプリには、ユーザーが検索を始める前から情報が集められ、知りたいと思ったときにいつでもアクセスできるようにしています。

また、Google 検索では構造化された検索エクスペリエンスを提供し、ユーザーのさまざまな検索意向(検索のタイプ)に対応しています。こうした対応は、リスト検索に対する結果リストの提供や、特定のエンティティ検索に対するまとまった情報の提供など、多岐に及んでいます。たとえば、「chicken recipes」のリスト検索ではスキャンや絞り込みが楽に行えるような結果が返されるのに対し、「Interstellar」のような映画に関するエンティティ検索では、あちこちのサイトに掲載されている評論家によるレビューのスニペットなど、そのエンティティを中心としてコンテンツが集められ、より深く調べたい気持ちを刺激するような結果が返されます。

こうしたエクスペリエンスをすべて実現するための最新のビジュアル インターフェースがリッチリザルト(旧称: リッチカード)です。リッチリザルトとは、さまざまな端末や画面サイズで適切にレンダリングできる方法で拡張された検索結果を表示することができる、単一のアイテムまたはアイテムのリスト用のレイアウトです。

検索でリッチリザルトを表示する方法

検索プロセスが開始されると、Google のシステムがリンクをたどってウェブをクロールします。サイト所有者は、テキストや画像などのコンテンツへのアクセスを制御します。一方、Google は、オートコンプリートなどの機能やコンテキスト ベースのシグナルを通じてエクスペリエンスを向上させるアルゴリズムを使用して、インデックス内のすべての情報を分類してユーザーに配信します。

検索機能は進化を続けており、その中でコンテンツの表示を最適化するためには、検索フローにおける 3 つの重要なタッチポイントとの関係を理解することが重要です。

1. メタデータ

メタデータとは、他のデータを説明するデータです。つまり、検索ユーザーに提供するコンテンツのサービスとタイプに関する詳細情報です。Google はメタデータを取得するために、コンテンツ内で指定されたマークアップから直接取得する方法と、コンテンツ プロバイダをエンティティ オーソリティとして設定する方法のいずれかまたは両方を使用します。また、リッチリザルトとナレッジグラフ カードの機能を活用するために、コンテンツ メタデータと関連するオーソリティ データを使用します。

  • コンテンツ マークアップ: コンテンツ プロバイダであるあなたは、管理または所有しているオンライン コンテンツを、検索結果においてリッチ形式のいずれか(レシピ、記事、動画など)で表示させたいと考えています。そのためには、評価、画像、再生操作などの特定の要素に基づいて、そのコンテンツの構造化データ マークアップを提供します。
  • エンティティ オーソリティ データ: エンティティ オーソリティとは、特定のもの(アーティストの公式ウェブサイト、レストランなどの従来型のビジネス、組織など)に対する確認済みの権限です。あなたのビジネスやサイトを Google が信頼できるようにするには、Google マイビジネスGoogle の検索結果に投稿で情報を提供し、Search Console を使用してウェブサイトを登録、確認します。

2. インデックスへの登録

Google のシステムがコンテンツを検出してアクセスすると、検索インデックスへの登録が開始されます。この処理では、追加の操作は必要ありません。Google のクローラがコンテンツへの自然なリンクをたどってページを発見すると、メタデータを取得します。その後、他のソースから取得した情報(オーソリティの詳細情報など)を関連付けます。

このクロール処理は、アルゴリズムが管理するスケジュールに従って行われます。このアルゴリズムは、さまざまな要素に基づいてコンテンツの需要を判断します。

サイトマップ(基本的にはコンテンツの URL のリスト)を提供すると、クローラがページを発見しやすくなります。重要な URL(特定の機能のマークアップを追加したページなど)を提供することで、Google に優先して発見してもらうことができます。

3. ユーザーの検索意向に応じた検索結果の表示

検索結果に含められるように準備されたコンテンツは、さまざまな形式で表示されます。これは、Google 検索の情報の表示方法がユーザーの検索意向によって決定されるためです。ユーザーの検索意向とは、ユーザーが特定のコンテキスト内で特定のクエリを通じて実際に求めているものを、Google のアルゴリズムがどのようにして理解するかを説明する概念です。

たとえば、ユーザーが「turkey」を検索した場合、検索意向が不明瞭なため、検索結果には、トルコ共和国に関するナレッジグラフ カード、トルコ共和国に関するニュース アイテム、七面鳥などのアイテムが入り混じって表示されます。

しかし、クエリを「turkey recipes」に変更すると、検索意向がリスト検索に絞り込まれるため、レシピのカルーセル(さまざまなプロバイダから収集したレシピを掲載するための概要カルーセルや、特定のホストから収集したレシピを掲載するためのホスト カルーセルなど)で関連するレシピをまとめて表示することができます。

レシピのコンテンツ プロバイダの場合は、コンテンツをマークアップすることで、各種の検索意向に応じて単一アイテムまたはマルチアイテムのリッチリザルト(旧称: リッチカード)を表示することができます。

次のステップ

コンテンツの検索結果をリッチリザルトで表示できるようにするための手順は次のとおりです。

  1. 登録

    サイトを Search Console に登録すると、サイトの検索パフォーマンスを最適化するのに役立ちます。また、このツールを通じて、Google のシステムがクロール、インデックス登録、コンテンツの配信をどのように行っているかを深く理解できるようになります。さらに、機能拡張されたレポートツールを使用することで、コンテンツをガイドラインに準拠させ、マークアップの誤りがないようにすることができます。

    従来型のビジネスのオーナーは、Google マイビジネスを介してビジネスを Google に登録することができます。これにより、ビジネス拠点、コンテンツ情報、営業時間を Google マップと Google 検索の両方で表示できるようになります。

    ナレッジパネルの正式な代表者は、自分の存在をアピールできます。存在をアピールすることで、ナレッジパネルの情報を更新することができます。

  2. リソースを準備する ウェブサイトやアプリを所有している場合、Google にデータを送信するには、コンテンツとそれをホストするリソースを事前に準備しておく必要があります。つまり、モバイルアプリの場合は App Indexing を使用し、モバイル対応のコンテンツを作成するか AMP ページを使用して、コンテンツやサービスに最適な構造化データ マークアップを調べて選択する必要があります。
  3. インデックスに登録する

    Google のシステムは、オンライン リソースへのアクセスを利用して、Google アプリや検索画面からユーザーがコンテンツに移動できるようにしています。詳しくは、インデックス登録についての記事をご覧ください。

フィードバックを送信...