パンくずリスト

ウェブページに表示されたパンくずリスト

ページに表示されるパンくずリストは、そのページがサイト階層内のどこに位置するかを示します。ユーザーは、パンくずリスト内の最後のパンくずから順番にさかのぼることで、サイトの階層内を 1 レベルずつ上に移動できます。

Google 検索では、検索結果内のウェブページからの情報を分類する際に、ページの本文内のパンくずリスト マークアップを使用します。以下の使用例に示すように、ユーザーがページにアクセスするときの検索クエリはさまざまです。異なる検索クエリに対して同じウェブページが返される可能性があるため、パンくずリストを含めることで、Google 検索クエリのコンテキスト内でコンテンツを分類できます。ページ ancillaryjustice.html には、検索コンテキストに応じて以下のようなパンくずリストが表示されます。

書籍のタイトル「Ancillary Justice」で検索した場合は、たとえば次のようなパンくずリストが生成されます。

BooksAuthorsAnn LeckieAncillary Justice

JSON-LD を使用してパンくずリストを記述した場合、構造化データ テストツールでは次のように表示されます。

「2014 Nebula Award best novel」のように、年とジャンルに基づいて受賞作を検索した場合は、たとえば次のようなパンくずリストが生成されます。

BooksScience FictionAncillary Justice

RDFa

RDFa を使用してパンくずリストを記述した場合、構造化データ テストツールでは次のように表示されます。

microdata

Microdata を使用してパンくずリストを記述した場合、構造化データ テストツールでは次のように表示されます。

複数のパンくずリストを表示する例を示します。

BooksScience FictionAward Winners
LiteratureSpeculative Fiction

RDFa

RDFa を使用してパンくずリストを記述した例です。

microdata

Microdata を使用してパンくずリストを記述した例です。

HTML の例

HTML パンくずリストのブロックを、視覚的なデザインの一部としてページ内に挿入します。ガイドラインにある HTML パンくずリストの例は次のようになります。

<ol>
  <li>
    <a href="http://www.example.com/books">Books</a>
  </li>
  <li>
    <a href="http://www.example.com/sciencefiction">Science Fiction</a>
  </li>
  <li>
    <a href="http://www.example.com/books/sciencefiction/awardwinners">Award Winners</a>
  </li>
<ol>

ガイドライン

ソーシャル プロフィール マークアップでは、構造化データに関する一般的なガイドラインに従うことに加え、対象ページがより広範な検索結果内に見つかる可能性がある場合は、そのページのパンくずを含まないパンくずリストを 1 つ以上作成する必要があります。たとえば上の例なら、「award winning science fiction novels」を検索すると ancillaryjustice.html 以外にもさまざまなページが見つかります。そこでこのようなパンくずリストを含めることで、より幅広い検索カテゴリを反映できます。

BooksScience FictionAward Winners

構造化データタイプの定義

Google 検索では、BreadcrumbList の以下のプロパティが認識されます。コンテンツがリッチリザルトとして表示されるようにするには、必須プロパティを含める必要があります。

必須プロパティ
item

Thing

パンくずを表すウェブページの URL。

name

Text

ユーザーに表示されるパンくずのタイトル。

position

Integer

パンくずリスト内のパンくずの位置。Position 1 は、リスト内の 1 番目のパンくずであることを表します。

フィードバックを送信...