Course

構造化データを使ってコースリストをマークアップすると、Google 検索でコースを探しているユーザーにコースリストを表示できます。コースリストには、コースのタイトル、提供者、簡単な説明を含めることができます。

Google 検索結果でのコース カルーセルのリッチリザルト

How to add structured data

Structured data is a standardized format for providing information about a page and classifying the page content. If you're new to structured data, you can learn more about how structured data works.

Here's an overview of how to build, test, and release structured data. For a step-by-step guide on how to add structured data to a web page, check out the structured data codelab.

  1. Add the required properties. Based on the format you're using, learn where to insert structured data on the page.
  2. Follow the guidelines.
  3. Validate your code using the Rich Results Test.
  4. Deploy a few pages that include your structured data and use the URL Inspection tool to test how Google sees the page. Be sure that your page is accessible to Google and not blocked by a robots.txt file, the noindex tag, or login requirements. If the page looks okay, you can ask Google to recrawl your URLs.
  5. To keep Google informed of future changes, we recommend that you submit a sitemap. You can automate this with the Search Console Sitemap API.

JSON-LD でコースを記述する例を示します。


<html>
  <head>
    <title>Introduction to Computer Science and Programming</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "Course",
      "name": "Introduction to Computer Science and Programming",
      "description": "Introductory CS course laying out the basics.",
      "provider": {
        "@type": "Organization",
        "name": "University of Technology - Eureka",
        "sameAs": "http://www.ut-eureka.edu"
      }
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

ガイドライン

コース カルーセルで表示されるようにするには、以下のガイドラインに準拠する必要があります。

コンテンツ ガイドライン

  • ここで言う「コース」とは、特定の科目 / トピックに関する講義、レッスン、またはモジュール授業で構成される一連のカリキュラムまたは 1 つの完結したカリキュラムです。Course マークアップは、このコースの定義に適合する教育コンテンツにのみ使用してください。
  • コースは、特定の科目またはトピックの知識や技能に関して明確な教育的成果が得られるものでなければならず、複数の生徒に対して 1 人以上の講師が指導を行う必要があります。
  • 「天文学デー」のような一般公開のイベントや、1~2 分間の「サンドイッチの作り方」動画はコースではありません。

技術に関するガイドライン

各コースには有効な name プロパティと provider プロパティが必要です。以下に無効な名前の例を示します。

  • 宣伝文句になっている: 「世界で最も優れた学校」
  • 受講料の情報が含まれている: 「たった 3,000 円でウクレレが習える」
  • コース内容以外の情報が含まれている: 「この講座を受ければ手っ取り早くお金が稼げる」
  • 割引や支払い特典の情報が含まれている: 「この分野のパイオニアが秘訣を伝授、今なら 25% オフ」

構造化データタイプの定義

コンテンツがリッチリザルトとして表示されるようにするには、必須プロパティを含める必要があります。また、推奨プロパティを使用することでコンテンツに関する詳細情報を追加でき、ユーザー エクスペリエンスの向上につながります。

Course

Course の定義の全文は schema.org/Course で確認できます。

必須プロパティ
description

Text

コースの説明。表示できる文字数は、半角 60 文字(全角 30 文字)までです。

name

Text

コースのタイトル。

推奨プロパティ
provider

Organization

コースのソース コンテンツを公開している組織。たとえば、「カリフォルニア大学バークレー校」のように指定します。

ItemList

ItemList の定義の全文は schema.org/ItemList で確認できます。

必須プロパティ
itemListElement

ListItem

1 つのアイテムページの注釈。

ListItem.position

Integer

リスト内でのアイテムページの順序位置。

ListItem.url

URL

アイテムページの正規 URL。すべてのアイテムに固有の URL が必要です。

トラブルシューティング

構造化データの実装またはデバッグで問題が発生した場合は、以下のリソースが参考になります。