Google で e コマース コンテンツが表示される場所

Google には、検索結果や Google マップなど、e コマース コンテンツを表示できるサービスが複数あります。それぞれの Google サービスに適したコンテンツを提供すれば、新たな見込み顧客にリーチできるようになります。

サービス

Google 検索での掲載順位を改善する手法について詳しくは、検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドをご覧ください。Google 検索の結果を表示するさまざまな例については、検索ギャラリーをご覧ください。

商品の検索結果のリッチリザルトの例

Google 画像検索

Google でインデックス登録できるように画像を準備する最適な方法については、Google 画像検索に関するおすすめの方法をご覧ください。

バックパックの Google 画像検索結果の例

Google レンズ

Google レンズの検索結果に商品を表示させるには、商品の詳細情報が Google Merchant Center にアップロードされていることを確認し、商品リスティングを有効にして、Google 画像検索に関するおすすめの方法を実施します。

Google レンズボタンは Google 検索アプリの検索ボックスの右側にあります

Google ショッピング タブ

商品を Google ショッピング タブに表示させるには、これらの商品を Google Merchant Center にアップロードします。

バックパックの Google ショッピング検索結果の例

ビジネス プロフィール

ビジネスの詳細情報を Google に提供するには、ビジネス プロフィールを申請し、ビジネス プロフィールと Merchant Center をリンクします。

Google 検索に表示されるビジネス プロフィールの例

Google マップ

商品を Google マップの検索結果に表示するには、在庫位置情報を含む商品を Google Merchant Center にアップロードします。詳しくは、ローカル在庫広告の参加登録ガイドをご覧ください。

Google マップの検索結果の例

さまざまな顧客ニーズを満たす e コマース コンテンツを作成する

商品データは最もわかりやすい種類の e コマース コンテンツですが、他の種類の情報もショッピング ジャーニーのさまざまな段階で買い物客に役立つことがあります。以下に、より多くの Google サービスでユーザーにリーチするのに役立つコンテンツの例を示します。

  • 自社のストーリー。購入先を気にする買い物客のために、自社のビジネスの背景にあるストーリーを説明します。
  • 特別優待。母の日などの季節限定の特別な販売イベントでスペシャル オファーについて説明します。
  • 販売者の商品レビュー。販売する商品に関するレビューを詳しく掲載することで、買い物客がニーズに最適な商品を見つけられるよう積極的にサポートする姿勢を示します。金銭的な利益を得るためにサードパーティのサイトの商品にリンクする場合は、有料リンクに関するガイドをご確認ください。
  • 顧客の商品レビュー。新しい買い物客が商品をよりよく理解できるように、顧客による評価やレビューを採用することを検討します。
  • カタログ。詳細な商品説明を掲載して、買い物客が商品を検索するときに使用する検索キーワードに一致するようにします。より一般的なクエリをカバーするようにカテゴリの説明を掲載することもできます。
  • 学びの機会。顧客との関わりを深めるために、ワークショップやレッスンの詳細情報を共有します。たとえばケーキ店でデコレーション ケーキを販売している場合、ケーキのデコレーションに関する講座を開催できます。イベントで使用できる構造化データについては、イベントを Google のインデックスに登録するをご覧ください。
  • ライブ配信。商品を紹介するインタラクティブなライブ配信を通じて顧客と交流し、商品の使用方法を説明して顧客からの質問にリアルタイムで回答します。
  • カスタマー サービスのタッチポイント。返品に関するポリシーと配達に関するポリシー(注文金額に基づく送料割引を含む)を明確に表示し、カスタマー サポートの連絡先をハイライト表示することで、顧客の信頼を高めます。