検索結果のタイトルリンクを管理する

タイトルリンクは、Google 検索やその他のサービス(Google ニュースなど)で表示される検索結果のタイトルで、ウェブページにリンクしているものです。Google は、タイトルリンクをさまざまなソースを使って自動的に決定しますが、わかりやすい <title> 要素の記述に関するガイドラインに沿って任意に指定することもできます。

Google 検索のウェブ検索結果のタイトルリンク

わかりやすい <title> 要素を記述するためのベスト プラクティス

タイトルリンクは、検索結果のコンテンツをユーザーが一目でわかるように表示し、クエリとの関連性が高い理由をはっきりと伝えるうえで不可欠です。どのサイトをクリックするかはタイトルで決定することが多いため、ウェブページには質の高いタイトル テキストを使うことが重要です。

  • サイト上のすべてのページに <title> 要素でタイトルが指定されているようにする
  • <title> 要素に具体的でわかりやすいテキストを記述する。ホームページに「ホーム」、特定の人物のプロフィールのページに「プロフィール」のような曖昧なタイトルは付けないようにしてください。また、<title> には不必要に長いものや無駄な情報が含まれるものも避けてください。検索結果にタイトルが表示されたときに、その一部しか表示されなくなります。
  • キーワードの乱用は避ける。<title> 要素に具体的なキーワードをいくつか含めると効果的な場合もありますが、同じ語句を何度も繰り返しても無意味なだけです。「Foobar, foo bar, foobars, foo bars」のようなタイトル テキストはユーザーの利便性を下げるものであり、このようなキーワードの乱用は Google やユーザーから不正行為と見なされる可能性があります。
  • <title> 要素内でテキストの繰り返しや定型文の使用は避ける。サイトのそれぞれのページの <title> 要素に、具体的なテキストを記述することが重要です。たとえば、サイトのすべてのページに「激安セール実施中」というタイトルを付けた場合、ユーザーはページを区別できなくなります。<title> 要素内の長いテキストで、一部の情報のみを変えたもの(「ボイラープレート」タイトル)も適切ではありません。たとえば、すべてのページに共通の <title> 要素「バンド名 - 歌詞、ポスター、アルバム、レビュー、コンサートを見る」といったテキストを含むものは、タイトルから各ページの情報があまり伝わってきません。

    1 つの解決策としては、<title> 要素を大幅に変更し、ページの実際のコンテンツを反映させるという手段が考えられます。前述の例で言えば、「動画」「歌詞」などの単語を含めるのは、そのページに動画や歌詞が含まれている場合のみにします。もう 1 つの解決策として、<title> 要素でバンドの実際の名前を簡潔なテキストとして使用し、メタ ディスクリプションでページのコンテンツの具体的な説明を記述するという手段もあります。

  • 簡潔にタイトルを目立たせる。ホームページの <title> 要素は、サイトの情報を追加するのに適した場所です。次に例を示します。
    <title>ExampleSocialSite, a place for people to meet and mingle</title>
    しかし、サイトのそれぞれのページの <title> 要素にこのテキストを表示すると、同じクエリに対して検索結果に同じサイトのページが複数表示された場合に、重複しているように見えます。この場合は次の例のように、各 <title> 要素の冒頭か末尾にサイト名だけを入れ、ハイフン、コロン、パイプなどでテキストの残りの部分と区切ってみてください。
    <title>ExampleSocialSite: Sign up for a new account.</title>
  • ページに対する検索エンジンのクロールの無効化に注意する。 サイトに robots.txt プロトコルを使用すると、ページに対する Google のクロールをブロックできますが、必ずしもインデックスに登録されないわけではありません。たとえば、他のサイトからリンクを介して検出されたページはインデックスに登録される可能性があります。ページのコンテンツにアクセスできない場合、Google はページ外のコンテンツ(他のサイトのアンカー テキストなど)を利用してタイトルリンクを生成します。URL がインデックスに登録されないようにするには、noindex ディレクティブを使用します。

Google 検索結果ページに表示されるタイトルリンクは、ページのコンテンツとウェブ上の参照元ページの両方を考慮して、自動的に作成されます。タイトルリンクは、各検索結果を最大限にわかりやすく伝えることを目標としています。

Google 検索では、次のソースを使ってタイトルリンクを自動的に決定します。

  • <title> 要素内のコンテンツ
  • ページ上の主な視覚的なタイトルや見出し
  • <h1> 要素などの見出し要素
  • スタイル処理によって大きく目立つように作られたその他のコンテンツ
  • ページ内のその他のテキスト
  • ページ上のアンカー テキスト
  • ページを指すリンク内のテキスト

Google で表示される個々のサイトのタイトルリンクを手動で変更することはできませんが、できるだけ関連性の高いものとなるよう常に努めています。表示されるタイトルリンクの品質を高めるには、ベスト プラクティスに沿ってページを構築します。

<title> 要素に関する一般的な問題を回避する

ウェブページの <title> 要素に関してよく見られる問題を次に示します。これらの問題を回避するには、わかりやすい <title> 要素を記述するためのベスト プラクティスをご覧ください。

一般的な問題

<title> 要素が部分的に空になっている

タイトル テキストの一部が欠落している場合に、この問題が発生します。次に例を示します。
<title>| サイト名</title>

Google 検索では、ヘッダー要素やページ上で大きなテキストや目立つテキストになっている情報を探して、タイトルリンクを生成します。

製品名 | サイト名

<title> 要素が古くなっている

毎年繰り返される情報に同じページが使用されている一方で、<title> 要素に最新の日付が反映されていない場合に、この問題が発生します。次に例を示します。
<title>2020 年度の入学基準 - 大学名</title>

この例では、ページに「2021 年度の入学基準」という大きな見出しが目立つように表示されていますが、<title> 要素は現在の日付に更新されていません。Google 検索はこうした不一致を検出し、見出しにある適切な日付をタイトルリンクに使用して次のようにします。

2021 年度の入学基準 - 大学名

<title> 要素が不正確である

<title> 要素がページの内容を正確に反映していない場合に、この問題が発生します。たとえば、ページに次の <title> 要素が含まれる動的コンテンツがあるとします。
<title>大きな動物のぬいぐるみ、テディベア、ホッキョクグマ - サイト名</title>

Google 検索では、<title> 要素がページの内容を正確に表しているかを確認します。ページタイトルがページ コンテンツを反映していないと判断した場合には、ユーザーが簡単に見つけられるようタイトルリンクを変更することがあります。次に例を示します。

動物のぬいぐるみ - サイト名

<title> 要素にマイクロ ボイラープレート テキストが含まれている

サイト内の一部のページの <title> 要素でボイラープレート テキストが繰り返されている場合に、この問題が発生します。たとえば、テレビ番組のウェブサイトに、同じ <title> 要素を共有するページが複数あり、要素内でシーズン番号が省略されていると、シーズンとページの対応関係が不明確になります。その結果、次のように重複した <title> 要素が生成されます。
<title>私が好きなテレビ番組</title>
<title>私が好きなテレビ番組</title>
<title>私が好きなテレビ番組</title>

Google 検索では、大きな目立つ見出しのテキストで使われているシーズン番号を検出して、次のようにタイトルリンクに挿入します。

シーズン 1 - 私が好きなテレビ番組
シーズン 2 - 私が好きなテレビ番組
シーズン 3 - 私が好きなテレビ番組

検索結果に表示されたページのタイトルリンクが修正されていた場合、<title> 要素に Google が調整する問題があるかどうかを確認します。該当しない場合は、タイトルリンクがクエリにより合ったものであるかどうかをご確認ください。<title> 要素の元のテキストの方が適していたと考えられる場合は、Google 検索セントラルのヘルプ コミュニティからお問い合わせください。