注意: 移行を伴う大規模な API の仕様変更を予定しています。今後のリリースサポート終了スケジュールを定期的にご確認ください。メーリング リストに登録して最新情報をお受け取りいただくこともできます。

Account Management API

変更履歴

v1.1

ビジネス情報の移管

Account Management API を使用してビジネス情報を移管できるようになりました。リクエストの本文には destinationAccount(以前の toAccount)を含める必要があります。詳細

v1

API アクセス

Account Management API は GCP Console から有効にする必要があります。OAuth スコープに変更はありません。

エンドポイント URL

Account Management API は https://mybusiness.googleapis.com/v4/accounts/{accountId} からではなく、https://mybusinessaccountmanagement.googleapis.com/v1/accounts/{accountId} からアクセスできます。

ListInvitations のフィルタリング

これまでは、招待のフィルタリングは target_type URL パラメータを使用して行うことができました。Account Management API では、このパラメータが filter パラメータに置き換えられています。この変更により、クライアントは ?filter=target_type=ACCOUNT_ONLY などの値を使用してフィルタリングできるようになります。

メインのオーナー

「PrimaryOwner」を accounts.create メソッドの POST 本文に移動しました。これまではクエリ パラメータでした。

GenerateAccountNumber 機能のサポートが終了しました。

ListRecommendGoogleLocations 機能のサポートが終了しました。

すべての更新にフィールド マスクが必要になりました

更新とパッチの呼び出しに、URL の updateMask パラメータが必須になりました。

アカウントの役割と管理者の役割の名前を更新しました

アカウント管理者の役割の名前が次のように変更されました。

更新前の名前 更新後の名前
OWNER PRIMARY_OWNER
CO_OWNER OWNER
COMMUNITY_MANAGER SITE_MANAGER

OrganizationInfo.postal_address の名前が OrganizationInfo.address に変更されました