ARI の使用

Availability, Rates, and Inventory(ARI)は価格フィードタイプで、宿泊施設データ、空室状況、料金プランを使用して、宿泊施設向けに事前定義の価格戦略を設定します。具体的には、ARI フィードは OpenTravel Alliance(OTA)XML エンティティのサブセットを使用して、空室状況と価格を定義します。

旅行プランに基づく価格の配信モード(プルや変更済み料金とは異なり、ARI フィードでは、特定の価格や旅行プランは照会されません。代わりに、料金の詳細や制限、空室状況の変更など、料金モデルの新しいデータまたは変更されたデータが利用可能になった時点で、パートナーがメッセージを push します。

ARI は、最大 5 種類のメッセージ タイプを使用します。

  • Transaction(宿泊施設データ)。客室、パッケージ(払い戻しの可否やアメニティなどの予約機能の組み合わせ)、およびそれらの対応関係を定義します。
  • OTA_HotelRateAmountNotifRQ。客室料金を更新します。
  • OTA_HotelAvailNotifRQ。空室状況、在庫、客室料金の制限を更新します。
  • TaxFeeInfo。(省略可)宿泊施設ごとの税金と手数料を定義します。OTA_HotelRateAmountNotifRQ メッセージに AmountAfterTax が指定されている場合、このメッセージは不要です。
  • Promotions。(省略可)特定の予約、滞在、ユーザー向けのプロモーション料金を定義します。

各メッセージには、ユーザーが特定のチェックイン日とチェックアウト日および必要な定員を使用して宿泊施設を検索した際に表示される価格と空室状況を計算するために Google で使用する情報のサブセットが含まれます。

ARI の詳細については、次のリソースをご覧ください。

メッセージの push

ARI と宿泊施設の情報を更新するには、システムでデータが変更されるたびに、関連するメッセージを送信します。

メッセージを送信する際は、次のガイドラインを遵守してください。

  • Google のシステムで IP を許可リストに登録する方法について問い合わせる。
  • エンドポイントには、次のベースパスを使用する。
    • https://www.google.com または
      • ホスト: www.google.com
      • ポート: 443
  • HTTP POST メソッドを介してメッセージを送信する。
  • Content-Type ヘッダーを "application/xml" に設定する。
  • 更新されるデータに応じて、次のパスを使用する。
    • Transaction(宿泊施設データ)を更新する場合:
      • /travel/hotels/uploads/property_data
    • OTA_HotelRateAmountNotifRQ を更新する場合:
      • /travel/hotels/uploads/ota/hotel_rate_amount_notif
    • OTA_HotelAvailNotifRQ を更新する場合:
      • /travel/hotels/uploads/ota/hotel_avail_notif
    • TaxFeeInfo を更新する場合:
      • /travel/hotels/uploads/taxes
    • Promotions を更新する場合:
      • /travel/hotels/uploads/promotions

受信したメッセージごとに、Google は HTTP 200 OK で応答して成功を示します。OTA XML メッセージの場合、本文に <Success/> が含まれます。Google から HTTP エラーコードで応答があった場合は、メッセージを再送信します。また、Hotel Center の [フィードのステータス] ページでは、特定のメッセージで発生した問題を確認することもできます。