プレゼンテーションの構成

このガイドでは、Google スライドのプレゼンテーションを構成するデータタイプについて説明します。ページ、ページ要素、およびプロパティの詳細については、Google Slides REST API ドキュメントの対応するセクションをご覧ください。

Google スライド Presentation は複数のページで構成されています。 Page には 1 つ以上のページ要素を含めることができます。

ページの種類

プレゼンテーションにはさまざまなタイプのページを含めることができます。 Page は、次のいずれかのタイプになります。

ページの種類 説明
Slide プレゼンテーションが画面上にレンダリングされる際に、ユーザーが表示および切り替えるページです。
Master デフォルト テキスト スタイルを設定するプレースホルダと、マスターに基づいてすべてのスライドにデフォルトの背景を作成するその他のシェイプが含まれています。
Layout 各タイプのスライドでのコンテンツの配置を指定します。
NotesPage スピーカーのメモに使用します。
NotesMasters スピーカーのメモに使用します。

ページ要素のタイプ

ページ上の各 PageElement は、次のいずれかのタイプになります。

ページ要素のタイプ 説明
Shape 長方形、楕円、テキスト ボックスなどのプレーンなビジュアル オブジェクト。図形にはテキストを含めることができるので、スライドを作成する際に最も一般的なページ要素です。
Line 視覚的な線、曲線、コネクタ。
Image スライドにインポートした画像です。
SheetsChart Google スプレッドシートから Google スライドにインポートしたグラフ。
Video Google スライドにインポートされた動画。
Table コンテンツのグリッドです。
WordArt ビジュアル テキスト要素。図形のようになります。
Group 個々のユニットとして扱うページ要素のセット。まとめて移動、スケーリング、回転できます。

一部のページ要素の外観は、塗りつぶし枠線テキストを変更することで変更できます。ページ要素のサイズや位置を変更することもできます。