バナー広告

バナー広告は、デバイス画面の上部か下部にアプリのレイアウト内の一部分を使用して表示されます。アプリの操作中は画面に表示され続けますが、一定時間が経過すると自動的に更新されるよう設定できます。モバイル広告を初めてお使いの場合は、この広告から始めることをおすすめします。 事例紹介

このガイドでは、AdMob のバナー広告を iOS アプリに組み込む方法について説明します。コード スニペットと設定方法、バナーの適切なサイズに関する情報、参考情報へのリンクも紹介します。

前提条件

必ずテスト広告でテストする

アプリの作成とテストの際は、実際の実際の広告ではなく、テスト広告を使用してください。実際の広告を使用すると、アカウントが停止される可能性があります。

テスト広告を読み込むには、次に示す iOS バナー向けのテスト専用広告ユニット ID を使う方法が便利です。 ca-app-pub-3940256099942544/2934735716

この ID は、すべてのリクエストに対してテスト広告を返すように構成されており、アプリのコーディング、テスト、デバッグで自由に使うことができます。なお、テスト用 ID は、アプリを公開する前に必ずご自身の広告ユニット ID に置き換えてください。

Mobile Ads SDK のテスト広告の仕組みについて詳しくは、テスト広告をご覧ください。

GADBannerViewを作成する

バナー広告は GADBannerView オブジェクトに表示されるため、バナー広告を組み込む最初のステップは、ビュー階層に GADBannerView を含めることです。これは通常、Interface Builder またはプログラムで行います。

インターフェース ビルダー

GADBannerView は、通常のビューと同様にストーリーボードまたは xib ファイルに追加できます。このメソッドを使用する場合は、表示する広告サイズに合わせて幅と高さの制約を追加してください。たとえば、バナー(320×50)を表示する場合は、320 ポイントの幅制約と 50 ポイントの高さ制約を使用します。

プログラム

GADBannerView は直接インスタンス化することもできます。次の例では、GADBannerView を作成して画面のセーフエリアの下中央に合わせて配置し、バナーのサイズを 320×50 に設定しています。

Swift

import GoogleMobileAds
import UIKit

class ViewController: UIViewController {

  var bannerView: GADBannerView!

  override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    
    // In this case, we instantiate the banner with desired ad size.
    bannerView = GADBannerView(adSize: GADAdSizeBanner)

    addBannerViewToView(bannerView)
  }

  func addBannerViewToView(_ bannerView: GADBannerView) {
    bannerView.translatesAutoresizingMaskIntoConstraints = false
    view.addSubview(bannerView)
    view.addConstraints(
      [NSLayoutConstraint(item: bannerView,
                          attribute: .bottom,
                          relatedBy: .equal,
                          toItem: view.safeAreaLayoutGuide,
                          attribute: .bottom,
                          multiplier: 1,
                          constant: 0),
       NSLayoutConstraint(item: bannerView,
                          attribute: .centerX,
                          relatedBy: .equal,
                          toItem: view,
                          attribute: .centerX,
                          multiplier: 1,
                          constant: 0)
      ])
   }
   
}

Objective-C

@import GoogleMobileAds;

@interface ViewController ()

@property(nonatomic, strong) GADBannerView *bannerView;

@end

@implementation ViewController

- (void)viewDidLoad {
  [super viewDidLoad];
  
  // In this case, we instantiate the banner with desired ad size.
  self.bannerView = [[GADBannerView alloc]
      initWithAdSize:GADAdSizeBanner];

  [self addBannerViewToView:self.bannerView];
}

- (void)addBannerViewToView:(UIView *)bannerView {
  bannerView.translatesAutoresizingMaskIntoConstraints = NO;
  [self.view addSubview:bannerView];
  [self.view addConstraints:@[
    [NSLayoutConstraint constraintWithItem:bannerView
                               attribute:NSLayoutAttributeBottom
                               relatedBy:NSLayoutRelationEqual
                                  toItem:self.view.safeAreaLayoutGuide
                               attribute:NSLayoutAttributeBottom
                              multiplier:1
                                constant:0],
    [NSLayoutConstraint constraintWithItem:bannerView
                               attribute:NSLayoutAttributeCenterX
                               relatedBy:NSLayoutRelationEqual
                                  toItem:self.view
                               attribute:NSLayoutAttributeCenterX
                              multiplier:1
                                constant:0]
                                ]];
}
  


@end

この場合、提供された広告サイズによってバナーのコンテンツ サイズが決まるため、幅や高さの制約は与えません。

定数で定義された標準サイズを使用しない場合は、GADAdSizeFromCGSize を使用してカスタムサイズを設定できます。詳しくは、バナーサイズのセクションをご覧ください。

プロパティを GADBannerView 設定

広告を読み込んで表示するには、GADBannerView にいくつかのプロパティを設定する必要があります。

  • rootViewController - このビュー コントローラは、広告のクリック時にオーバーレイを表示するために使用されます。通常は、GADBannerView を含むビュー コントローラに設定されます。
  • adUnitID - GADBannerView が広告を読み込む広告ユニットの ID です。

次のコードサンプルは、UIViewController の viewDidLoad メソッドで 2 つの必須プロパティを設定する方法を示したものです。

Swift

override func viewDidLoad() {
  super.viewDidLoad()
  ...

  bannerView.adUnitID = "ca-app-pub-3940256099942544/2934735716"
  bannerView.rootViewController = self
}

Objective-C

- (void)viewDidLoad {
  [super viewDidLoad];
  ...

  self.bannerView.adUnitID = @"ca-app-pub-3940256099942544/2934735716";
  self.bannerView.rootViewController = self;
}

広告を読み込む

GADBannerView を配置してプロパティを設定したら、いよいよ広告を読み込みます。これを行うには、GADRequest オブジェクトの loadRequest: を呼び出します。

Swift

override func viewDidLoad() {
  super.viewDidLoad()
  ...

  bannerView.adUnitID = "ca-app-pub-3940256099942544/2934735716"
  bannerView.rootViewController = self
  bannerView.load(GADRequest())
}

Objective-C

- (void)viewDidLoad {
  [super viewDidLoad];
  ...

  self.bannerView.adUnitID = @"ca-app-pub-3940256099942544/2934735716";
  self.bannerView.rootViewController = self;
  [self.bannerView loadRequest:[GADRequest request]];
}

GADRequest オブジェクトは単一の広告リクエストを表し、ターゲティング情報などのプロパティを含みます。

広告ユニットの更新を設定していれば、広告の読み込みに失敗した場合でも、別の広告を明示的にリクエストする必要はありません。Google Mobile Ads SDK では、AdMob 管理画面で指定された更新頻度が適用されます。更新を有効にしていない場合は、新しいリクエストを発行する必要があります。

広告イベント

GADBannerViewDelegate を使用すると、広告が閉じられたときやユーザーがアプリから離れたときなど、ライフサイクル イベントをリッスンできます。

バナー イベントを登録する

バナー広告イベントを登録するには、GADBannerViewDelegate プロトコルを実装しているオブジェクトに、GADBannerViewdelegate プロパティを設定します。通常は、バナー広告を実装するクラスがデリゲート クラスとしての役割も果たすため、その場合は delegate プロパティを self に設定できます。

Swift

import GoogleMobileAds
import UIKit

class ViewController: UIViewController, GADBannerViewDelegate {

  var bannerView: GADBannerView!

  override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    ...
    bannerView.delegate = self
  }
}

Objective-C

@import GoogleMobileAds;

@interface ViewController () <GADBannerViewDelegate>

@property(nonatomic, strong) GADBannerView *bannerView;

@end

@implementation ViewController

- (void)viewDidLoad {
  [super viewDidLoad];
  ...
  self.bannerView.delegate = self;
}

バナーイベントを実装する

GADBannerViewDelegate の各メソッドはオプションとしてマークされているため、必要なメソッドを実装するだけで済みます。この例では、各メソッドを実装し、メッセージをコンソールに記録しています。

Swift

func bannerViewDidReceiveAd(_ bannerView: GADBannerView) {
  print("bannerViewDidReceiveAd")
}

func bannerView(_ bannerView: GADBannerView, didFailToReceiveAdWithError error: Error) {
  print("bannerView:didFailToReceiveAdWithError: \(error.localizedDescription)")
}

func bannerViewDidRecordImpression(_ bannerView: GADBannerView) {
  print("bannerViewDidRecordImpression")
}

func bannerViewWillPresentScreen(_ bannerView: GADBannerView) {
  print("bannerViewWillPresentScreen")
}

func bannerViewWillDismissScreen(_ bannerView: GADBannerView) {
  print("bannerViewWillDIsmissScreen")
}

func bannerViewDidDismissScreen(_ bannerView: GADBannerView) {
  print("bannerViewDidDismissScreen")
}

Objective-C

- (void)bannerViewDidReceiveAd:(GADBannerView *)bannerView {
  NSLog(@"bannerViewDidReceiveAd");
}

- (void)bannerView:(GADBannerView *)bannerView didFailToReceiveAdWithError:(NSError *)error {
  NSLog(@"bannerView:didFailToReceiveAdWithError: %@", [error localizedDescription]);
}

- (void)bannerViewDidRecordImpression:(GADBannerView *)bannerView {
  NSLog(@"bannerViewDidRecordImpression");
}

- (void)bannerViewWillPresentScreen:(GADBannerView *)bannerView {
  NSLog(@"bannerViewWillPresentScreen");
}

- (void)bannerViewWillDismissScreen:(GADBannerView *)bannerView {
  NSLog(@"bannerViewWillDismissScreen");
}

- (void)bannerViewDidDismissScreen:(GADBannerView *)bannerView {
  NSLog(@"bannerViewDidDismissScreen");
}

iOS API デモアプリでバナー デリゲート メソッドを実装するには、広告デリゲートのサンプルをご覧ください。

Swift Objective-C

使用例

これらの広告イベント メソッドのユースケースの例を次に示します。

広告を受信した後でバナーをビュー階層に追加する

広告が取得されるまで、ビュー階層への GADBannerView の追加を遅らせたい場合は、そのためには、bannerViewDidReceiveAd: イベントをリッスンします。

Swift

func bannerViewDidReceiveAd(_ bannerView: GADBannerView) {
  // Add banner to view and add constraints as above.
  addBannerViewToView(bannerView)
}

Objective-C

- (void)bannerViewDidReceiveAd:(GADBannerView *)bannerView {
  // Add bannerView to view and add constraints as above.
  [self addBannerViewToView:self.bannerView];
}

バナー広告をアニメーション表示する

バナー広告が返されたら、bannerViewDidReceiveAd: イベントを使用して、バナー広告をアニメーション表示することもできます。次の例をご覧ください。

Swift

func bannerViewDidReceiveAd(_ bannerView: GADBannerView) {
  bannerView.alpha = 0
  UIView.animate(withDuration: 1, animations: {
    bannerView.alpha = 1
  })
}

Objective-C

- (void)bannerViewDidReceiveAd:(GADBannerView *)bannerView {
  bannerView.alpha = 0;
  [UIView animateWithDuration:1.0 animations:^{
    bannerView.alpha = 1;
  }];
}

アプリを一時停止 / 再開する

GADBannerViewDelegate プロトコルには、クリックによってオーバーレイが表示されたり閉じられたりした場合などのイベントを通知するメソッドがあります。広告が要因となってこれらのイベントが発生したことを確認するには、GADBannerViewDelegate メソッドを登録します。

あらゆる種類のオーバーレイ表示や外部ブラウザの呼び出しを検出するには、広告クリックによるものだけでなく、UIViewController または UIApplication の同等のメソッドをアプリでリッスンすることをおすすめします。次の表は、GADBannerViewDelegate のメソッドと同じタイミングで呼び出される、iOS の同等のメソッドを示しています。

GADBannerViewDelegate のメソッド iOS のメソッド
bannerViewWillPresentScreen: UIViewController の viewWillDisappear:
bannerViewWillDismissScreen: UIViewController の viewWillAppear:
bannerViewDidDismissScreen: UIViewController の viewDidAppear:

標準のバナーサイズについては、以下の表をご覧ください。

サイズ(ポイント単位、幅×高さ) 説明 対象 AdSize の定数値
320×50 バナー スマートフォンとタブレット GADAdSizeBanner
320×100 バナー(大) スマートフォンとタブレット GADAdSizeLargeBanner
300×250 IAB レクタングル(中) スマートフォンとタブレット GADAdSizeMediumRectangle
468×60 IAB フルサイズ バナー タブレット GADAdSizeFullBanner
728×90 IAB ビッグバナー タブレット GADAdSizeLeaderboard
指定された幅 × 最適な高さ アダプティブ バナー 携帯電話とタブレット なし

カスタム広告サイズ

カスタムのバナーサイズを定義するには、GADAdSizeFromCGSize を使って希望のサイズを次のように設定します。

Swift

let adSize = GADAdSizeFromCGSize(CGSize(width: 300, height: 50))

Objective-C

GADAdSize size = GADAdSizeFromCGSize(CGSizeMake(300, 50));

補足資料

GitHub の例

Mobile Ads Garage の動画チュートリアル

成功事例

次のステップ

詳しくは、ユーザーのプライバシーについての記事をご覧ください。