テスト広告

このガイドでは、広告統合でテスト広告を有効にする方法について説明します。開発中にテスト広告を有効にして、Google の広告主に課金することなくクリックできるようにすることは大切です。テストモードを使わずに多くの広告をクリックすると、アカウントで不正な操作が誤って検出される恐れがあります。

テストを作成するには、次の 2 つの方法があります。

  1. Google のサンプル広告ユニットを使用する。
  2. 独自の広告ユニットを使用し、テストデバイスを有効にする。

前提条件

サンプル広告ユニット

テストを有効にする最も簡単な方法は、Google が提供するテスト広告ユニットを使用することです。これらの広告ユニットは AdMob アカウントと関連付けられていないため、アカウントで無効なトラフィックが発生するリスクがありません。これらのサンプル広告ユニットは、特定のテスト クリエイティブを指します。

広告フォーマット サンプル広告ユニット ID
バナー ca-app-pub-3940256099942544/2934735716
インタースティシャル ca-app-pub-3940256099942544/4411468910
インタースティシャル動画 ca-app-pub-3940256099942544/5135589807
動画リワード ca-app-pub-3940256099942544/1712485313
ネイティブ アドバンス ca-app-pub-3940256099942544/3986624511
ネイティブ アドバンス動画 ca-app-pub-3940256099942544/2521693316

テストデバイスを有効にする

本番環境の広告でより厳密なテストを行いたい場合は、デバイスをテストデバイスとして設定し、AdMob 管理画面で作成した独自の広告ユニット ID を使用できるようになりました。

デバイスをテストデバイスとして追加する手順は次のとおりです。

テストデバイスを追加する

  1. 広告統合アプリを読み込み、広告リクエストを行います。
  2. コンソールで次のようなメッセージを確認します。
    <Google> To get test ads on this device, call:
    request.testDevices = @[ @"2077ef9a63d2b398840261c8221a0c9b" ];
    テストデバイスの ID をクリップボードにコピーします。
  3. コードに変更を加え、テストデバイス ID を使用して GADRequesttestDevices を設定します。このメソッドは、デバイス ID の配列を受け取ります。

    Swift

    let request = GADRequest()
    request.testDevices = [ "2077ef9a63d2b398840261c8221a0c9b" ] // Sample device ID
    

    Objective-C

    GADRequest *request = [GADRequest request];
    request.testDevices = @[ @"2077ef9a63d2b398840261c8221a0c9b" ]; // Sample device ID
  4. アプリを再実行します。広告が Google 広告の場合は、広告(バナー広告、インタースティシャル広告、リワード動画)の上部の中心にテスト広告のラベルが表示されます。

    ネイティブ アドバンス広告の場合、広告見出しアセットの先頭に文字列「テスト広告」が追加されます。

このテスト広告ラベルがある広告はクリックしても問題ありません。テスト広告のリクエスト、インプレッション、クリックは、アカウントのレポートに記録されません。

メディエーションによるテスト

Google のサンプル広告ユニットには Google 広告のみが表示されます。メディエーション設定をテストするには、テストデバイスを有効にする方法を使用してください。

メディエーション向け広告にはテスト広告ラベルが表示されません。これらのネットワークがアカウントの不正な操作を誤まって検出しないように、お客様の責任で各メディエーション ネットワークに対してテスト広告を有効にしてください。詳しくは、各ネットワークのメディエーション ガイドをご覧ください。

メディエーション広告ネットワーク アダプタがテスト広告をサポートしているかどうかが不明な場合は、開発中にそのネットワークからの広告をクリックしないでください。どの広告フォーマットでも adNetworkClassName プロパティを使用すると、現在の広告を配信した広告ネットワークを特定できます。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。