広告インスペクタ(ベータ版)

広告インスペクタは、承認済みのデバイスにおいてモバイルアプリ内で広告リクエストをリアルタイムで分析することを可能にするアプリ内オーバーレイです。

これを使うと、次のことが可能になります。

  • アプリ内の各広告ユニットの最近の広告掲載状況を見極める。
  • 各リクエストに広告を返した広告ソースや、広告が返されなかった場合のエラー情報を確認する。
  • リクエストごとに広告掲載が発生するまで、個々の広告ネットワークのメディエーション ウォーターフォールとリクエスト ステータスを把握する。
  • アプリのコンテキストの中で、1 つのメディエーション広告ネットワークのテストを分離する。

前提条件

広告インスペクタを使用するには、次の準備が必要です。

広告インスペクタを起動する

広告インスペクタは、次の API を使用してプログラムで起動することもできます。

[GADMobileAds.sharedInstance presentInspectorFromViewController:viewController
                         completionHandler:^(NSError *error) {
 // error will be non-nil if there was an issue and the inspector was not displayed.
}];

この API は、プログラム経由か AdMob 管理画面で登録されたデバイスで動作します。テストデバイスの登録方法をご確認ください

広告インスペクタは、アプリのどこからでも起動できます。

最近の広告リクエストの結果を広告ユニットごとに表示する

広告インスペクタを起動するとメイン画面が開き、ご自身の AdMob アプリ ID に関連付けられている AdMob 管理画面内のすべての広告ユニットのリストが表示されます。

アプリ ID 画面

広告ユニットは、最後にリクエストに応えたものから新しい順に表示されます。どのリクエストにも応えていない既知の広告ユニットは、上記のように淡色で表示されます。

広告ユニットに関する広告リクエストの情報を表示する

広告インスペクタでは、広告ユニットごとに広告リクエストを掘り下げて、それぞれのリクエストで使用されたメディエーション ウォーターフォールを確認できます。表示されるウォーターフォールについて、それぞれの広告ソースに対するリクエストの結果がわかります。

この情報を調べるには、最近の広告リクエストのリストに表示される任意の広告ユニットをクリックします。すると、指定した広告ユニットに対する広告リクエストと各リクエストのステータスのリストが表示されます。

Disclosure Indicator を使って各リクエストを展開すると、そのリクエストで使われたメディエーション ウォーターフォールの結果が表示され、そのリクエストでエラーや遅延があった場合はその情報も表示されます。

リクエストログ

単独の広告ソースをテストする

広告インスペクタには、1 つの第三者広告ソースからの広告だけを配信するように、アプリ内の広告リクエストを制限する機能があります。ただし、現在のリリースでサポートされるのは、ウォーターフォールの広告ソースのテストのみです。

この機能を有効にするには、広告ユニットのリスト画面の下部にある [広告ソースのテスト] スイッチを切り替えます。これにより、次の広告ソース選択ダイアログが表示されます。

広告ソース 1 広告ソース 2 広告ソース 3

ここで、テストする単独の広告ソースを選択できます。広告ソースを選択すると、次の画面が表示されます。

再起動画面

単独広告ソースの設定は、その後に同じセッションで発生するリクエストに引き続き適用されますが、事前にキャッシュされていた広告には適用されません。したがって、単独広告ソーステストを有効にする際は、キャッシュ済みの広告(指定した広告ソースの広告の代わりに配信される可能性あり)を無効にするため、アプリの再起動を強制することをおすすめします。

リクエストが成功した場合は、アプリを再起動した後に、指定したネットワークの広告がその広告ユニットのプレースメントに表示されます。

単独広告ソーステストの実施中に広告インスペクタを起動すると、次のようにテスト中の広告ソースが表示されます。

広告ソース 4

このテストがオンの場合、指定した広告ソースを含むメディエーション ウォーターフォールを使っている広告ユニットでは、指定した広告ソースの広告だけがリクエストされます。広告ユニットと関連付けられたウォーターフォールに、指定した広告ソースが含まれていない場合は、リクエストの結果が「広告掲載なし」となります。

単独広告ソーステストを停止する

このテストを停止するには、スイッチをオフにします。

テストを停止

すると、次の再起動画面に確認メッセージが表示されます。

再起動画面

テストを停止した後は、テスト対象だった広告ソースのキャッシュ済みの広告を無効にするため、アプリの再起動を強制することをおすすめします。単独広告ソーステストは、1 時間後に自動的に期限切れとなります。