Method: resources.buildings.list

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

アカウントの建物のリストを取得します。

HTTP リクエスト

GET https://admin.googleapis.com/admin/directory/v1/customer/{customer}/resources/buildings

この URL は gRPC Transcoding 構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
customer

string

お客様の Google Workspace アカウントの一意の ID。アカウント管理者は、my_customer エイリアスを使用してアカウントのお客様 ID を表すことができます。

クエリ パラメータ

パラメータ
maxResults

integer

返される結果の最大数。

pageToken

string

リストの次のページを指定するトークン。

リクエスト本文

リクエストの本文は空にする必要があります。

レスポンスの本文

成功すると、レスポンスの本文に次の構造のデータが含まれます。

公開 API: Resources.buildings

JSON 表現
{
  "kind": string,
  "etag": string,
  "buildings": [
    {
      object (Building)
    }
  ],
  "nextPageToken": string
}
フィールド
kind

string

リソースの種類。

etag

string

リソースの ETag。

buildings[]

object (Building)

このページの建物のビルディング。

nextPageToken

string

大量の結果セットのページ割り付けに使用する、継続トークンです。次の結果ページを返すには、この値を次のリクエストに設定します。

認証スコープ

次の OAuth スコープのいずれかが必要です。

  • https://apps-apis.google.com/a/feeds/calendar/resource/
  • https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.resource.calendar
  • https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.resource.calendar.readonly

詳しくは、OAuth 2.0 の概要をご覧ください。