荷物追跡先行ユーザー プログラム

荷物追跡は、Google で荷物追跡の関連情報を表示する機能です。ユーザーが検索にアクセスしお客様の会社から発送した荷物の追跡を行う際に、荷物 ID を直接入力できるようになります。この機能では API を使用して荷物追跡情報を取得し、ユーザーに表示します。ユーザーが荷物を追跡しようとする際に、荷物追跡情報は Google 検索に次のように表示されます。

検索結果に表示された荷物追跡

機能の提供状況

荷物追跡は、Google 検索を利用できるすべての言語と国でご利用いただけます。

要件

荷物追跡先行ユーザー プログラムにご参加いただくには、以下の要件を満たしている必要があります。

  • 配送会社に所属している、または配送会社の荷物追跡情報の提供を唯一許可されている必要があります。
  • Google の荷物追跡は、RESTful JSON API をリアルタイムで呼び出して(POST リクエストのみ)、荷物追跡情報を取得します。荷物追跡情報を返すことができる既存の API を再利用する場合は、Google がご協力いたします。再利用する既存の API は、可用性と応答性の要件を満たし、必須のコンテンツを提供できる必要があります。

可用性と応答性

API ではダウンタイムがほとんど発生しないことが期待され、平均で 700 ミリ秒以内に応答し、応答全体の 95% が 1,000 ミリ秒を超えないことが求められます。API がこれらの要件を満たさない場合、荷物追跡情報の表示が停止されることがあります。

コンテンツ

この統合では、API が次の情報を返す必要があります。

必須フィールド
CurrentStatus 荷物の現在のステータス。この情報には、このステータスが有効になった日時とエラー状態が含まれます。

API で次の情報も返すことを強くおすすめします。

推奨フィールド
DeliveredDate 荷物が配達された日時(すでに荷物が配達されている場合)。
PromisedDate 荷物が配達される予定の日付。
TrackingNumber 荷物の荷物追跡番号。
TrackingURL ユーザーが荷物の追跡情報やその他の詳細情報を表示できるウェブサイトの URL。
SupportPhoneNumbers サポートの電話番号の地域ごとのリスト。
TransitEvents 受取人までの配送プロセスにおいて、荷物がいつ各段階に到達するかを示す一連のイベント(必要に応じて日時、都市、都道府県、国など)。
CreateDate 荷物追跡番号が作成された日時。
PickupDate 荷物が配送会社によって回収された日付。
TimestampEvent 指定した荷物に関連付けられたイベントのタイムスタンプ。
LocationEvent 指定した荷物に関連付けられたイベントの場所。
CanReschedule この荷物のスケジュールを変更できるかどうか。

次の情報は受け付けていません。

  • 荷物の受取人または発送人に関する個人データ。
  • 荷物の受取人または発送人に関する地理情報。

お申し込み

荷物追跡先行ユーザー プログラムへの参加をお考えの場合は、フォームに必要事項をご記入ください