コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

記事(ArticleNewsArticleBlogPosting)の構造化データ

ニュース、ブログ、スポーツの記事のページに Article 構造化データを追加すると、Google がウェブページの詳細を理解し、Google 検索やその他のサービス(Google ニュースや Google アシスタントなど)の検索結果で、その記事のタイトル テキスト、画像、日付情報を適切に表示できるようになります。トップニュースなどの Google ニュース機能の対象となるためのマークアップ要件はありませんが、Article を追加することで、コンテンツの内容(たとえば、ニュース記事であることや、記事の作成者とタイトルなど)を明示的に Google に伝えられます。

記事のリッチリザルト

以下に、Article 構造化データを含むページの例を示します。

JSON-LD


<html>
  <head>
    <title>Title of a News Article</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "NewsArticle",
      "headline": "Title of a News Article",
      "image": [
        "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
        "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
        "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
       ],
      "datePublished": "2015-02-05T08:00:00+08:00",
      "dateModified": "2015-02-05T09:20:00+08:00",
      "author": [{
          "@type": "Person",
          "name": "Jane Doe",
          "url": "https://example.com/profile/janedoe123"
        },{
          "@type": "Person",
          "name": "John Doe",
          "url": "https://example.com/profile/johndoe123"
      }]
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

microdata


<html>
  <head>
    <title>Title of a News Article</title>
  </head>
  <body>
    <div itemscope itemtype="https://schema.org/NewsArticle">
      <div itemprop="headline">Title of News Article</div>
      <meta itemprop="image" content="https://example.com/photos/1x1/photo.jpg" />
      <meta itemprop="image" content="https://example.com/photos/4x3/photo.jpg" />
      <img itemprop="image" src="https://example.com/photos/16x9/photo.jpg" />
      <div>
        <span itemprop="datePublished" content="2015-02-05T08:00:00+08:00">
          February 5, 2015 at 8:00am
        </span>
        (last modified
        <span itemprop="dateModified" content="2015-02-05T09:20:00+08:00">
          February 5, 2015 at 9:20am
        </span>
        )
      </div>
      <div>
        by
        <span itemprop="author" itemscope itemtype="https://schema.org/Person">
          <a itemprop="url" href="https://example.com/profile/janedoe123">
            <span itemprop="name">Jane Doe</span>
          </a>
        </span>
        and
        <span itemprop="author" itemscope itemtype="https://schema.org/Person">
          <a itemprop="url" href="https://example.com/profile/johndoe123">
            <span itemprop="name">John Doe</span>
          </a>
        </span>
      </div>
    </div>
  </body>
</html>

構造化データを追加する方法

構造化データは、ページに関する情報を提供し、ページ コンテンツを分類するための標準化されたデータ形式です。構造化データを初めて使用する場合は、構造化データの仕組みについてをご覧ください。

構造化データの作成、テスト、リリースの概要は次のとおりです。ウェブページに構造化データを追加するための手順ガイドについては、構造化データの Codelab をご覧ください。

  1. 必須プロパティを追加します。使用している形式に基づいて、ページ上の構造化データを挿入する場所をご確認ください。
  2. ガイドラインに従います。
  3. リッチリザルト テストでコードを検証し、重大なエラーを修正します。ツールで報告される重大ではない問題の修正も検討してください。構造化データの品質向上に役立ちます(ただし、リッチリザルトの対象となるために必ずしも必要というわけではありません)。
  4. 構造化データが含まれているページを数ページ導入し、URL 検査ツールを使用して、Google でページがどのように表示されるかをテストします。Google がページにアクセスでき、robots.txt ファイル、noindex タグ、ログイン要件によってページがブロックされていないことを確認します。ページが正常に表示されたら、Google に URL の再クロールを依頼できます。
  5. 今後の変更について Google に継続して情報を提供するために、サイトマップを送信することをおすすめします。これは、Search Console Sitemap API で自動化できます。

ガイドライン

構造化データが Google 検索結果に表示されるようにするには、下記のガイドラインを遵守する必要があります。

技術に関するガイドライン

  • 複数のページで構成される記事の場合、rel=canonical がそれぞれのページを指しているか、または(一連のページの先頭ページではなく)「すべて表示」ページ 1 つを指していることを確認してください。正規化の詳細についてはこちらをご覧ください。
  • ウェブサイトのコンテンツを定期購入制で提供している場合や、コンテンツへのアクセスに登録が必要な場合は、定期購入とペイウォール コンテンツ用の構造化データの追加を検討してください。

構造化データタイプの定義

Google がページを詳細に理解できるようにするには、ウェブページに適用される推奨プロパティを可能な限り多く設定してください。必須プロパティはありません。代わりに、コンテンツに適用されるプロパティを追加します。

Article オブジェクト

Article オブジェクトは、ArticleNewsArticleBlogPosting のいずれかの schema.org タイプに基づいている必要があります。

推奨プロパティ
author

Person または Organization

記事の作成者。さまざまな記事の作成者を Google が正確に認識できるように、作成者のマークアップのベスト プラクティスを実践することをおすすめします。

author.name

Text

作成者の名前。

author.url

URL

記事の著者を一意に識別するウェブページへのリンク。作成者のソーシャル メディア ページ、個人紹介ページ、略歴ページなど。

dateModified

DateTime

記事が最後に変更された日時(ISO 8601 形式)。

より正確な日付情報を Google に提供する場合は、dateModified プロパティを追加します。リッチリザルト テストでは、このプロパティに対する警告は表示されません。このプロパティは、サイトに適用できると判断した場合にのみ使用することをおすすめします。

datePublished

DateTime

記事が最初に公開された日時(ISO 8601 形式)。

より正確な日付情報を Google に提供する場合は、datePublished プロパティを追加します。リッチリザルト テストでは、このプロパティに対する警告は表示されません。このプロパティは、サイトに適用できると判断した場合にのみ使用することをおすすめします。

headline

Text

記事のタイトル。タイトルは半角 110 文字(全角 55 文字)以内に収める必要があります。

image

ImageObject または URL の繰り返し

記事を表す画像の URL。ロゴやキャプションではなく、記事に関連する画像を使用してください。

画像に関するその他のガイドライン:

  • すべてのページに画像を少なくとも 1 つ含める必要があります(マークアップを含めるかどうかは問わない)。Google は、アスペクト比と解像度に基づいて、検索結果に表示する最適な画像を選択します。
  • 画像の URL は、クロールやインデックス登録に対応できる必要があります。ページに Google がアクセスできるかどうかは、URL 検査ツールで確認できます。
  • 画像はマークアップされたコンテンツを表している必要があります。
  • 画像のファイル形式は Google 画像検索でサポートされている必要があります。
  • 適切な画像が選択されるようにするために、アスペクト比が 16x9、4x3、1x1 の高解像度画像(幅と高さをかけて 50,000 ピクセル以上の画像)を複数指定してください。

次に例を示します。

"image": [
  "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
  "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
  "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
]

次に例を示します。


{
  "@context": "https://schema.org",
  "@type": "NewsArticle",
  "image": [
    "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
    "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
    "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
  ]
}

作成者のマークアップのベスト プラクティス

コンテンツの作成者をなるべく正しく認識、表示できるように、マークアップで作成者を指定する際には、以下のベスト プラクティスに従うことをおすすめします。

作成者のマークアップのベスト プラクティス

すべての作成者をマークアップに含める

ウェブページ上で作成者として提示されているすべての作成者をマークアップに含めます。

複数の作成者を指定する場合

複数の作成者を指定する場合は、author フィールド内で次のように作成者を個別にリストします。


"author": [
  {"name": "Willow Lane"},
  {"name": "Regula Felix"}
]

次のように、同じ author フィールド内に複数の作成者をまとめてリストしないでください。


"author": {
  "name": "Willow Lane, Regula Felix"
}

その他のフィールドを使用する

作成者を Google が正しく認識しやすくなるように、type プロパティと url プロパティ(または sameAs プロパティ)を使用することを強くおすすめします。url プロパティと sameAs プロパティには有効な URL を使用してください。

たとえば、作成者が個人の場合は、その個人に関する詳細情報を提供する作成者のページにリンクできます。


"author": [
  {
    "@type": "Person",
    "name": "Willow Lane",
    "url": "https://www.example.com/staff/willow_lane"
  }
]

作成者が組織の場合は、その組織のホームページにリンクできます。


"author":
  [
    {
      "@type":"Organization",
      "name": "Some News Agency",
      "url": "https://www.example.com/"
  }
]

author.name プロパティには作成者の名前のみを指定する

author.name プロパティには作成者の名前のみを指定します。他の情報は追加しないでください。具体的には、以下の情報は追加しないでください。

  • パブリッシャーの名前。代わりに、publisher プロパティを使用します。
  • 作成者の役職。指定する場合は、代わりに適切なプロパティを使用します(jobTitle)。
  • 敬称のプレフィックスまたはサフィックス。指定する場合は、代わりに適切なプロパティを使用します(honorificPrefix または honorificSuffix)。
  • 補足的な文言(「投稿者: XX」のように名前以外の言葉を含めること)。

"author":
  [
    {
      "name": "Echidna Jones",
      "honorificPrefix": "Dr",
      "jobTitle": "Editor in Chief"
    }
  ],
"publisher":
  [
    {
      "name": "Bugs Daily"
    }
  ]
}

適切な Type を使用する

個人には Person タイプを、組織には Organization タイプを使用します。Thing タイプは使用しません。個人に Organization タイプを使用するなど、使用するタイプを間違えないよう注意します。

作成者のマークアップに関するベスト プラクティスの適用例を次に示します。

"author":
  [
    {
      "@type": "Person",
      "name": "Willow Lane",
      "jobTitle": "Journalist",
      "url":"https://www.example.com/staff/willow-lane"
    },
    {
      "@type":"Person",
      "name": "Echidna Jones",
      "jobTitle": "Editor in Chief",
      "url":"https://www.example.com/staff/echidna-jones"
    }
  ],
"publisher":
  {
    "name": "The Daily Bug",
    "url": "https://www.example.com"
  },
  // + Other fields related to the article...
}

トラブルシューティング

構造化データの実装またはデバッグで問題が発生した場合は、以下のリソースが参考になります。