コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

検索結果のスニペットを管理する

スニペットとは、Google 検索やその他のサービス(Google ニュースなど)で表示される検索結果の説明または要約部分です。Google は、適切なスニペットを自動的に判断するために、各ページのメタ ディスクリプション タグ内の説明情報など、さまざまなソースを使用しています。また、ページ上の情報を使用する場合や、ページ上のマークアップやコンテンツに応じてリッチリザルトを作成する場合もあります。

Google 検索のウェブ検索結果のスニペット

Google で表示される個々のサイトのスニペットを手動で変更することはできませんが、できるだけ関連性の高いものとなるよう常に努めています。表示されるスニペットの品質を高めるには、質の高いメタ ディスクリプションを作成するためのおすすめの方法に沿ってページを構築します。

スニペットの生成プロセス

スニペットはページ コンテンツから自動的に生成されます。スニペットは、ユーザーの特定の検索内容との関連性が最も高いページ コンテンツを重視してプレビューするように設計されています。つまり、Google 検索では、検索ごとに異なるスニペットが表示される可能性があるということです。

サイト所有者は、主に 2 つの方法で、Google が作成するスニペットに対してコンテンツを提案できます。

スニペットの作成と表示を行わないようにする方法と、スニペットの長さを調整する方法

スニペットの作成と検索結果でのサイトの表示を行わないようにするか、または、スニペットの最大文字数を Google に伝えることができます。ページのスニペットが Google の検索結果に表示されないようにするには、nosnippet メタタグを使用します。スニペットの最大文字数を指定するには、max-snippet:[number] メタタグを使用します。また、data-nosnippet 属性を使用して、ページの特定の部分をスニペットに表示しないようにすることもできます。

質の高いメタ ディスクリプションを作成するためのおすすめの方法

Google では、ページ上のコンテンツのみから取得できる情報よりもページの概要をユーザーに正確に説明できると判断した場合、ページの <meta name="description"> タグを使用して、検索結果のスニペットを生成することがあります。一般的に、メタ ディスクリプション タグは特定のページの内容を簡潔かつ適切に要約したもので、ユーザーの関心を惹くものです。つまり、そのページがまさに探していたものだとユーザーに確信させる、宣伝文句のようなものです。メタ ディスクリプションの長さに制限はありません。ただし Google の検索結果では、スニペットは必要に応じて切り詰められます(デバイスの幅に合わせる場合など)。

サイト上のページごとに固有の説明を作成する

サイトのすべてのページについて同じ説明または類似する説明をしても、個別のページが検索結果に表示された際に有益なものではありません。可能な場合は常に、特定のページを正確に表す説明を記述してください。メインのホームページや他の総合ページにはサイトの説明を使用し、その他の部分には各ページの説明を使用します。すべてのページに個別の説明を作成する時間を確保できない場合は、コンテンツに優先順位を付け、少なくとも重要な URL(例: ホームページ、人気ページ)には説明を作成するようにしましょう。

コンテンツに関連した情報を説明に含める

メタ ディスクリプションは、文章形式のみにする必要はありません。ページに関する情報を配置できるすぐれた場所でもあります。たとえば、ニュースやブログ投稿の場合は作成者、公開日、署名などを掲載できます。これにより、通常であればスニペットに表示されない可能性がある、非常に関連性の高い情報を潜在的なサイト訪問者に提供できます。同様に、商品ページには、価格、発売年、メーカーといった重要な情報がページのいたるところに散らばっていることがありますが、適切なメタ ディスクリプションには、こうしたデータがすべて含まれています。

たとえば、次のようなメタ ディスクリプションには、書籍に関する詳細情報が記載されており、情報は明確にタグ付けされて分離されています。

<meta name="description" content="著者: A.N. Author、挿絵: V. Gogh、価格: $17.99、ページ数: 784">

プログラムで説明を作成する

ニュース メディアソースのような一部のサイトでは、ページごとに固有の正確な説明を作成するのは簡単です。こうしたサイトの場合、各記事が手書きのため、一文の説明を追加するのにも手間がかかりません。一方、商品の情報収集サイトのように大規模なデータベースに基づくサイトでは、説明を手作業で入力することは不可能です。このような場合、プログラムで説明を生成するほうが適しており推奨されています。それぞれのページに合ったわかりやすい説明が効果的です。ページ固有のデータは、プログラムでの作成にも適しています。

ただし、メタ ディスクリプションを長い文字列のキーワードで構成すると、ページのコンテンツがユーザーに明確に伝わらず、スニペットとして表示される可能性は低くなります。

質の高い説明を使用する

説明はコンテンツを正確に表したものにしてください。メタ ディスクリプションは、ユーザーが見るページには表示されないため放置されがちですが、質の高い説明は Google の検索結果に表示されることがあり、検索トラフィックの質と量の改善に大いに役立つ可能性があります。

メタ ディスクリプションを改善する方法の例を以下に示します。

悪い例(キーワードの一覧):

<meta name="description" content="裁縫用品、毛糸、色鉛筆、ミシン、糸、糸巻き、針">

良い例(ショップが販売する商品と、営業時間や所在地などの詳細を説明する):

<meta name="description" content="次に考えている衣服の縫製に必要なすべてのものが揃っています。立地: ファッション ディストリクト。営業時間: 月曜日~金曜日の午前 8 時~午後 5 時。">

悪い例(すべてのニュース記事で同じ説明を使用):

<meta name="description" content="Whoville のローカル ニュースをお手元にお届けします。今日の出来事を確認してみましょう。">

良い例(特定のニュース記事の抜粋を使用):

<meta name="description" content="Whoville の小さな町を震撼させる事件が発生しました。重要なイベントの前夜に、地元の高齢男性によって、すべての人々のプレゼントが盗まれました。事件について、今後のリアルタイム情報にご注目ください。">

悪い例(ページを要約していない):

<meta name="description" content="卵は、すべての人の人生に喜びをもたらします。小さいころ、鶏小屋で卵を採取して、キッチンに持ち込んだことを覚えています。幸せな日々でした。">

良い例(ページ全体を要約している):

<meta name="description" content="このガイドをお読みいただくと、卵を調理する方法を 1 時間以内に学ぶことができます。両面焼き半熟、半熟片面焼き、ポシェなど、あらゆる方法を取り上げます。">

悪い例(過度に短い):

<meta name="description" content="シャープペンシル">

良い例(具体的かつ詳細):

<meta name="description" content="セルフ シャープニング効果を備えたシャープペンシルです。ペン先のシャープさを自動修正してくれます。自動補充される 2B の芯が付属しています。ビンテージ ピンクとスクールバス イエローの 2 種類からお選びいただけます。50 本以上の鉛筆をご注文いただくと、送料が無料になります。">