概要

Google Pay API を使用すると、アプリ内でご購入手続きをすばやく簡単に行うことができ、世界中の Google アカウントに保存されている何億枚ものカードに簡単にアクセスできます。

仕組み

図 1. Android での購入手続き

ユーザーが Google Pay 支払いボタンをタップすると支払いシートが表示され、Google アカウントに保存されているお支払い方法と、配送先住所などのオプション フィールドを確認できます。ユーザーはここでお支払い方法をすばやく選択し、必要に応じて配送先住所を指定できます。新しい情報を追加することも可能です。

購入手続きは次のとおりです。

  1. ユーザーが Google Pay 支払いボタンをタップすると、サポートされているお支払い方法のリストが記載された支払いシートが表示されます。
  2. ユーザーがお支払い方法を選択すると、Google Pay が該当する方法の支払いトークンをアプリに安全に返します。
  3. アプリは、支払いトークンと購入の詳細をバックエンドに送信します。
  4. 支払いを実行するために、バックエンドは購入を処理し、支払いトークンを支払いサービス プロバイダに送信します。

ご利用方法

Google Pay API の使用を開始するには、次の手順を行います。

  1. Google Pay API の利用規約利用規定を読み、同意します。
  2. サポートされている決済代行業者とゲートウェイのリストで、決済代行業者またはゲートウェイのリファレンス ドキュメントを探します。

  3. Google Pay のブランド ガイドラインを読み、ガイドラインに従います。
  4. チュートリアルを行い、統合チェックリストを確認します。
  5. Business Console を使用して Google Pay API に対して本番環境へのアクセスをリクエストします。
  6. Android デバイスの Google Play 開発者サービスのバージョンが 18.0.0 以降であることを確認します。