統合チェックリスト

次のチェックリストを使用して、Android 統合に必要なすべての手順を完了していることを確認してください。

テスト環境について

Google のテスト環境では、PaymentData レスポンスで請求可能なトークンは返されませんが、テスト環境では次の購入要素のテストを行うことができます。

  • 確認ページ
  • 領収書
  • 請求先住所(オプション)
  • 請求先の電話番号(オプション)
  • 配送先住所(オプション)
  • メールアドレス(オプション)

アプリに本番環境へのアクセスが許可されるまで、Google Pay 支払いシートに Unrecognized App エラーが表示されます。

WalletOptions の環境パラメータの値で、サーバーが本番環境で動作しているのか、テスト環境で動作しているのかがわかります。環境値は次のいずれかになります。

  • WalletConstants.ENVIRONMENT_PRODUCTION
  • WalletConstants.ENVIRONMENT_TEST

テストと開発には WalletConstants.ENVIRONMENT_TEST を使用します。

統合のテスト

ENVIRONMENT_TEST の検証で Google に統合を送信する前に、各機能とブランドのチェックで終了基準を満たしていることを確認してください。

1. 基本

カードまたは PAN 取引に対して自社で実施している既存のリスクチェックとリスク管理を Google Pay の取引にも適用している。Google Pay の検証と不正チェックはお客様独自のリスク管理プロセスに代わるものではありません。
Google の利用規約を読み、同意している。Google Pay API を登録するには、Android アプリケーションのアカウント所有者のメールアドレスにアクセスする必要があります。
Google Pay API から受け取ったデータを取引処理にのみ使用する。その他の目的に使用する場合は、ユーザーから別途明示的な同意を得る必要があります。
利用する決済代行業者が該当する国で受け入れている支払いカード認証方法とカード ネットワークを確認する。
DIRECT tokenizationSpecification type の統合を行う場合は、Google Pay デベロッパー プロフィールで公開暗号鍵を毎年ローテーションし、Google に PCI 認証を提供する。PCI 認証を提出できるのは、PCI Security Standards Council が認定し、認定事業者または認定審査機関が承認した第三者 / セキュリティ審査機関です。

2. ブランディング テスト

Google が承認したアセットを使用し、ブランド ガイドラインのすべての要素を遵守している。
アプリで isReadyToPay() 関数を使用してユーザーが支払い可能かどうかを確認した後にのみ Google Pay 支払いボタンが表示されることを確認する。
表示された Google Pay 支払いボタンのサイズが同じページの他のボタンや要素と一致している。
表示される領域の背景色に基づいて適切なボタンを選択している。

3.機能テスト

PAN_ONLY のカード認証を使用した CARD のお支払い方法タイプをリクエストする場合は、ファイルに保存されたカードのテストを行います。

  1. Google Pay Android アプリケーションからすべてのカードを削除します(該当する場合)。
  2. ファイルに保存されたすべてのカードを pay.google.com から削除します(該当する場合)。
  3. 統合に戻ります。
  4. [Google Pay] をクリックします。
  5. カード追加のオプションが表示されていることを確認します。
  6. allowedCardNetworks の定義に従って、サポートされているネットワークからカードを追加します。
  7. 選択画面で、追加したカードにネットワークのロゴが付いていることを確認します。

CRYPTOGRAM_3DS のカード認証を使用した CARD のお支払い方法タイプをリクエストする場合は、Android デバイス トークンのテストを行います。

  1. Google Pay Android アプリケーションに対象のカードを追加し、カード発行会社がサポートされていることを確認します。
  2. 統合に戻ります。
  3. Google Pay ボタンをクリックします。
  4. 選択ツールに、追加されたカードとカードアートが表示されていることを確認します。

決済代行業者が CRYPTOGRAM_3DS をサポートしていることを確認したら、Android ユーザーまたはカード所有者として CRYPTOGRAM_3DS を利用できない場合でも処理を続行できます。

配送先住所が必要な場合は、さまざまな住所を入力して配送先住所の処理をテストします。

  • John、John Doe、Jane Doe Smith などの構造化フィールドに解析される氏名の不一致。
  • Google Pay API から返されたすべての住所行を正確に解析する。標準の購入手続きフローで通常収集される住所行の総数を超える可能性があります。
  • 住所として返された国の部分が、サイトでサポートされている配送先と一致することを確認する。配送制限を指定した場合は、Google 支払いシートで、サポートされていない配送先住所を入力できないことを確認します。
電話番号が必要な場合は、+14155551212、14155551212、(415)555-1212 などの異なる形式を使用して電話番号を解析し、アプリでの保存状況を確認する。
Google Pay が他の第三者のお支払い方法と同等に表示されていることを確認する。
アプリ内のアカウントにお支払い情報が保存されていないユーザーの場合、Google Pay がデフォルトで選択されるか、お支払い方法として目立つように表示されていることを確認する。
以前に購入手続きで Google Pay を選択し、アプリ内でお支払いの設定で Google Pay を指定したユーザーの場合、Google Pay がその後の購入でデフォルトの支払い方法として選択されることを確認する。
取引を処理する前に、ユーザーに最終価格が表示されることを確認する。Google Pay API から受け取ったデータに基づいて請求金額が変わる場合、確認ページに最終価格を表示する必要があります。
テストを迅速に行うため、Google での購入テストの項目を有効にして、Google Pay 統合へのアクセス方法を提供してください。

本番環境へのアクセスのリクエスト

上記の各チェックの終了基準を満たしていることを確認したら、[本番環境へのアクセスをリクエストする] をクリックして、本番環境へのアクセスを取得するプロセスを開始します。

本番環境へのアクセスをリクエストする

Google のオンボーディング プロセスは次のとおりです。

  1. Google の審査チームが、API を ENVIRONMENT_TEST に設定して、提出された統合を Google のテスト環境で確認します。統合に要求される機能またはブランディングに関する変更がこのステップで完了している必要があります。
  2. 承認されたら、Google から登録の手順と Google Pay API の本番環境へのアクセスの手順が通知されます。
  3. Google の審査チームが、API を ENVIRONMENT_PRODUCTION に設定して、提出された統合を Google の本番環境で確認し、エンドツーエンドの取引を行います。
  4. 承認されたら、Google からリリース許可が与えられます。

Google は、上記の各チェック項目に基づいてお客様の統合作業を評価し、エラーが見つかった場合はそれを通知します。エラーが見つからない場合、本番環境へのオンボーディングとテストの詳しい手順を提供します。