グローバル スニペットをインストールする

グローバル スニペットは、サイトのすべてのページの上部に設定します。gtag() コマンドがデータを送信するには、グローバル スニペットを gtag() コマンドの呼び出しの前に配置する必要があります。

サポートされている各サービスで生成されるタグを、ウェブページにコピーして貼り付けます。スニペットを配置する方法については、以下の各サービスのドキュメントをご覧ください。

このコードは、スニペット コードをサイトの各ページの <head> タグの直後に配置してください。

独自のスニペットを作成することもできます。下記のサービスタブを選択し、スニペットをコピーして、ウェブサイトのすべてのページで <head> タグの直後に配置します。GA_MEASUREMENT_IDAW-CONVERSION_IDDC-FLOODLIGHT_ID プレースホルダを適切な商品 ID に置き換えます。

Google アナリティクス

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=GA_MEASUREMENT_ID"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'GA_MEASUREMENT_ID');
</script>

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Ads: CONVERSION_ID -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-CONVERSION_ID"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments)};
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'AW-CONVERSION_ID');
</script>

Floodlight

<!-- Global site tag (gtag.js) - Floodlight -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=DC-FLOODIGHT_ID"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments)};
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'DC-FLOODIGHT_ID');
</script>