gtag.js デベロッパー ガイド

グローバル サイトタグ(gtag.js)は、Google 広告、キャンペーン マネージャー、ディスプレイ&ビデオ 360、検索広告 360、Google アナリティクスにイベントデータを送信できる、JavaScript のタグ設定フレームワークおよび API です。 サービスごとに複数のタグを管理するよりも、gtag.js を使用することをおすすめします。そうすることで、最新のトラッキング機能と統合からより簡単にメリットを得ることができます。

gtag.js を使用すると、ウェブサイトにコードを追加するだけで、簡単に複数の Google サービスにデータを送信できます。追加のアカウントを作成したり、別の管理画面で設定を管理する必要はありません。

大まかな手順

Google 広告、キャンペーン マネージャー、ディスプレイ&ビデオ 360、検索広告 360、Google アナリティクスのどのサービスにデータを送信するかに関わりなく、gtag.js を使用するための基本的なモデルは次のとおりです。

  1. サイトのすべてのページにグローバル スニペットを追加し、各サービスで動作するように設定します。 詳細
  2. gtag() コマンドを使用してイベントを取得し、1 つ以上のサービス(Google 広告、Google アナリティクスなど)にデータを送信します。 詳細

タグをインストールしたら、トラッキングとリマーケティングの複数の設定をどれも同じ gtag.js フレームワークから処理するようにタグを設定できます。

このガイドについて

このガイドでは、Google マーケティング プラットフォームに共通する gtag.js の一般的な使用例について説明します。具体的には次のとおりです。

  • サポートされているサービスに共通する gtag.js の基本設定
  • イベントデータの送信方法

gtag.js に関連するサービス固有のドキュメントについては、以下をご覧ください。

Google タグ マネージャーと gtag.js のどちらを使用するか

Google タグ マネージャーは、Google タグと第三者タグをサポートするさまざまな機能を備えた堅牢なタグ管理システムです。タグ マネージャー管理画面では、サイトのコードを調整することなく、タグを追加および変更することができます。 詳細

すでにタグ マネージャーを使用している場合は、引き続きタグ マネージャーを使用してください。タグ管理システムが不要な場合は、サービスごとに用意されている gtag.js トラッキング コードを使用しても問題ありません。

タグ マネージャーと gtag.js は同じインフラストラクチャ上に構築されているため、同じページに両方を導入しても問題なく動作します。

次のステップ