名前空間: system

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

クラス

列挙型

DeviceCapabilities

静的

文字列

現在のセットアップの機能を説明します。これは Cast 対応デバイスと、該当する場合は接続先ディスプレイ デバイスで構成されます。

音声アシスタント

文字列

音声アシスタントのサポート音声アシスタントに対応している Cast 対応デバイスの例としては、Google Home や Google Home Mini などがあります。

BLUETOOTH_SUPPORTED

文字列

Bluetooth のサポート。

DISPLAY_SUPPORTED

文字列

ディスプレイ出力のサポート。ディスプレイに対応している Cast 対応デバイスの例としては、Chromecast や Cast TV などがあります。ディスプレイに対応していない Chromecast 対応デバイスには、Chromecast Audio や Google Home などがあります。

HI_RES_AUDIO_SUPPORTED

文字列

ハイ レゾリューション オーディオ(最大 24 ビット / 96 kHz)に対応

IS_DV_SUPPORTED

文字列

ドルビー ビジョンに対応しています。

IS_HDR_SUPPORTED

文字列

HDR 動画のサポート。

TOUCH_INPUT_SUPPORTED

文字列

タップ入力のサポート。タップ入力をサポートするキャスト対応デバイスの例として、Google Nest Hub や Google Nest Hub Max などがあります。

IS_GROUP

文字列

デバイスが仮想デバイスであり、物理デバイスではなくグループ ターゲットを表している場合。

IS_DEVICE_REGISTERED(IS_DEVICE_REGISTERED)

文字列

true に設定すると、このフラグは Cast デバイスが Cast デベロッパー コンソールに登録されていることを示します。

IS_CBCS_SUPPORTED

文字列

true に設定すると、このフラグは CBCS スキーム(SAMPLE-AES)がサポートされることを示します。

IS_DOLBY_ATMOS_SUPPORTED

文字列

true に設定すると、このフラグはオーディオ パススルーによってドルビー アトモスがサポートされることを示します。

切断の理由

静的

文字列

接続解除の理由を表します。

REQUESTED_BY_SENDER さん

文字列

接続終了は、送信側アプリケーションによってアクティブに要求されました(通常はユーザーによってトリガーされます)。

エラー

文字列

プロトコル エラーが発生しました。

UNKNOWN

文字列

送信者が close() を呼び出して正常に接続を解除したかどうかは不明です(おそらく送信はされませんが、「閉じる」メッセージが失われた可能性があります)。これは通常、ネットワーク タイムアウトが発生した場合、送信側アプリケーションがクラッシュした場合、または送信側 OS がソケットを閉じる場合に発生します。

EventType

静的

文字列

cast.framework.CastReceiverContext によってディスパッチされるシステム イベント。

準備完了

文字列

システムの準備が完了すると呼び出されます。

SHUTDOWN

文字列

アプリケーションが終了すると呼び出されます。

SENDER_CONNECTED さん

文字列

新しい送信者が接続されたときに呼び出されます。

SENDER_DISCONNECTED さん

文字列

送信者の接続が解除されると呼び出されます。

エラー

文字列

システムエラーが発生した場合に呼び出されます。

SYSTEM_VOLUME_CHANGED 回

文字列

システム ボリュームが変更されると呼び出されます。

VISIBILITY_CHANGED(公開設定の変更)

文字列

アプリの表示が変更されたときに呼び出されます(HDMI 入力の変更後、テレビの電源がオフになったとき、キャスト デバイスが外部から電源供給されたときなど)。この API は、ブラウザによって発生した webwebvisibilityability イベントと同じ効果を持ちます。これは、便宜上、また Webkit プレフィックス付きイベントへの依存を避けるために、cast.framework.CastReceiverContext API として提供されます。

スタンバイ モードを変更済み

文字列

テレビのスタンバイ状態が変化したときに呼び出されます。テレビがスタンバイ モードの場合、可視性は false になるため、このイベントは cast.framework.system.EventType.VISIBILITY_CHANGED イベントに関連しています。

可視性状態はスタンバイ状態より細かくなります(表示チャネルにはテレビ チャンネルの選択も含まれます)。ただし、すべてのテレビで確実に検出されるわけではありません。スタンバイは、ほとんどのテレビに実装されているため使用できます。

MAX_VIDEO_RESOLUTION_CHANGED 回

文字列

FEEDBACK_STARTED(フィードバック開始済み)

文字列

システムがフィードバック レポートの生成を開始すると呼び出されます。

開始日

静的

文字列

レシーバーを起動したリクエストの種類を表します。

UNKNOWN

文字列

リリース オーナーを特定できませんでした。

DIAL

文字列

アプリが DIAL リクエストによって起動されました。

キャスト

文字列

アプリが Cast V2 リクエストによって起動されました。

Cloud

文字列

アシスタントがリクエスト(Google アシスタントのコマンドなど)によって起動された。

MessageType

静的

文字列

カスタム メッセージの種類。

STRING

文字列

メッセージは自由形式の文字列です。アプリは、送信される情報をエンコード/デコードします。

JSON

文字列

メッセージは JSON エンコードされます。基盤となるトランスポートは JSON でエンコードされた文字列を使用します。

スタンバイ状態

静的

文字列

プラットフォームから報告された現在のスタンバイ状態を表します。キャスト プラットフォームで状態を特定できない場合は、UNKNOWN の可能性があります。

スタンバイ

文字列

NOT_STANDBY

文字列

UNKNOWN

文字列

システム状態

静的

文字列

これは、現在のシステム状態を表します。

開始されていません

文字列

アプリケーションの起動がまだリクエストされていません。

開始時の背景

文字列

アプリケーションは起動していますが、ユーザーに表示されません。

開始中

文字列

アプリケーションが起動しています。

準備完了

文字列

アプリケーションがフォアグラウンドにあり、メッセージを送受信できる状態です。

STOPPING_IN_BACKGROUND(停止中)

文字列

アプリはバックグラウンドで停止しています。

停止中

文字列

アプリケーションが停止しています。

表示状態

静的

文字列

プラットフォームからレポートされる現在の表示状態を表します。キャスト プラットフォームで可視性の状態を特定できない場合は、UNKNOWN になります。

VISIBLE

文字列

NOT_VISIBLE(表示不可)

文字列

UNKNOWN

文字列

プロパティ

DeviceCapabilities

静的

文字列

現在のセットアップの機能を説明します。これは Cast 対応デバイスと、該当する場合は接続先ディスプレイ デバイスで構成されます。

音声アシスタント

文字列

音声アシスタントのサポート音声アシスタントに対応している Cast 対応デバイスの例としては、Google Home や Google Home Mini などがあります。

BLUETOOTH_SUPPORTED

文字列

Bluetooth のサポート。

DISPLAY_SUPPORTED

文字列

ディスプレイ出力のサポート。ディスプレイに対応している Cast 対応デバイスの例としては、Chromecast や Cast TV などがあります。ディスプレイに対応していない Chromecast 対応デバイスには、Chromecast Audio や Google Home などがあります。

HI_RES_AUDIO_SUPPORTED

文字列

ハイ レゾリューション オーディオ(最大 24 ビット / 96 kHz)に対応

IS_DV_SUPPORTED

文字列

ドルビー ビジョンに対応しています。

IS_HDR_SUPPORTED

文字列

HDR 動画のサポート。

TOUCH_INPUT_SUPPORTED

文字列

タップ入力のサポート。タップ入力をサポートするキャスト対応デバイスの例として、Google Nest Hub や Google Nest Hub Max などがあります。

IS_GROUP

文字列

デバイスが仮想デバイスであり、物理デバイスではなくグループ ターゲットを表している場合。

IS_DEVICE_REGISTERED(IS_DEVICE_REGISTERED)

文字列

true に設定すると、このフラグは Cast デバイスが Cast デベロッパー コンソールに登録されていることを示します。

IS_CBCS_SUPPORTED

文字列

true に設定すると、このフラグは CBCS スキーム(SAMPLE-AES)がサポートされることを示します。

IS_DOLBY_ATMOS_SUPPORTED

文字列

true に設定すると、このフラグはオーディオ パススルーによってドルビー アトモスがサポートされることを示します。

切断の理由

静的

文字列

接続解除の理由を表します。

REQUESTED_BY_SENDER さん

文字列

接続終了は、送信側アプリケーションによってアクティブに要求されました(通常はユーザーによってトリガーされます)。

エラー

文字列

プロトコル エラーが発生しました。

UNKNOWN

文字列

送信者が close() を呼び出して正常に接続を解除したかどうかは不明です(おそらく送信はされませんが、「閉じる」メッセージが失われた可能性があります)。これは通常、ネットワーク タイムアウトが発生した場合、送信側アプリケーションがクラッシュした場合、または送信側 OS がソケットを閉じる場合に発生します。

EventType

静的

文字列

cast.framework.CastReceiverContext によってディスパッチされるシステム イベント。

準備完了

文字列

システムの準備が完了すると呼び出されます。

SHUTDOWN

文字列

アプリケーションが終了すると呼び出されます。

SENDER_CONNECTED さん

文字列

新しい送信者が接続されたときに呼び出されます。

SENDER_DISCONNECTED さん

文字列

送信者の接続が解除されると呼び出されます。

エラー

文字列

システムエラーが発生した場合に呼び出されます。

SYSTEM_VOLUME_CHANGED 回

文字列

システム ボリュームが変更されると呼び出されます。

VISIBILITY_CHANGED(公開設定の変更)

文字列

アプリの表示が変更されたときに呼び出されます(HDMI 入力の変更後、テレビの電源がオフになったとき、キャスト デバイスが外部から電源供給されたときなど)。この API は、ブラウザによって発生した webwebvisibilityability イベントと同じ効果を持ちます。これは、便宜上、また Webkit プレフィックス付きイベントへの依存を避けるために、cast.framework.CastReceiverContext API として提供されます。

スタンバイ モードを変更済み

文字列

テレビのスタンバイ状態が変化したときに呼び出されます。テレビがスタンバイ モードの場合、可視性は false になるため、このイベントは cast.framework.system.EventType.VISIBILITY_CHANGED イベントに関連しています。

可視性状態はスタンバイ状態より細かくなります(表示チャネルにはテレビ チャンネルの選択も含まれます)。ただし、すべてのテレビで確実に検出されるわけではありません。スタンバイは、ほとんどのテレビに実装されているため使用できます。

MAX_VIDEO_RESOLUTION_CHANGED 回

文字列

FEEDBACK_STARTED(フィードバック開始済み)

文字列

システムがフィードバック レポートの生成を開始すると呼び出されます。

開始日

静的

文字列

レシーバーを起動したリクエストの種類を表します。

UNKNOWN

文字列

リリース オーナーを特定できませんでした。

DIAL

文字列

アプリが DIAL リクエストによって起動されました。

キャスト

文字列

アプリが Cast V2 リクエストによって起動されました。

Cloud

文字列

アシスタントがリクエスト(Google アシスタントのコマンドなど)によって起動された。

MessageType

静的

文字列

カスタム メッセージの種類。

STRING

文字列

メッセージは自由形式の文字列です。アプリは、送信される情報をエンコード/デコードします。

JSON

文字列

メッセージは JSON エンコードされます。基盤となるトランスポートは JSON でエンコードされた文字列を使用します。

スタンバイ状態

静的

文字列

プラットフォームから報告された現在のスタンバイ状態を表します。キャスト プラットフォームで状態を特定できない場合は、UNKNOWN の可能性があります。

スタンバイ

文字列

NOT_STANDBY

文字列

UNKNOWN

文字列

システム状態

静的

文字列

これは、現在のシステム状態を表します。

開始されていません

文字列

アプリケーションの起動がまだリクエストされていません。

開始時の背景

文字列

アプリケーションは起動していますが、ユーザーに表示されません。

開始中

文字列

アプリケーションが起動しています。

準備完了

文字列

アプリケーションがフォアグラウンドにあり、メッセージを送受信できる状態です。

STOPPING_IN_BACKGROUND(停止中)

文字列

アプリはバックグラウンドで停止しています。

停止中

文字列

アプリケーションが停止しています。

表示状態

静的

文字列

プラットフォームからレポートされる現在の表示状態を表します。キャスト プラットフォームで可視性の状態を特定できない場合は、UNKNOWN になります。

VISIBLE

文字列

NOT_VISIBLE(表示不可)

文字列

UNKNOWN

文字列