ユーザー プロパティ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ユーザー プロパティは、言語設定や地理的位置などのユーザーベースのセグメントを表現します。アナリティクスでは、一部のユーザー プロパティが自動的にログに記録されます。他のプロパティを収集したい場合は、プロジェクトごとに最大 25 個のユーザー プロパティを追加設定することができます。ユーザー プロパティの設定と登録の方法について詳しくは、カスタム ユーザー プロパティをご覧ください。

ユーザー プロパティを使用するとユーザー セグメントを拡張できますが、ユーザー プロパティのデータは、多くの場合、サーバーサイドでのみ利用できます。Measurement Protocol を使用すると、サーバーサイドのデータを使ってクライアントサイドの測定を強化できます。これは、通常、クライアントサイドのソリューションのみでは実現できません。

予約済みの名前

一部のユーザー プロパティ名は予約済みのため、測定では使用できません。

  • first_open_time
  • first_visit_time
  • last_deep_link_referrer
  • user_id
  • first_open_after_install

また、ユーザー プロパティ名の先頭を以下にすることはできません。

  • google_
  • ga_
  • firebase_

使用例

以下の例では、測定に追加するユーザー プロパティ(customer_tier)が CRM に含まれています。customer_tierpremium または standard に設定できます。レポートでこのユーザー プロパティを取得するための手順は、以下のとおりです。

まずは、クライアントで、CRM システムにアクセスできるサーバー API に対して、add_payment_info イベントと呼び出しを送信します。

クライアント コード

次に、サーバーでは、Measurement Protocol を使って customer_tier ユーザー プロパティで測定が強化されます。

サーバーコード

このユーザー プロパティでは、premiumstandard の 2 種類のセグメントがレポートされます。

Measurement Protocol を使ってイベントを送信する方法について詳しくは、イベントの送信をご覧ください。