Google アナリティクスのアプリ + ウェブの制限事項

このページでは、Google アナリティクスのアプリ + ウェブのすべてのコレクション タグ、ライブラリ、SDK に適用されるデータ収集上限について説明します。

概要

Google アナリティクスは数多くのサイトやアプリで使用されています。送信されるデータ量をシステムの処理能力の範囲内に抑え、システム リソースを公平に配分するため、データ収集には一定の制限事項が設けられています。そのポリシーについて以下で説明しますが、これらは予告なく変更される場合があります。

以下の制限事項は、Google アナリティクスのすべてのコレクション タグ、ライブラリ、SDK に適用されます。プロパティに適用される制限とクライアント ライブラリに適用される制限があります。

プロパティの制限事項

次の制限事項がプロパティ / 測定 ID に適用されます。

  • プロパティあたり 1 か月 1,000 万ヒット

ヒット数がこの上限を超えると、Google アナリティクス チームからお客様に連絡を差し上げ、アナリティクス 360 へのアップグレードや Google アナリティクスに送信するデータ量を減らすためのクライアント サンプリングの設定といったご提案をさせていただく場合があります。

1 か月あたりのアナリティクス 360 の上限については、アカウント マネージャーかサービス担当者にお問い合わせください。

次の制限事項が gtag.js に適用されます。

  • ユーザーあたり 1 日 20 万ヒット
  • セッション 1 回あたり 500 ヒット

ヒット数がこのいずれかの上限を超えると、当該日または当該セッション中、以降のヒットは処理されなくなります。

timing タイプのヒット

timing タイプのヒットには、gtag.js によって自動的に送信されるサイトの速度のヒットを含めて、追加の制限が課されます。1 日に処理される timing タイプの最大ヒット数は、プロパティあたり 10,000 件またはプロパティでその日に処理されるページビュー合計数の 1% のいずれか大きい方になります。最大数に満たないヒットにも追加の制限が適用されます。詳しくは、カスタム速度に関するデベロッパー ガイドをご覧ください。

クライアント ライブラリのデータ処理上限

それぞれのクライアント ライブラリには、データ処理上限のメカニズムが導入されており、一度に過度なヒットが送信されないようになっています。このメカニズムはトークン バケット アルゴリズムに基づいており、大量のヒットを Google アナリティクスに送信できる一方で、クライアントからのデータ送信が過度に速くならないようになっています。

それぞれのトラッカーには、同時に送信できるリクエスト数に上限が設けられています。トラッカーには、同時に送信されたヒット数のカウンターも設定されています。1 回のヒットが Google アナリティクスに送信されるたびに、このカウンターの数値が 1 回ずつ減少していきます。カウンターが 0 になると上限に達したことになり、新しいリクエスト送信されません。その後、短期間でカウンターは元の数値に戻っていき、再びデータ送信が可能になります。

ここからは、各ライブラリでのデータ処理上限の扱いについて説明します。これらの上限に達すると、ヒットが Google アナリティクスのサーバーに送信されなくなり、そのデータはレポートに反映されません。これらの制限はアナリティクス 360 をご利用の場合も同じように適用されます。

gtag.js:

gtag.js の各トラッカー オブジェクトの上限は 20 ヒットから始まり、1 秒 2 ヒットの速度で回復していきます。この制限事項は、e コマース(商品またはトランザクション)を除く、すべてのヒットタイプに適用されます。