ターゲティング

このガイドでは、ターゲット設定情報を広告リクエストに設定する方法を説明します。

広告のターゲット設定の動作を確認するには、iOS API デモアプリ(Objective-C または Swift)をダウンロードしてください。

API デモをダウンロード

前提条件

スタートガイドの手順を完了していること

GADRequestConfiguration

GADRequestConfiguration は、GADMobileAds 共有インスタンスを介してグローバルに適用されるターゲット情報を収集するオブジェクトです。

次のコードでアクセスできます。

Swift

let requestConfiguration = GADMobileAds.sharedInstance().requestConfiguration

Objective-C

GADRequestConfiguration requestConfiguration = GADMobileAds.sharedInstance.requestConfiguration;

児童向けの設定

児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)に基づき、tagForChildDirectedTreatment という設定が用意されています。

アプリ デベロッパーは広告リクエストを行う際に、自社コンテンツを子供向けとして扱ってほしいかどうかを示すことができます。子供向けコンテンツとして扱うように示すと、その広告リクエストについてはインタレスト ベース広告(IBA)とリマーケティング広告を無効にする措置が取られます。設定オプションは次のとおりです。

  • COPPA に基づく子供向けコンテンツとして扱うように示すには、tagForChildDirectedTreatmentYES を設定します。
  • COPPA に基づく子供向けコンテンツとして扱わないよう示すには、tagForChildDirectedTreatmentNO を設定します。
  • COPPA に基づくコンテンツの扱い方を示さない場合は、tagForChildDirectedTreatment を指定しません。

Swift

GADMobileAds.sharedInstance().requestConfiguration.tag(forChildDirectedTreatment: true)

Objective-C

[GADMobileAds.sharedInstance.requestConfiguration tagForChildDirectedTreatment:YES];

お客様はこのタグを設定することで、この通知の内容が正確であり、ご自身がアプリ所有者の代理人としての権限をもつことを認めるものとします。また、この設定の不正使用は Google アカウントの解除につながる場合があることを理解しているものとします。

欧州経済領域(EEA)の同意年齢に満たないユーザーについては、その広告リクエストにマークを付けることで適切な取り扱いを受けることができます。この機能は、一般データ保護規則(GDPR)の準拠に向けた対応をサポートするためのものです。なお、GDPR の下では他の法的義務が課せられる場合もありますので、欧州連合(EU)のガイダンスをご確認のうえ、お客様の顧問弁護士にご相談ください。なお、Google が提供するツールの目的は、法令遵守をサポートすることであり、パブリッシャー様の法的義務を軽減することではありません。 GDPR がパブリッシャー様に与える影響の詳細

この機能を利用すると、今後のすべての広告リクエストに TFUA(Tag For Users under the Age of Consent in Europe: 同意年齢に満たない欧州ユーザーに対するタグ)パラメータが含まれるようになります。このパラメータは、その広告リクエストでリマーケティングなどによるパーソナライズド広告へのリクエストを無効にします。また、広告測定ピクセルや第三者広告サーバーなどを扱う第三者広告ベンダーへのリクエストも無効にします。

この設定は、GADMobileAds.requestConfiguration オブジェクトの tagForUnderAgeOfConsent メソッドを呼び出して YES を渡すことで、Google Mobile Ads SDK のすべてのバージョンで使用できます。

  • 同意年齢に満たないユーザーに適した方法で広告リクエストを処理するように示すには、tagForUnderAgeOfConsentYEStrue を設定します。
  • 同意年齢に満たないユーザーに適した方法で広告リクエストを処理しないように示すには、tagForUnderAgeOfConsent を設定しません。

次の例は、広告リクエストに TFUA を含めるように示すものです。

Swift

GADMobileAds.sharedInstance().requestConfiguration.tagForUnderAgeOfConsent(true);

Objective-C

[GADMobileAds.sharedInstance.requestConfiguration tagForUnderAgeOfConsent:YES];

子供向けの設定を有効にするタグと tagForUnderAgeOfConsent に設定する値を、同時に両方とも true にしてはいけません。両方ともその値にすると、子供向けの設定が優先されます。

広告コンテンツのフィルタリング

アプリは、GADRequestConfiguration のプロパティ maxAdContentRating を使用して、すべての広告リクエストの広告レーティングの上限を設定することができます。この設定は、残りのセッションの今後のすべての広告リクエストに適用されます。このプロパティが取り得る値はデジタル コンテンツ ラベルの分類に基づき、次のいずれかの定数になります。

  • GADMaxAdContentRatingGeneral
  • GADMaxAdContentRatingParentalGuidance
  • GADMaxAdContentRatingTeen
  • GADMaxAdContentRatingMatureAudience

次のコードは、すべての広告リクエストに対して、デジタル コンテンツ ラベル指定が GADMaxAdContentRatingGeneral 階層までの広告コンテンツを返すように指定しています。

Swift

GADMobileAds.sharedInstance().requestConfiguration.maxAdContentRating =
  GADMaxAdContentRatingGeneral

Objective-C

GADMobileAds.sharedInstance.requestConfiguration.maxAdContentRating =
  GADMaxAdContentRatingGeneral;

GADRequest

GADRequest オブジェクトは、広告リクエストと一緒に送るターゲット設定情報を収集します。

コンテンツの URL

アプリは広告をリクエストする際に、配信するコンテンツの URL を渡すことができます。これにより、キーワード ターゲティングで広告とコンテンツを一致させることができます。

たとえば、アプリで https://www.example.com のコンテンツを表示する際に広告をリクエストする場合は、この URL を渡して関連キーワードをターゲットに設定できます。

Swift

let request = GADRequest()
request.contentURL = "https://www.example.com"

Objective-C

GADRequest *request = [GADRequest request];
request.contentURL = @"https://www.example.com";

よくある質問

広告が自動的に更新される際は、どのターゲット設定が使用されますか?
広告が更新される際は、前回指定した GADRequest オブジェクトが再度ターゲット設定に使用されます。新しくターゲット設定を行うには、新しい GADRequest オブジェクトを指定して GADBannerViewloadRequest を明示的に呼び出します。
追加のターゲット設定パラメータをメディエーション ネットワークに渡すにはどうすればよいですか?
メディエーションをご覧のうえ、ターゲット設定をメディエーション ネットワークに渡す方法をご確認ください。