バナー広告

バナー広告は、アプリのレイアウトの一部を占める長方形の広告です。ユーザーはアプリを操作している間、画面の上部または下部に固定されます。ユーザーがスクロールすると、コンテンツの横に固定されます。バナー広告は一定期間経過後に自動的に更新されます。詳しくは、 バナー広告の概要をご覧ください。

このガイドでは、 アンカー アダプティブ バナー広告の利用方法をご紹介します。指定した広告の幅を使用して各デバイスの広告サイズを最適化することで、パフォーマンスを最大化できます。

アンカー アダプティブ バナー

アンカー アダプティブ バナー広告は、通常の固定サイズの広告ではなく、固定のアスペクト比の広告です。アスペクト比は、320×50 の業界標準とほぼ同じです。利用可能な全幅を指定すると、その幅に最適な高さの広告が返されます。同じデバイスからのリクエストによって最適な高さが変わることはなく、広告の更新時に周囲のビューを移動させる必要もありません。

前提条件

必ずテスト広告でテストする

アプリの作成とテストの際は、実際の実際の広告ではなく、テスト広告を使用してください。実際の広告を使用すると、アカウントが停止される可能性があります。

テスト広告を読み込むには、次に示す iOS バナー向けのテスト専用広告ユニット ID を使う方法が便利です。 ca-app-pub-3940256099942544/2435281174

この ID は、すべてのリクエストに対してテスト広告を返すように構成されており、アプリのコーディング、テスト、デバッグで自由に使うことができます。なお、テスト用 ID は、アプリを公開する前に必ずご自身の広告ユニット ID に置き換えてください。

Mobile Ads SDK のテスト広告の仕組みについて詳しくは、テスト広告をご覧ください。

GADBannerViewを作成する

バナー広告は GADBannerView オブジェクトに表示されるため、バナー広告を組み込む最初のステップは、ビュー階層に GADBannerView を含めることです。これは通常、プログラムまたは Interface Builder で行います。

プログラム

GADBannerView は直接インスタンス化することもできます。次に、GADBannerView を作成して、画面のセーフエリアの下中央に揃える方法の例を示します。

Swift

import GoogleMobileAds
import UIKit

class ViewController: UIViewController {

  var bannerView: GADBannerView!

  override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    
    let viewWidth = view.frame.inset(by: view.safeAreaInsets).width

    // Here the current interface orientation is used. Use
    // GADLandscapeAnchoredAdaptiveBannerAdSizeWithWidth or
    // GADPortraitAnchoredAdaptiveBannerAdSizeWithWidth if you prefer to load an ad of a
    // particular orientation,
    let adaptiveSize = GADCurrentOrientationAnchoredAdaptiveBannerAdSizeWithWidth(viewWidth)
    bannerView = GADBannerView(adSize: adaptiveSize)

    addBannerViewToView(bannerView)
  }

  func addBannerViewToView(_ bannerView: GADBannerView) {
    bannerView.translatesAutoresizingMaskIntoConstraints = false
    view.addSubview(bannerView)
    view.addConstraints(
      [NSLayoutConstraint(item: bannerView,
                          attribute: .bottom,
                          relatedBy: .equal,
                          toItem: view.safeAreaLayoutGuide,
                          attribute: .bottom,
                          multiplier: 1,
                          constant: 0),
       NSLayoutConstraint(item: bannerView,
                          attribute: .centerX,
                          relatedBy: .equal,
                          toItem: view,
                          attribute: .centerX,
                          multiplier: 1,
                          constant: 0)
      ])
   }
   
}

Objective-C

@import GoogleMobileAds;

@interface ViewController ()

@property(nonatomic, strong) GADBannerView *bannerView;

@end

@implementation ViewController

- (void)viewDidLoad {
  [super viewDidLoad];
  
  // Here safe area is taken into account, hence the view frame is used after the
  // view has been laid out.
  CGRect frame = UIEdgeInsetsInsetRect(self.view.frame, self.view.safeAreaInsets);
  CGFloat viewWidth = frame.size.width;

  // Here the current interface orientation is used. If the ad is being preloaded
  // for a future orientation change or different orientation, the function for the
  // relevant orientation should be used.
  GADAdSize adaptiveSize = GADCurrentOrientationAnchoredAdaptiveBannerAdSizeWithWidth(viewWidth);
  // In this case, we instantiate the banner with desired ad size.
  self.bannerView = [[GADBannerView alloc] initWithAdSize:adaptiveSize];

  [self addBannerViewToView:self.bannerView];
}

- (void)addBannerViewToView:(UIView *)bannerView {
  bannerView.translatesAutoresizingMaskIntoConstraints = NO;
  [self.view addSubview:bannerView];
  [self.view addConstraints:@[
    [NSLayoutConstraint constraintWithItem:bannerView
                               attribute:NSLayoutAttributeBottom
                               relatedBy:NSLayoutRelationEqual
                                  toItem:self.view.safeAreaLayoutGuide
                               attribute:NSLayoutAttributeBottom
                              multiplier:1
                                constant:0],
    [NSLayoutConstraint constraintWithItem:bannerView
                               attribute:NSLayoutAttributeCenterX
                               relatedBy:NSLayoutRelationEqual
                                  toItem:self.view
                               attribute:NSLayoutAttributeCenterX
                              multiplier:1
                                constant:0]
                                ]];
}
  
@end

この場合、提供された広告サイズによってバナーのコンテンツ サイズが決まるため、幅や高さの制約は与えません。

インターフェース ビルダー

GADBannerView はストーリーボードまたは xib ファイルに追加できます。この方法を使用する場合は、必ずバナーに位置の制約のみを追加するようにしてください。たとえば、画面の下部にアダプティブ バナーを表示する場合は、バナービューの下部をボトム レイアウト ガイドの上部と同じ値に設定し、中央の X をスーパービューの中心 X に設定します。

バナーの広告サイズは、引き続きプログラムによって設定されます。

Swift

  bannerView.adSize = GADCurrentOrientationAnchoredAdaptiveBannerAdSizeWithWidth(viewWidth)

Objective-C

  self.bannerView.adSize = GADCurrentOrientationAnchoredAdaptiveBannerAdSizeWithWidth(viewWidth);

広告を読み込む

GADBannerView を配置してプロパティを設定したら、いよいよ広告を読み込みます。これを行うには、GADRequest オブジェクトの loadRequest: を呼び出します。

Swift

override func viewDidLoad() {
  super.viewDidLoad()
  ...
  
  //  Set the ad unit ID and view controller that contains the GADBannerView.
  bannerView.adUnitID = "ca-app-pub-3940256099942544/2435281174"
  bannerView.rootViewController = self

  bannerView.load(GADRequest())
}

Objective-C

-   (void)viewDidLoad {
  [super viewDidLoad];
  ...
  
  //  Set the ad unit ID and view controller that contains the GADBannerView.
  self.bannerView.adUnitID = @"ca-app-pub-3940256099942544/2435281174";
  self.bannerView.rootViewController = self;

  [self.bannerView loadRequest:[GADRequest request]];
}

GADRequest オブジェクトは単一の広告リクエストを表し、ターゲティング情報などのプロパティを含みます。

広告ユニットの更新を設定していれば、広告の読み込みに失敗した場合でも、別の広告を明示的にリクエストする必要はありません。Google Mobile Ads SDK では、管理画面で指定された更新頻度が適用されます。 AdMob更新を有効にしていない場合は、新しいリクエストを発行する必要があります。

広告イベント

GADBannerViewDelegate を使用すると、広告が閉じられたときやユーザーがアプリから離れたときなど、ライフサイクル イベントをリッスンできます。

バナー イベントを登録する

バナー広告イベントを登録するには、GADBannerViewDelegate プロトコルを実装しているオブジェクトに、GADBannerViewdelegate プロパティを設定します。通常は、バナー広告を実装するクラスがデリゲート クラスとしての役割も果たすため、その場合は delegate プロパティを self に設定できます。

Swift

import GoogleMobileAds
import UIKit

class ViewController: UIViewController, GADBannerViewDelegate {

  var bannerView: GADBannerView!

  override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    ...
    bannerView.delegate = self
  }
}

Objective-C

@import GoogleMobileAds;

@interface ViewController () <GADBannerViewDelegate>

@property(nonatomic, strong) GADBannerView *bannerView;

@end

@implementation ViewController

-   (void)viewDidLoad {
  [super viewDidLoad];
  ...
  self.bannerView.delegate = self;
}

バナーイベントを実装する

GADBannerViewDelegate の各メソッドはオプションとしてマークされているため、必要なメソッドを実装するだけで済みます。この例では、各メソッドを実装し、メッセージをコンソールに記録しています。

Swift

func bannerViewDidReceiveAd(_ bannerView: GADBannerView) {
  print("bannerViewDidReceiveAd")
}

func bannerView(_ bannerView: GADBannerView, didFailToReceiveAdWithError error: Error) {
  print("bannerView:didFailToReceiveAdWithError: \(error.localizedDescription)")
}

func bannerViewDidRecordImpression(_ bannerView: GADBannerView) {
  print("bannerViewDidRecordImpression")
}

func bannerViewWillPresentScreen(_ bannerView: GADBannerView) {
  print("bannerViewWillPresentScreen")
}

func bannerViewWillDismissScreen(_ bannerView: GADBannerView) {
  print("bannerViewWillDIsmissScreen")
}

func bannerViewDidDismissScreen(_ bannerView: GADBannerView) {
  print("bannerViewDidDismissScreen")
}

Objective-C

-   (void)bannerViewDidReceiveAd:(GADBannerView *)bannerView {
  NSLog(@"bannerViewDidReceiveAd");
}

-   (void)bannerView:(GADBannerView *)bannerView didFailToReceiveAdWithError:(NSError *)error {
  NSLog(@"bannerView:didFailToReceiveAdWithError: %@", [error localizedDescription]);
}

-   (void)bannerViewDidRecordImpression:(GADBannerView *)bannerView {
  NSLog(@"bannerViewDidRecordImpression");
}

-   (void)bannerViewWillPresentScreen:(GADBannerView *)bannerView {
  NSLog(@"bannerViewWillPresentScreen");
}

-   (void)bannerViewWillDismissScreen:(GADBannerView *)bannerView {
  NSLog(@"bannerViewWillDismissScreen");
}

-   (void)bannerViewDidDismissScreen:(GADBannerView *)bannerView {
  NSLog(@"bannerViewDidDismissScreen");
}

iOS API デモアプリでバナー デリゲート メソッドを実装するには、広告デリゲートのサンプルをご覧ください。

Swift Objective-C

ユースケース

これらの広告イベント メソッドのユースケースの例を次に示します。

広告を受信した後でバナーをビュー階層に追加する

広告が取得されるまで、ビュー階層への GADBannerView の追加を遅らせたい場合は、これを行うには、bannerViewDidReceiveAd: イベントをリッスンします。

Swift

func bannerViewDidReceiveAd(_ bannerView: GADBannerView) {
  // Add banner to view and add constraints as above.
  addBannerViewToView(bannerView)
}

Objective-C

-   (void)bannerViewDidReceiveAd:(GADBannerView *)bannerView {
  // Add bannerView to view and add constraints as above.
  [self addBannerViewToView:self.bannerView];
}

バナー広告をアニメーション表示する

バナー広告が返されたら、bannerViewDidReceiveAd: イベントを使用して、バナー広告をアニメーション表示することもできます。次の例をご覧ください。

Swift

func bannerViewDidReceiveAd(_ bannerView: GADBannerView) {
  bannerView.alpha = 0
  UIView.animate(withDuration: 1, animations: {
    bannerView.alpha = 1
  })
}

Objective-C

-   (void)bannerViewDidReceiveAd:(GADBannerView *)bannerView {
  bannerView.alpha = 0;
  [UIView animateWithDuration:1.0 animations:^{
    bannerView.alpha = 1;
  }];
}

アプリを一時停止 / 再開する

GADBannerViewDelegate プロトコルには、クリックによってオーバーレイが表示されたり閉じられたりした場合などのイベントを通知するメソッドがあります。これらのイベントが広告によるものかどうかをトレースするには、GADBannerViewDelegate メソッドを登録します。

あらゆるタイプのオーバーレイ表示や外部ブラウザの呼び出しを検出するには、広告クリックによるものだけでなく、UIViewController または UIApplication の同等のメソッドをアプリでリッスンすることをおすすめします。次の表は、GADBannerViewDelegate のメソッドと同じタイミングで呼び出される、iOS の同等のメソッドを示しています。

GADBannerViewDelegate のメソッド iOS のメソッド
bannerViewWillPresentScreen: UIViewController の viewWillDisappear:
bannerViewWillDismissScreen: UIViewController の viewWillAppear:
bannerViewDidDismissScreen: UIViewController の viewDidAppear:

補足資料

GitHub の例

次のステップ

折りたたみ可能バナー

折りたたみ可能バナー広告は、最初は大きなオーバーレイとして表示されるバナー広告で、広告を小さいサイズに折りたたむためのボタンが付いています。パフォーマンスをさらに最適化するために 使用を検討してください詳しくは、折りたたみ可能バナー広告をご覧ください。

インライン アダプティブ バナー

インライン アダプティブ バナーは、アンカー アダプティブ バナーよりも大きくて背の高いバナーです。高さは可変で、デバイス画面と同じ高さにすることができます。スクロール可能なコンテンツにバナー広告を配置するアプリでは、アンカー アダプティブ バナー広告よりもインライン アダプティブ バナーをおすすめします。詳しくは、インライン アダプティブ バナーをご覧ください。

他のトピックを見る