Google Workspace API を有効にする

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google API を使用するには、Google Cloud プロジェクトで API を有効にする必要があります。1 つの Google Cloud プロジェクトで 1 つ以上の API を有効にできます。まだ Google Cloud プロジェクトがない場合は、Cloud プロジェクトを作成するをご覧ください。

Cloud プロジェクトで API を有効にするには:

  1. Google Cloud コンソールで、メニュー > [その他のプロダクト] > [Google Workspace] > [プロダクト ライブラリ] に移動します。

    [プロダクト ライブラリ] に移動

  2. 有効にする API をクリックします。
  3. [有効にする] をクリックします。
  4. その他の API を有効にするには、上記の手順を繰り返します。

次のステップ

Google Workspace API の認証と認可の仕組みをご覧ください。