Google タグ マネージャーを使用して、サイトのタグ(測定やマーケティング最適化の JavaScript タグなど)を管理します。サイトのコードを編集することなく、タグ マネージャーの管理画面を使用して、Google 広告、Google アナリティクス、Floodlight のタグや Google 以外のタグを追加、更新できます。これによってエラーを減らせるほか、サイトにタグを簡単に導入できます。

Google タグ マネージャーでは、アプリ内の分析ツールまたは広告ツールを直接管理できます。アプリのバイナリを再構築してアプリ マーケットプレイスに再送信する必要はありません。

Google タグ マネージャーでは、独自のタグ テンプレートまたは変数テンプレートを作成して、コミュニティ テンプレート ギャラリーで公開することができます。

Google Tag Manager API を使用すると、承認されたユーザーは Google タグ マネージャーの設定データにアクセスできます。この API を使用して、アカウント、コンテナとコンテナのバージョン、タグ、ルール、トリガー、変数、ユーザー権限を管理します。

Google タグ マネージャーの機能とメリットについて詳しくは、以下をご覧ください。

  • Google タグ マネージャーのサービスサイト
  • Google タグ マネージャーのテクニカル ファクトシート
  • Google タグ マネージャーのヘルプセンター

Google タグ マネージャーのコミュニティ テンプレート ギャラリーでは、自社の測定サービスで使用できるタグ テンプレートまたは変数テンプレートを作成して、世界中のユーザーに公開することができます。