Android の ML Kit で顔を検出する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ML Kit を使用すると、画像や動画内の顔を検出できます。

顔検出を統合するには 2 つの方法があります。一つはバンドルされたアプリの一部で、もう一つは Google Play 開発者サービスに依存するバンドルされていないモデルです。2 つのモデルが同じであること。バンドルされていないモデルを選択すると、アプリのサイズが小さくなります。

機能バンドルなしバンドル
実装モデルは Google Play 開発者サービスを介して動的にダウンロードされます。モデルはビルド時に静的にアプリにリンクされます。
アプリのサイズ約 800 KB のサイズ増加。約 6.9 MB のサイズ増加です。
初期化時間モデルをダウンロードしてから最初の使用が必要になる場合があります。モデルはすぐに利用可能

始める前に

  1. プロジェクト レベルの build.gradle ファイルの buildscript セクションと allprojects セクションの両方に Google の Maven リポジトリを組み込みます。

  2. ML Kit Android ライブラリの依存関係をモジュールのアプリレベルの Gradle ファイル(通常は app/build.gradle)に追加します。ニーズに応じて、次のいずれかの依存関係を選択します。

    モデルをアプリにバンドルする場合:

    dependencies {
      // ...
      // Use this dependency to bundle the model with your app
      implementation 'com.google.mlkit:face-detection:16.1.5'
    }
    

    Google Play 開発者サービスでモデルを使用するには:

    dependencies {
      // ...
      // Use this dependency to use the dynamically downloaded model in Google Play Services
      implementation 'com.google.android.gms:play-services-mlkit-face-detection:17.1.0'
    }
    
  3. Google Play 開発者サービスでモデルを使用する場合は、アプリが Play ストアからインストールされた後でデバイスに自動的にダウンロードされるようにアプリを構成できます。そのためには、アプリの AndroidManifest.xml ファイルに次の宣言を追加します。

    <application ...>
          ...
          <meta-data
              android:name="com.google.mlkit.vision.DEPENDENCIES"
              android:value="face" >
          <!-- To use multiple models: android:value="face,model2,model3" -->
    </application>
    

    モデルの可用性を明示的に確認したり、Google Play 開発者サービスの ModuleInstallClient API を使用してダウンロードをリクエストしたりすることもできます。

    インストール時モデルのダウンロードを有効にしない場合や、明示的なダウンロードをリクエストしなかった場合、検出機能を初めて実行したときにモデルがダウンロードされます。ダウンロードが完了する前にリクエストを送信しても、結果は生成されません。

入力画像に関するガイドライン

顔認識には、サイズが 480x360 ピクセル以上の画像を使用してください。 ML Kit で顔を正確に検出するには、入力画像に含まれている顔が十分なピクセルデータによって表示されている必要があります。一般に、画像内で検出する顔は少なくとも 100x100 ピクセルである必要があります。ML Kit で顔の輪郭を検出するには、より高い解像度の入力が必要です。その場合、顔は 200x200 ピクセル以上にする必要があります。

リアルタイム アプリケーションで顔を検出する場合は、入力画像の全体サイズも考慮する必要があります。サイズが小さいほど処理は高速になるため、レイテンシを短くするには画像を低い解像度でキャプチャします。ただし、上記の精度要件に留意し、被写体の顔が画像のできるだけ多くの部分を占めるようにしてください。リアルタイムのパフォーマンスを改善するためのヒントもご覧ください。

画像がぼやけていると、精度にも影響します。満足のいく結果が得られない場合は、ユーザーに画像をキャプチャし直すよう求めてください。

カメラに対する顔の向きも、ML Kit で検出される顔の特徴に影響を与える可能性があります。顔検出のコンセプトをご覧ください。

1. 顔検出器を構成する

顔検出のデフォルト設定のいずれかを変更する場合は、画像に顔検出を適用する前に、FaceDetectorOptions オブジェクトを使用して設定を指定します。次の設定を変更できます。

設定
setPerformanceMode PERFORMANCE_MODE_FAST(デフォルト) | PERFORMANCE_MODE_ACCURATE

顔を検出する際に速度や精度を優先します。

setLandmarkMode LANDMARK_MODE_NONE(デフォルト) | LANDMARK_MODE_ALL

顔の「ランドマーク」(目、耳、鼻、頬、口など)を識別するかどうかを指定します。

setContourMode CONTOUR_MODE_NONE(デフォルト) | CONTOUR_MODE_ALL

顔の特徴の輪郭を検出するかどうか。輪郭は、画像内で最も目立つ顔についてのみ検出されます。

setClassificationMode CLASSIFICATION_MODE_NONE(デフォルト) | CLASSIFICATION_MODE_ALL

顔を「ほほ笑んでいる」や「目を開けている」などのカテゴリに分類するかどうか。

setMinFaceSize float(デフォルト: 0.1f

希望する最小の顔サイズを設定します。頭の幅と画像の幅の比率で表します。

enableTracking false(デフォルト)| true

顔に ID を割り当てるかどうかを指定します。ID を使用して、画像全体の顔をトラッキングします。

輪郭の検出が有効になっていると、検出される顔が 1 つだけになり、顔トラッキングで有用な結果が得られません。このため、輪郭の検出と顔トラッキングの両方を有効にしないでください。検出速度の向上にもつながります。

例:

Kotlin

// High-accuracy landmark detection and face classification
val highAccuracyOpts = FaceDetectorOptions.Builder()
        .setPerformanceMode(FaceDetectorOptions.PERFORMANCE_MODE_ACCURATE)
        .setLandmarkMode(FaceDetectorOptions.LANDMARK_MODE_ALL)
        .setClassificationMode(FaceDetectorOptions.CLASSIFICATION_MODE_ALL)
        .build()

// Real-time contour detection
val realTimeOpts = FaceDetectorOptions.Builder()
        .setContourMode(FaceDetectorOptions.CONTOUR_MODE_ALL)
        .build()

Java

// High-accuracy landmark detection and face classification
FaceDetectorOptions highAccuracyOpts =
        new FaceDetectorOptions.Builder()
                .setPerformanceMode(FaceDetectorOptions.PERFORMANCE_MODE_ACCURATE)
                .setLandmarkMode(FaceDetectorOptions.LANDMARK_MODE_ALL)
                .setClassificationMode(FaceDetectorOptions.CLASSIFICATION_MODE_ALL)
                .build();

// Real-time contour detection
FaceDetectorOptions realTimeOpts =
        new FaceDetectorOptions.Builder()
                .setContourMode(FaceDetectorOptions.CONTOUR_MODE_ALL)
                .build();

2. 入力画像を準備する

画像内の顔を検出するには、Bitmapmedia.ImageByteBuffer、バイト配列、またはデバイス上のファイルから InputImage オブジェクトを作成します。次に、InputImage オブジェクトを FaceDetectorprocess メソッドに渡します。

顔検出の場合は、サイズが 480x360 ピクセル以上の画像を使用してください。顔をリアルタイムで検出する場合は、この最小解像度でフレームをキャプチャすると、レイテンシの短縮に役立ちます。

さまざまなソースから InputImage オブジェクトを作成できます。以下では、この各オブジェクトについて説明します。

media.Image の使用

media.Image オブジェクトから InputImage オブジェクト(デバイスのカメラから画像をキャプチャする場合など)を作成するには、media.Image オブジェクトと画像の回転を InputImage.fromMediaImage() に渡します。

CameraX ライブラリを使用する場合は、OnImageCapturedListener クラスと ImageAnalysis.Analyzer クラスによって回転値が計算されます。

Kotlin

private class YourImageAnalyzer : ImageAnalysis.Analyzer {

    override fun analyze(imageProxy: ImageProxy) {
        val mediaImage = imageProxy.image
        if (mediaImage != null) {
            val image = InputImage.fromMediaImage(mediaImage, imageProxy.imageInfo.rotationDegrees)
            // Pass image to an ML Kit Vision API
            // ...
        }
    }
}

Java

private class YourAnalyzer implements ImageAnalysis.Analyzer {

    @Override
    public void analyze(ImageProxy imageProxy) {
        Image mediaImage = imageProxy.getImage();
        if (mediaImage != null) {
          InputImage image =
                InputImage.fromMediaImage(mediaImage, imageProxy.getImageInfo().getRotationDegrees());
          // Pass image to an ML Kit Vision API
          // ...
        }
    }
}

画像の回転角度を取得するカメラ ライブラリを使用しない場合は、デバイスの回転角度とデバイス内のカメラセンサーの向きから計算できます。

Kotlin

private val ORIENTATIONS = SparseIntArray()

init {
    ORIENTATIONS.append(Surface.ROTATION_0, 0)
    ORIENTATIONS.append(Surface.ROTATION_90, 90)
    ORIENTATIONS.append(Surface.ROTATION_180, 180)
    ORIENTATIONS.append(Surface.ROTATION_270, 270)
}

/**
 * Get the angle by which an image must be rotated given the device's current
 * orientation.
 */
@RequiresApi(api = Build.VERSION_CODES.LOLLIPOP)
@Throws(CameraAccessException::class)
private fun getRotationCompensation(cameraId: String, activity: Activity, isFrontFacing: Boolean): Int {
    // Get the device's current rotation relative to its "native" orientation.
    // Then, from the ORIENTATIONS table, look up the angle the image must be
    // rotated to compensate for the device's rotation.
    val deviceRotation = activity.windowManager.defaultDisplay.rotation
    var rotationCompensation = ORIENTATIONS.get(deviceRotation)

    // Get the device's sensor orientation.
    val cameraManager = activity.getSystemService(CAMERA_SERVICE) as CameraManager
    val sensorOrientation = cameraManager
            .getCameraCharacteristics(cameraId)
            .get(CameraCharacteristics.SENSOR_ORIENTATION)!!

    if (isFrontFacing) {
        rotationCompensation = (sensorOrientation + rotationCompensation) % 360
    } else { // back-facing
        rotationCompensation = (sensorOrientation - rotationCompensation + 360) % 360
    }
    return rotationCompensation
}

Java

private static final SparseIntArray ORIENTATIONS = new SparseIntArray();
static {
    ORIENTATIONS.append(Surface.ROTATION_0, 0);
    ORIENTATIONS.append(Surface.ROTATION_90, 90);
    ORIENTATIONS.append(Surface.ROTATION_180, 180);
    ORIENTATIONS.append(Surface.ROTATION_270, 270);
}

/**
 * Get the angle by which an image must be rotated given the device's current
 * orientation.
 */
@RequiresApi(api = Build.VERSION_CODES.LOLLIPOP)
private int getRotationCompensation(String cameraId, Activity activity, boolean isFrontFacing)
        throws CameraAccessException {
    // Get the device's current rotation relative to its "native" orientation.
    // Then, from the ORIENTATIONS table, look up the angle the image must be
    // rotated to compensate for the device's rotation.
    int deviceRotation = activity.getWindowManager().getDefaultDisplay().getRotation();
    int rotationCompensation = ORIENTATIONS.get(deviceRotation);

    // Get the device's sensor orientation.
    CameraManager cameraManager = (CameraManager) activity.getSystemService(CAMERA_SERVICE);
    int sensorOrientation = cameraManager
            .getCameraCharacteristics(cameraId)
            .get(CameraCharacteristics.SENSOR_ORIENTATION);

    if (isFrontFacing) {
        rotationCompensation = (sensorOrientation + rotationCompensation) % 360;
    } else { // back-facing
        rotationCompensation = (sensorOrientation - rotationCompensation + 360) % 360;
    }
    return rotationCompensation;
}

次に、media.Image オブジェクトと回転角度値を InputImage.fromMediaImage() に渡します。

Kotlin

val image = InputImage.fromMediaImage(mediaImage, rotation)

Java

InputImage image = InputImage.fromMediaImage(mediaImage, rotation);

ファイル URI の使用

InputImage オブジェクトをファイルの URI から作成するには、アプリのコンテキストとファイルの URI を InputImage.fromFilePath() に渡します。これは、ACTION_GET_CONTENT インテントを使用して、ギャラリー アプリから画像を選択するようにユーザーに促すときに便利です。

Kotlin

val image: InputImage
try {
    image = InputImage.fromFilePath(context, uri)
} catch (e: IOException) {
    e.printStackTrace()
}

Java

InputImage image;
try {
    image = InputImage.fromFilePath(context, uri);
} catch (IOException e) {
    e.printStackTrace();
}

ByteBuffer または ByteArray の使用

ByteBuffer または ByteArray から InputImage オブジェクトを作成するには、まず、media.Image の入力について前述したように、画像の回転角度を計算します。次に、画像の高さ、幅、カラー エンコード形式、回転角度とともに、バッファまたは配列を含む InputImage オブジェクトを作成します。

Kotlin

val image = InputImage.fromByteBuffer(
        byteBuffer,
        /* image width */ 480,
        /* image height */ 360,
        rotationDegrees,
        InputImage.IMAGE_FORMAT_NV21 // or IMAGE_FORMAT_YV12
)
// Or:
val image = InputImage.fromByteArray(
        byteArray,
        /* image width */ 480,
        /* image height */ 360,
        rotationDegrees,
        InputImage.IMAGE_FORMAT_NV21 // or IMAGE_FORMAT_YV12
)

Java

InputImage image = InputImage.fromByteBuffer(byteBuffer,
        /* image width */ 480,
        /* image height */ 360,
        rotationDegrees,
        InputImage.IMAGE_FORMAT_NV21 // or IMAGE_FORMAT_YV12
);
// Or:
InputImage image = InputImage.fromByteArray(
        byteArray,
        /* image width */480,
        /* image height */360,
        rotation,
        InputImage.IMAGE_FORMAT_NV21 // or IMAGE_FORMAT_YV12
);

Bitmap の使用

Bitmap オブジェクトから InputImage オブジェクトを作成するには、次の宣言を行います。

Kotlin

val image = InputImage.fromBitmap(bitmap, 0)

Java

InputImage image = InputImage.fromBitmap(bitmap, rotationDegree);

画像は Bitmap オブジェクトと回転角度で表されます。

3.FaceDetector のインスタンスを取得する

Kotlin

val detector = FaceDetection.getClient(options)
// Or, to use the default option:
// val detector = FaceDetection.getClient();

Java

FaceDetector detector = FaceDetection.getClient(options);
// Or use the default options:
// FaceDetector detector = FaceDetection.getClient();

4. 画像を処理する

画像を process メソッドに渡します。

Kotlin

val result = detector.process(image)
        .addOnSuccessListener { faces ->
            // Task completed successfully
            // ...
        }
        .addOnFailureListener { e ->
            // Task failed with an exception
            // ...
        }

Java

Task<List<Face>> result =
        detector.process(image)
                .addOnSuccessListener(
                        new OnSuccessListener<List<Face>>() {
                            @Override
                            public void onSuccess(List<Face> faces) {
                                // Task completed successfully
                                // ...
                            }
                        })
                .addOnFailureListener(
                        new OnFailureListener() {
                            @Override
                            public void onFailure(@NonNull Exception e) {
                                // Task failed with an exception
                                // ...
                            }
                        });

5. 検出された顔に関する情報を取得する

顔検出オペレーションが成功すると、Face オブジェクトのリストが成功リスナーに渡されます。各 Face オブジェクトは画像内で検出された顔を表します。顔ごとに、入力画像の境界座標と、顔検出器に検出するよう構成したその他の情報を取得できます。例:

Kotlin

for (face in faces) {
    val bounds = face.boundingBox
    val rotY = face.headEulerAngleY // Head is rotated to the right rotY degrees
    val rotZ = face.headEulerAngleZ // Head is tilted sideways rotZ degrees

    // If landmark detection was enabled (mouth, ears, eyes, cheeks, and
    // nose available):
    val leftEar = face.getLandmark(FaceLandmark.LEFT_EAR)
    leftEar?.let {
        val leftEarPos = leftEar.position
    }

    // If contour detection was enabled:
    val leftEyeContour = face.getContour(FaceContour.LEFT_EYE)?.points
    val upperLipBottomContour = face.getContour(FaceContour.UPPER_LIP_BOTTOM)?.points

    // If classification was enabled:
    if (face.smilingProbability != null) {
        val smileProb = face.smilingProbability
    }
    if (face.rightEyeOpenProbability != null) {
        val rightEyeOpenProb = face.rightEyeOpenProbability
    }

    // If face tracking was enabled:
    if (face.trackingId != null) {
        val id = face.trackingId
    }
}

Java

for (Face face : faces) {
    Rect bounds = face.getBoundingBox();
    float rotY = face.getHeadEulerAngleY();  // Head is rotated to the right rotY degrees
    float rotZ = face.getHeadEulerAngleZ();  // Head is tilted sideways rotZ degrees

    // If landmark detection was enabled (mouth, ears, eyes, cheeks, and
    // nose available):
    FaceLandmark leftEar = face.getLandmark(FaceLandmark.LEFT_EAR);
    if (leftEar != null) {
        PointF leftEarPos = leftEar.getPosition();
    }

    // If contour detection was enabled:
    List<PointF> leftEyeContour =
            face.getContour(FaceContour.LEFT_EYE).getPoints();
    List<PointF> upperLipBottomContour =
            face.getContour(FaceContour.UPPER_LIP_BOTTOM).getPoints();

    // If classification was enabled:
    if (face.getSmilingProbability() != null) {
        float smileProb = face.getSmilingProbability();
    }
    if (face.getRightEyeOpenProbability() != null) {
        float rightEyeOpenProb = face.getRightEyeOpenProbability();
    }

    // If face tracking was enabled:
    if (face.getTrackingId() != null) {
        int id = face.getTrackingId();
    }
}

顔の輪郭の例

顔の輪郭検出を有効にすると、検出された顔の特徴が点のリストで表示されます。これらの点は特徴の形状を表します。輪郭の表現方法については、顔検出のコンセプトをご覧ください。

次の図は、これらの点が顔にどのようにマッピングされるかを示します。画像をクリックすると拡大します。

検出された顔の輪郭メッシュの例

リアルタイム顔検出

リアルタイムのアプリケーションで顔検出を使用する場合は、適切なフレームレートを得るために次のガイドラインに従ってください。

  • 顔の輪郭検出と分類とランドマーク検出のどちらか一方を使用するように構成します。両方はできません。

    輪郭の検出
    ランドマークの検出
    分類
    ランドマークの検出と分類
    輪郭の検出とランドマークの検出
    輪郭の検出と分類
    輪郭の検出とランドマークの検出、分類

  • FAST モードを有効にします(デフォルトで有効)。

  • より低い解像度で画像をキャプチャすることを検討してください。ただし、この API の画像サイズに関する要件にも留意してください。

  • Camera または camera2 API を使用する場合、検出器の呼び出しのスロットリングを行います。検出器の実行中に新しい動画フレームが使用可能になった場合は、そのフレームをドロップします。例については、クイックスタート サンプルアプリの VisionProcessorBase クラスをご覧ください。
  • CameraX API を使用する場合は、バックプレッシャー戦略がデフォルト値 ImageAnalysis.STRATEGY_KEEP_ONLY_LATEST に設定されていることを確認します。 一度に 1 つのイメージのみが分析のために配信されることが保証されます。アナライザがビジー状態のときにさらに生成されるイメージは、自動的に破棄され、配信のキューに入りません。分析されている画像を ImageProxy.close() で閉じると、次に新しいイメージが配信されます。
  • 検出器の出力を使用して入力画像の上にグラフィックスをオーバーレイする場合は、まず ML Kit から検出結果を取得し、画像とオーバーレイを 1 つのステップでレンダリングします。これにより、ディスプレイ サーフェスへのレンダリングは入力フレームごとに 1 回で済みます。例については、クイックスタート サンプルアプリの CameraSourcePreview クラスと GraphicOverlay クラスをご覧ください。
  • Camera2 API を使用する場合は、ImageFormat.YUV_420_888 形式で画像をキャプチャします。古い Camera API を使用する場合は、ImageFormat.NV21 形式で画像をキャプチャします。