Google Maps APIs Credits の使用量の推定

このページは、2016 年 1 月にリリースされた新しいバージョンの Google Maps APIs Premium Plan ユーザーを対象としています。

以前の Maps APIs for Work または Maps API for Business を所有している場合は、Maps APIs for Work ライセンス ガイドをご覧ください。以前のライセンスがあるかどうかを確認するには、Google Cloud Support Portal で、左側にある [Maps: Usage Report] をクリックします。レポートの最上部にある ID が次の形式になっている場合は、新しい Premium Plan があります。
gme-[company] & proj-[number] ([type])
そうでない場合は、以前のライセンスがあります。

はじめに

Google Maps APIs Premium Plan では、アプリケーションの API リクエストにより、年間購入した Maps APIs Credits が消費されます。以下では、不動産のリストを表示する簡単なマップとより複雑な店舗案内の例を挙げて、一般的なマッピング アプリケーションでの Maps APIs Credits の年間消費量を推定する方法を示しています。

これらの例でアプリケーションのクレジット消費量を推定する際は、以下の点を考慮しています。

  • アプリケーションのユーザー エクスペリエンス
  • アプリケーションが使用する API
  • いくつかの実装の詳細
  • アプリケーションを使用する頻度

これらの情報を基にして、アプリケーションで 1 年間に消費する合計クレジットを推定します。Google Maps APIs Premium Calculator を使用すると、より簡単に計算ができます。

例 1: 不動産のリストを表示するマップ

ユーザー エクスペリエンス

不動産事務所の販売員は、あなたの会社の内部ウェブサイトに掲載されたマップ上のアクティブなリストをすべて閲覧することができます。販売員がマップ上のリストのマーカーをクリックすると、情報ウィンドウが表示されます。ウィンドウには、売主のエージェント、物件の住所、面積、物件の写真、ストリートビューの画像など、データベースにある物件の詳細情報が載っています。販売員は情報ウィンドウで [Get Directions] ボタンをクリックし、自身の事務所の位置を選択して、物件までのルートを表示することができます。

使用する Maps API

API 提供される機能
Google Maps JavaScript API 社内ウェブページにマップを表示します。
Google Street View Image API 情報ウィンドウにパノラマ画像を提供します。
Google Maps Geocoding API 物件の住所のデータベースを使用して、リストの緯度と経度(lat/long)の座標を提供します。
Google Maps Directions API 物件までのルートを提供します。

実装の詳細

  • 米国のコロラド州に 30 か所のオフィスがあり、約 3,000 人の販売員が働いています。
  • 通常、不動産のデータベースには、約 25,000 個のアクティブなリストが保存されています。
  • ジオコーディング ウェブサービスを使用して、リストを毎日ジオコーディングします。

販売員の推定使用状況

社内ウェブサイトのリストマップに毎日 3,000 回のアクセスがあると推定します。各アクセスについては、次のように推定します。

  • 販売員は情報ウィンドウで 5 つの物件を閲覧する。
  • 販売員は 1 つの物件へのルートをリクエストする。

Maps APIs Credits の計算

マップロードの使用量

API 使用方法
Maps JavaScript API 1 マップロード × 3,000 訪問者 × 1 クレジット = 3,000 クレジット
Street View Image API 5 マップロード × 3,000 訪問者 × 0.25 クレジット = 3,700 クレジット

合計マップロード: 3,000 + 3,750 = 6,750 リクエスト(1 日あたり)× 365 日 = 1 年あたり 2,463,750 クレジットが必要

ウェブサービス API の使用量

API 使用方法
Geocoding API 1 日あたり 25,000 回のジオコード
Directions API 1 リクエスト × 3,000 訪問者 = 3,000 クエリ

合計 QPD: 25,000 + 3,000 = 28,000 QPD

QPD は 1 日あたり 100,000 件の無料制限を超えていないため、追加のクレジットは必要ありません。

1 年間に必要な Maps APIs Credits

2,463,750 クレジット(マップロード用)+ 0 クレジット(ウェブサービス用)= 2,463,750 クレジット

例 2: 店舗案内

ユーザー エクスペリエンス

ユーザーはウェブサイトまたはモバイルアプリ(Android/iOS)で店舗案内を使用して、特定の位置から最も近い店舗を最大 50 か所まで検索できます。ユーザーは現在位置、またはその他の出発点の住所や有名スポットを入力します。ユーザーが出発点の入力を始めると、アプリケーションは一致する住所またはプレイス名のリストを自動的に表示します。ユーザーがリストからプレイスを選択すると、そのプレイスから最も近い 50 店舗のマーカーがマップに表示されます。そのマーカーをクリックすると、住所や営業時間(店舗のデータベースにある)、店舗までの距離、その場所のパノラマ画像など、店舗の詳細が記載された情報ウィンドウが表示されます。また、ユーザーは店舗までのルートを取得することもできます。

使用する Maps API

API 提供される機能
Google Maps JavaScript API ウェブサイトにマップを表示します。
Mobile SDK(Android/iOS) モバイル端末にマップを表示します。
Google Street View Image API 情報ウィンドウに静的な(インタラクティブでない)パノラマ画像を提供します。
Google Maps Geocoding API 店舗の住所リストを使用して、店舗の緯度と経度(lat/long)の座標を提供します。
Google Maps Distance Matrix API 出発点とデータベースにある店舗の間の距離および移動時間を提供します。この情報は情報ウィンドウに表示されます。
Google Maps Directions API 店舗までのルートを提供します。
Google Places API
JavaScript ライブラリと
ウェブサービス
  • プレイス オートコンプリート。住所または有名スポットの予測入力照合を可能にします。
  • プレイス詳細。オートコンプリートの結果からユーザーが選択した出発点の住所(または「プレイス」)を提供します。

実装の詳細

使用状況の推定に影響を及ぼす実装の詳細を一部示します。

  • 世界中に 1,500 店舗あります。
  • ジオコーディング ウェブサービスを使用して、1,500 店舗の位置を 30 日に 1 回ジオコーディングします。
  • データベースの距離関数を使用して、ジオコーディングしたすべての住所を検索し、訪問者の出発点に最も近い 50 店舗を取得します。
  • Google Maps Distance Matrix API 関数を呼び出して、出発点から最も近い 50 店舗(データベースから取得)までの移動距離と移動時間を表示します。距離を計算する店舗数を 50 に制限することで、リクエストごとの要素数を最大 625 個未満に抑えます。

ユーザーの推定使用状況

店舗案内に毎日 2,000 回のアクセスがあると推定します(ウェブサイトで約 1,000 回、モバイル端末で約 1,000 回のアクセス)。各アクセスについては、次のように推定します。

  • ユーザーは平均 8 文字を入力して出発点を見つける。
  • ユーザーは 1 か所の出発点を検索し、1 か所の出発点を選択する。
  • ユーザーは平均 2 個のマーカーをクリックして情報ウィンドウを表示する。
  • ユーザーは 1 つの場所へのルートを取得する。

Maps APIs Credits の計算

マップロードの使用量

API 使用方法
Maps JavaScript API 1 マップロード × 1,000 訪問者 × 1 クレジット = 1,000 クレジット
Mobile SDK 1 マップロード × 1,000 訪問者 × 1 クレジット = 1,000 クレジット
Street View Image API 2 マップロード × 2,000 訪問者 × 0.25 クレジット = 1,000 クレジット

合計マップロード: 1,000 + 1,000 + 1,000 = 3,000 リクエスト(1 日あたり)× 365 日 = 1 年あたり 1,095,000 クレジットが必要

Maps JavaScript / ウェブサービス API の使用量

API 使用方法
Geocoding API 1,500 ジオコード = 1,500 クエリ(1 か月あたり)
Directions API 1 リクエスト × 2,000 訪問者 = 2,000 クエリ
Distance Matrix API 1 リクエスト × 2,000 訪問者 × 50 店舗(最も近い)= 100,000 要素

合計 QPD: 2,000 + 100,000 = 102,000 QPD

QPD の合計超過分: 102,000 - 100,000 無料 QPD = 2,000 QPD 超過 × .25 クレジット = 500 クレジット(1 日あたり)/ 182,500 クレジット(1 年あたり)

ジオコーディングの合計 QPD1,500 × .25 クレジット = 375 クレジット(1 か月あたり)/ 4,500 クレジット(1 年あたり)

1 年あたりの合計超過分: 182,500 + 4,500 = 187,000 クレジット(1 年あたり)

Places API の使用量

API 使用方法
Places API のプレイス オートコンプリート 1 検索 × 8 文字(1 検索あたり)× .1 クレジット = .8 × 2,000 訪問者 = 1,600 クレジット
Places API のプレイス詳細 1 リクエスト × 2,000 訪問者 × 2 クレジット = 4,000 クレジット

Places API の合計使用量: 1,600 + 4,000 = 5,600 リクエスト(1 日あたり)/ 2,044,000 クレジット(1 年あたり)

1 年間に必要な Maps APIs Credits

1,095,000 クレジット(マップロード用)+ 187,000 クレジット(QPD 超過分)+ 2,044,000 クレジット(プレイスのリクエスト用)= 3,326,000 クレジット