プレミアム プランに関するよくある質問

Google Cloud Console でのクライアント ID の管理場所

プレミアム プランのクライアント ID 管理機能は、Google Maps Platform Cloud Console の [認証情報] ページの下部にある [クライアント ID] セクションにあります。

[認証情報] ページの新しい [クライアント ID] 領域

URL 承認やクライアント ID 署名シークレットの管理など、クライアント ID に関するその他のタスクには、別の [クライアント ID] ページからアクセスできます。このページには、[クライアント ID] セクションの右端にある 編集アイコンをクリックすることでアクセスできます。

注: 現在、Google Maps Platform プレミアム プランは、新規お申し込みまたは新規お客様のご利用を受け付けていません。

ここでは、Google Maps Platform プレミアム プランに関する質問とその回答をご確認いただけます。

Google Maps Platform 全般についての質問は、Google Maps Platform に関するよくある質問をご覧ください。

基本情報

使用量上限

アプリケーションの開発

スタイル

基本情報

Google Maps Platform プレミアム プランとは何ですか?

Google Maps Platform プレミアム プラン(以下「プレミアム プラン」)では、Google の一連のサービスにアクセスし、カスタマイズ性と拡張性に優れたモバイル対応マップをアプリやサイトに実装するためのあらゆるツールをご利用いただけます。

現在 Google Maps Platform プレミアム プランは、新規お申し込みまたは新規お客様のご利用を受け付けていません。

Google Maps Platform プレミアム プランにはどのような API が含まれていますか?

Google Maps Platform プレミアム プランには、以下の Google サービスが含まれます。これらのサービスを使用するアプリケーションは Google Maps Platform プレミアム プラン SLA の対象となり、テクニカル サポートをご利用いただけます。

* Places API はプレミアム プラン アセット トラッキング ライセンスに含まれていません。アセット トラッキング ライセンスを所有しており、Places API の使用を希望する場合は、Google マップ セールスチームにお問い合わせください。

以下の API は Google Maps Platform プレミアム プランの対象外です。これらの API を使用するアプリケーションは、該当する API の利用規約に従う必要があります。Google Maps Platform プレミアム プラン SLA の対象外となるため、テクニカル サポートをご利用いただけません。

Google Maps Platform プレミアム プランのテクニカル レポートに問い合わせるには、どうすればよいですか?‏

Google Maps Platform プレミアム プランのお客様は、Google Cloud Console から Google サポートにお問い合わせいただけます。

Google Cloud Console のログイン認証情報をリセットするには、どうすればよいですか?

Google アカウントのパスワードを再設定してください。このリンクは Cloud Console のログインページにもあります。

Google Maps Platform プレミアム プランの利用規約を教えてください

Google Maps Platform プレミアム プランをご利用の場合、Google Maps Platform の使用に適用される規約をご確認ください。

使用量上限

Google Maps Platform プレミアム プランの使用量はどのように計算されますか?

Google Maps Platform プレミアム プランでは、アプリケーションがリクエストする API に応じて、それぞれ異なるレートで割り当てが消費されます。お客様には、アプリケーションの年間推定使用量に応じて、1 年分以上の割り当て(Maps API クレジット)を購入していただきます。アプリケーションが Maps API をリクエストするたびに、最初に購入したクレジットが消費されます。たとえば、Maps JavaScript API を使用してマップを表示するアプリケーションの場合、Maps JavaScript API のマップロードが発生するたびにクレジットが消費されます。最初に購入したクレジットをすべて消費した場合は、必要に応じて、追加クレジットを購入できます。詳しくは、プレミアム プランの使用レートと使用量上限に関するガイドをご覧ください。

アプリケーションによる Google Maps Platform プレミアム プランの使用状況を確認するには、どうすればよいですか?

アプリケーションによる Maps API クレジットの使用量を確認する方法、およびその他の使用状況レポートと分析データについて詳しくは、プレミアム プランのレポートに関するガイドをご覧ください。

アプリケーションの Maps API クレジット使用量を見積もる方法を教えてください

アプリケーションの使用量を見積もるには、Google Maps API プレミアム プラン計算ツールを使用すると便利です。

Maps API クレジットをすべて使い切るとどうなりますか?

Maps API クレジットをすべて消費した場合、アプリケーションのリクエストは引き続き実行されますが、アカウントに超過料金が請求される可能性があります。その場合、アカウントが停止されるのを防ぐため、Google Maps Platform プレミアム プラン ライセンスをできるだけ早く更新してください。割り当ての 85% を消費すると、Google から通知メールが届きます。

Places API Details リクエストでは Maps API クレジットが 2 クレジット請求され、Place Autocomplete リクエストでは 0.1 クレジットしか請求されないのはなぜですか?

Places API では、ビジネスデータやその他のプレイスデータが保存された大規模なデータベースを使用します。店舗などは開店と閉店を頻繁に繰り返すため、このデータベースを正確な状態に維持するには多くの時間と労力を要します。そのため、Places Details リクエストには、より多くの料金を請求する必要があります。Place Autocomplete については、通常、ユーザーが数文字を入力するだけで場所を見つけることができるため、1 回のリクエストに対してわずかなクレジットしか請求されません。

アプリケーションの開発

プロジェクト ID とクライアント ID は両方発行されますか?

はい。ウェルカム レターにはプロジェクト ID とクライアント ID が記載されています。

認証に API キーとクライアント ID の両方を使用する必要はありますか?

API のリクエストには、API キーまたはクライアント ID のいずれかを含めます。両方は含めないでください。API キーを使用することを強くおすすめします。

重要な理由: Maps JavaScript API を正しく読み込む、または他の Google Maps API にリクエストを送信するには、クライアント ID か API キーのいずれか両方ではなく)を含める必要があります。クライアント ID を使用する場合は、key パラメータをすべて削除する必要があります。リクエストにクライアント ID とキーの両方が含まれていると、予期しない動作やエラーが発生する可能性があります。

提供される Google Cloud Console プロジェクトでは、利用可能な API がすべて有効になっていますか?

はい。プレミアム プランでは、 同じ Cloud Console プロジェクト用にすべての API が自動的にプロビジョニングされます。そのため、1 つのプロジェクトですべての API にアクセスできます。また、同じプラットフォーム(ウェブ、ウェブサービス、Android、iOS)の API は、すべて同じ API キーを共有できます。

API キーとクライアント ID の違いは何ですか?

プロジェクト ID を使用すると、Cloud Console で API キーを生成できます。API キーとクライアント ID の主な違いは次のとおりです。

  • API のサポート: API キーは、すべての Maps API で使用できます。一方、クライアント ID は、Places API、Geolocation API、Roads API、Maps SDK for Android、Maps SDK for iOS 以外の API で使用できます。
  • セキュリティ: 以下のガイドラインに従っている限り、API キーとクライアント ID はどちらも同様に安全です。
    • API キーを使用する場合、そのキーが他者に知られないように注意してください。Maps API へのリクエストでは常に HTTPS が使用されるため、他者がトラフィックを傍受するリスクは限られています。ただし、誰かがあなたのキーを入手した場合、そのキーを使用して Maps API へのリクエストを実行する可能性があります。クライアント側の API でこのリスクを回避するには、キーを使用できるドメインを制限します。サーバー側の API では、サーバーのソース IP アドレスからのリクエストのみを許可するようにキーを制限します。API キーを安全に使用する方法について詳しくは、API キーの使用をご覧ください。
    • クライアント ID を使用する場合は、暗号鍵(デジタル署名の生成で使用)が他者に知られないようにしてください。また、API リクエストで暗号鍵を使用したり、JavaScript で URL に署名する際に暗号鍵を使用したりしないでください。暗号鍵が他者に知られる危険性があります。
Google Maps Platform プレミアム プランでプレミアム モバイル機能にアクセスするには、どうすればよいですか?

標準 API のユーザーと同じ SDK(Maps SDK for iOSMaps SDK for Android)を使用して、プレミアム モバイル機能にアクセスできます。プレミアム機能にアクセスするには、お申し込み時に作成したプロジェクトの API キーを使用する必要があります。プレミアム モバイル機能にアクセスできることを確認するには、静的ライブラリを使用してマップを読み込みます。詳しくは、Android 用および iOS 用のプレミアム プラン スタートガイドをご覧ください。

Android 用の動的ライブラリを Google Maps Platform プレミアム プランで利用できますか?

はい。プレミアム プランでは、静的ライブラリだけでなく、Maps SDK for Android の動的ライブラリも使用できます。詳しくは、Android 向けプレミアム プラン スタートガイドをご覧ください。

HTTPS(SSL)で読み込まれたページから Google Maps Platform プレミアム プランのクライアント ID を使用して Maps JavaScript API にアクセスするには、どうすればよいですか?

HTTPS で読み込まれたページから Maps JavaScript API にアクセスするには、まず、その API を使用する HTTPS URL を許可する必要があります。

スタイル

マップ上にビジネス拠点が表示されないのはなぜですか?

Maps JavaScript API を使用してマップを読み込み、プレミアム プランの認証情報(key または client パラメータ)を追加すると、マップ上のビジネス リスティングがデフォルトでオフになります。これをオンに戻すには、マップのスタイル設定コードを追加する必要があります。

var styles = [
  {
    featureType: 'poi.business',
    stylers: [
      { visibility: 'on' }
    ]
  }
];

map.setOptions({styles: styles});