プレミアム プランに関するよくある質問

注: 現在 Google Maps Platform プレミアム プランは、新規お申し込みまたは新規お客様のご利用を受け付けていません。

ここでは、Google Maps Platform プレミアム プランに関する質問とその回答をご確認いただけます。

Google Maps Platform 全般についての質問は、Google Maps Platform に関するよくある質問をご覧ください。

基本情報

以前の Google Maps API for Work ライセンスと更新

Google Maps Platform プレミアム プランの購入

使用量上限

アプリケーションの開発

KML

URL 署名

スタイル

基本情報

Google Maps Platform プレミアム プランとは何ですか?

Google Maps Platform プレミアム プラン(以下「プレミアム プラン」)では、Google の一連のサービスにアクセスし、カスタマイズ性と拡張性に優れたモバイル対応マップをアプリやサイトに実装するためのあらゆるツールをご利用いただけます。

Google Maps Platform プレミアム プランにはどのような API が含まれていますか?

Google Maps Platform プレミアム プランには、以下の Google サービスが含まれます。これらのサービスを使用するアプリケーションは Google Maps Platform プレミアム プラン SLA の対象となり、テクニカル サポートをご利用いただけます。

* Places API はプレミアム プラン アセット トラッキング ライセンスに含まれていません。アセット トラッキング ライセンスを所有しており、Places API の使用を希望する場合は、Google マップ セールスチームにお問い合わせください。

以下の API は Google Maps Platform プレミアム プランの対象外です。これらの API を使用するアプリケーションは、該当する API の利用規約に従う必要があります。Google Maps Platform プレミアム プラン SLA の対象外となるため、テクニカル サポートをご利用いただけません。

Google Maps Platform プレミアム プランのテクニカル レポートに問い合わせるには、どうすればよいですか?

Google Maps Platform プレミアム プランのお客様は、Google Cloud サポート ポータルから新しいサポートケースを作成できます。

https://google.secure.force.com/

このポータルにアクセスするには、ユーザー名とパスワードが必要です。アカウントをお持ちでない場合は、こちらのフォームからお問い合わせください。

詳しくは、サポートとリソースのガイドをご覧ください。

テクニカル サポートを利用できる時間帯を教えてください

地域の祝祭日を除き、日本時間の月曜日午前 9 時から太平洋時間の金曜日午後 5 時まで、平日の 24 時間サポートをご利用いただけます。

プレミアム プランでゴールドレベル サポートをご契約の場合、重要度の高い問題については、(地域の祝祭日を含め)24 時間 365 日、テクニカル レポートをご利用いただけます。

24 時間 365 日のテクニカル サポートをご希望の場合は、ゴールドレベル サポートの詳細をお問い合わせください。

詳しくは、サポートとリソースのガイドをご覧ください。

Google Cloud サポート ポータルのログイン認証情報をリセットするには、どうすればよいですか?

こちらのリンクからパスワードをリセットしてください。このリンクは、Google Cloud サポート ポータルのログインページにも表示されます。

Google Maps Platform プレミアム プランの利用規約を教えてください

Google Maps Platform プレミアム プランをご利用の場合、Google Maps Platform の使用に適用される規約をご確認ください。詳しくは、Google Maps Platform プレミアム プラン利用規約をご覧ください。

以前の Google Maps API for Work ライセンスと更新

以前の Google Maps API for Work ライセンスに関する情報はどこで確認できますか?

プレミアム プランをお持ちか、以前のライセンスをご利用かをご確認ください。

ご利用のライセンス(プレミアム プランまたは以前のライセンス)を確認する方法
現在お持ちのライセンスを確認するには:
> Google Cloud サポート ポータルで、左側の [Maps: Usage Report] をクリックします。
> レポート上部の ID の形式を確認します。
   gme-[company] & proj-[number] ([type])
上記の形式の場合、プレミアム プランをご利用中です。
上記の形式でない場合、以前のライセンス(Maps API for Work または Maps API for Business)をご利用中です。

詳しくは、以前のライセンスの概要をご覧ください。

新しいプレミアム プランの変更点を教えてください

変更点の概要(更新のお客様が対象)およびライセンスの更新に関するよくある質問をご覧ください。

Google Maps Platform プレミアム プランの購入

Google Maps Platform プレミアム プランを購入するメリットは何ですか?

お客様のビジネスや組織で以下のいずれかが必要な場合は、プレミアム プランの購入をおすすめします。

  • 24 時間のテクニカル サポートが組み込まれた SLA を締結する
  • Google マップが埋め込まれた製品またはサービスを販売する
  • 社内のアプリケーションやウェブサイトで Google Maps Platform を使用する
  • 特定の割り当て量を設定する
  • アセット トラッキング アプリケーションで Google Maps Platform を使用する
  • 既存の Maps API for Work ライセンスでプレミアム機能を使用する
Google Maps Platform プレミアム プランを購入するには、どうすればよいですか?

プレミアム プランの購入について詳しくは、Google の営業担当者にお問い合わせください。お客様のアプリケーションでの推定使用量に基づいて、料金をお見積もりいたします。

Google Maps Platform プレミアム プランを利用するには、Google アカウントが必要ですか?

はい。Google Cloud Platform Console から Google Maps Platform にアクセスするには、Google アカウントが必要です。

使用量上限

Google Maps Platform プレミアム プランの使用量はどのように計算されますか?

ご利用のライセンス(プレミアム プランまたは以前のライセンス)を確認する方法
現在お持ちのライセンスを確認するには:
> Google Cloud サポート ポータルで、左側の [Maps: Usage Report] をクリックします。
> レポート上部の ID の形式を確認します。
   gme-[company] & proj-[number] ([type])
上記の形式の場合、プレミアム プランをご利用中です。
上記の形式でない場合、以前のライセンス(Maps API for Work または Maps API for Business)をご利用中です。

Google Maps Platform プレミアム プランでは、アプリケーションがリクエストする API に応じて、それぞれ異なるレートで割り当てが消費されます。お客様には、アプリケーションの年間推定使用量に応じて、1 年分以上の割り当て(Maps API クレジット)を購入していただきます。アプリケーションが Maps API をリクエストするたびに、最初に購入したクレジットが消費されます。たとえば、Maps JavaScript API を使用してマップを表示するアプリケーションの場合、Maps JavaScript API のマップロードが発生するたびにクレジットが消費されます。最初に購入したクレジットをすべて消費した場合は、必要に応じて、追加クレジットを購入できます。詳しくは、プレミアム プランの使用レートと使用量上限に関するガイドをご覧ください。

アプリケーションによる Google Maps Platform プレミアム プランの使用状況を確認するには、どうすればよいですか?

アプリケーションによる Maps API クレジットの使用量を確認する方法、およびその他の使用状況レポートと分析データについて詳しくは、プレミアム プランのレポートに関するガイドをご覧ください。

アプリケーションの Maps API クレジット使用量を見積もる方法を教えてください

アプリケーションの使用量を見積もるには、Google Maps API プレミアム プラン計算ツールを使用すると便利です。

クレジットの計算例も参考にしてください。

Maps API クレジットをすべて使い切るとどうなりますか?

Maps API クレジットをすべて消費した場合、アプリケーションのリクエストは引き続き実行されますが、アカウントに超過料金が請求される可能性があります。その場合、アカウントが停止されるのを防ぐため、Google Maps Platform プレミアム プラン ライセンスをできるだけ早く更新してください。割り当ての 85% を消費すると、Google から通知メールが届きます。

Places API Details リクエストでは Maps API クレジットが 2 クレジット請求され、Place Autocomplete リクエストでは 0.1 クレジットしか請求されないのはなぜですか?

Places API では、ビジネスデータやその他のプレイスデータが保存された大規模なデータベースを使用します。店舗などは開店と閉店を頻繁に繰り返すため、このデータベースを正確な状態に維持するには多くの時間と労力を要します。そのため、Places Details リクエストには、より多くの料金を請求する必要があります。Place Autocomplete については、通常、ユーザーが数文字を入力するだけで場所を見つけることができるため、1 回のリクエストに対してわずかなクレジットしか請求されません。

アプリケーションの開発

Google Cloud Platform Console のプロジェクト ID とクライアント ID は、両方発行されますか?

はい。ウェルカム レターには、Google Cloud Platform Console のプロジェクト ID とクライアント ID が記載されています。

提供される Google Cloud Platform Console プロジェクトでは、利用可能な API がすべて有効になっていますか?

はい。プレミアム プランでは、 同じ Google Cloud Platform Console プロジェクト用にすべての API が自動的にプロビジョニングされます。そのため、1 つのプロジェクトですべての API にアクセスできます。また、同じプラットフォーム(ウェブ、ウェブサービス、Android、iOS)の API は、すべて同じ API キーを共有できます。API キーを使用すると、リアルタイムの使用状況レポートに加え、最長で過去 30 日間の使用状況データを確認できます。さらに、ほとんどの API では、API キーの代わりにクライアント ID を使用すると、Maps API Analytics、チャンネルごとの使用状況レポート、過去 30 日より前のデータが反映されたレポートなどの機能を利用できます(Places API、Geolocation API、Roads API、Maps SDK for Android、Maps SDK for iOS ではクライアント ID を使用できません)。

API キーとクライアント ID の違いは何ですか?

プロジェクト ID を使用すると、Google Cloud Platform Console で API キーを生成できます。API キーとクライアント ID の主な違いは次のとおりです。

  • API のサポート: API キーは、すべての Maps API で使用できます。一方、クライアント ID は、Places API、Geolocation API、Roads API、Maps SDK for Android、Maps SDK for iOS 以外の API で使用できます。
  • レポート: API キーを使用すると、リアルタイムの使用状況レポートに加え、最長で過去 30 日間の使用状況データを確認できます。Maps API Analytics、チャンネルごとの使用状況レポート、過去 30 日より前のデータが反映されたレポートなどの機能が必要な場合は、API でクライアント ID を使用します(ただし、その API がクライアント ID をサポートしている場合)。
  • エラーコード: API キーを使用する場合、HTTP ステータス コード クラスに基づくエラー メッセージ(3xx エラーや 4xx エラーなど)が返されますが、このエラー メッセージには基本的な情報しか含まれません。クライアント ID を使用すると、 Google Cloud サポート ポータルのレポートで、API 固有の詳細なエラーコードを確認できます。この情報はトラブルシューティングで役立ちます。
  • セキュリティ: 以下のガイドラインに従っている限り、API キーとクライアント ID はどちらも同様に安全です。
    • API キーを使用する場合、そのキーが他者に知られないように注意してください。Maps API へのリクエストでは常に HTTPS が使用されるため、他者がトラフィックを傍受するリスクは限られています。ただし、誰かがあなたのキーを入手した場合、そのキーを使用して Maps API へのリクエストを実行する可能性があります。クライアント側の API でこのリスクを回避するには、キーを使用できるドメインを制限します。サーバー側の API では、サーバーのソース IP アドレスからのリクエストのみを許可するようにキーを制限します。API キーを安全に使用する方法について詳しくは、API キーの使用をご覧ください。
    • クライアント ID を使用する場合は、暗号鍵(デジタル署名の生成で使用)が他者に知られないようにしてください。また、API リクエストで暗号鍵を使用したり、JavaScript で URL に署名する際に暗号鍵を使用したりしないでください。暗号鍵が他者に知られる危険性があります。
テスト環境でも、Google Maps Platform プレミアム プランの認証情報を使用する必要がありますか?

すべての Google Maps Platform は、API キーまたはクライアント ID で認証する必要があります。テスト環境でアプリケーションを開発するときは、以下の点を考慮してください。

  • テスト環境でテクニカル サポートにアクセスする必要がある場合、プレミアム プランの認証情報(クライアント ID または API キー)を使用する必要があります。Maps API を使用すると、使用レートと使用量上限に基づいて、お客様のプランの Maps API クレジットが消費されます。
  • テスト環境でプランの Maps API クレジットを消費したくない場合は、標準の認証情報(Google Cloud Platform Console で設定する API キー)を使用できます。ただし、その場合、テスト環境ではテクニカル サポートをご利用になれません。標準の認証情報を使用する場合は、各 API について、標準の使用量上限がアプリまたはウェブサイトに適用されます。標準の使用量上限について詳しくは、料金とプランをご覧ください。
  • 大量のリクエストの生成が予想されるテスト環境で、プレミアム プランの Maps API クレジットを消費せずに、テクニカル サポートを利用する方法をお探しの場合は、開発専用ライセンスの購入をご検討ください。通常、開発専用ライセンスでは、低料金でありながら、テクニカル サポートを受けることができます。詳しくは、Google マップのアカウント担当者にお問い合わせください。
  • アプリのロードテストを実行する場合は、モック API を使用できます。リリース前のチェックリストアプリでロードテストを実行するをご覧ください。
Google Maps Platform プレミアム プランでプレミアム モバイル機能にアクセスするには、どうすればよいですか?

標準 API のユーザーと同じ SDK(Maps SDK for iOSMaps SDK for Android)を使用して、プレミアム モバイル機能にアクセスできます。プレミアム機能にアクセスするには、お申し込み時に作成したプロジェクトの API キーを使用する必要があります。プレミアム モバイル機能にアクセスできることを確認するには、静的ライブラリを使用してマップを読み込みます。詳しくは、Android 用および iOS 用のプレミアム プラン スタートガイドをご覧ください。

Android 用の動的ライブラリを Google Maps Platform プレミアム プランで利用できますか?

はい。プレミアム プランでは、静的ライブラリだけでなく、Maps SDK for Android の動的ライブラリも使用できます。詳しくは、Android 向けプレミアム プラン スタートガイドをご覧ください。

HTTPS(SSL)で読み込まれたページから Google Maps Platform プレミアム プランのクライアント ID を使用して Maps JavaScript API にアクセスするには、どうすればよいですか?

HTTPS で読み込まれたページから Maps JavaScript API にアクセスするには、まず、その API を使用する HTTPS URL を許可する必要があります。

共通ローダーで base_domain パラメータを使用している場合、HTTPS(SSL)経由で Maps JavaScript API を読み込むには、どうすればよいですか?

共通ローダーで base_domain パラメータを使用している場合は、SSL で Maps JavaScript API を読み込むことができません。

base_domain パラメータはアプリケーションのパフォーマンスに影響を与えません。API リクエストは、その API がどのドメインから読み込まれるかにかかわらず、常に、ユーザーの所在地に基づく最適なマップサーバーで処理されます。

base_domain は、指定された地域を優先してジオコーディング結果を表示します。base_domain を使用せずに同じ効果を得るには、ジオコーディング サービスの region パラメータを設定します。

KML

イントラネット サイトでホストされている KML ファイルをマップ上にレンダリングするには、どうすればよいですか?

Maps JavaScript API の KML オーバーレイを生成する KmlLayer クラスは、Google がホストするサービスを使用してレンダリング対象の KML ファイルを取得し、解析します。そのため、公開 URL でホストされていない KML ファイルや、アクセスに認証が必要な KML ファイルは表示できません。

イントラネット サイトでホストされている KML ファイルを使用してアプリケーションを開発する場合は、サードパーティの JavaScript ライブラリを使用し、その KML をクライアント側でレンダリングすることをおすすめします。KML ファイルはブラウザで解析されるため、KmlLayer クラスを使用する場合よりパフォーマンスが低下する可能性があります。

URL 署名

JavaScript を使用して URL に署名できますか?

暗号鍵がエンドユーザーに知られてしまうため、JavaScript を使用して URL に署名しないでください。必ず、サーバー側のコンポーネントで署名を生成してください。

Maps API ウェブサービスをリクエストしたとき、「HTTP 403 Forbidden」 レスポンスが返されるのはなぜですか?

HTTP 403 レスポンスは、リクエストの署名を確認できないなど、アクセス許可に関する問題が発生したことを示します。これには、以下のような理由が考えられます。

  1. 署名は指定されているが、このリクエストに必要な署名ではない。
  2. リクエストで、Google Maps Platform プレミアム プランのクライアント ID は指定しているが、署名を指定していない。ウェブサービスを呼び出すときは、常に、クライアント ID と有効な署名を使用してリクエストを作成する必要があります。
  3. 署名は指定されているが、それに関連する Google Maps Platform プレミアム プランのクライアント ID が指定されていない。

スタイル

マップ上にビジネス拠点が表示されないのはなぜですか?

Maps JavaScript API を使用してマップを読み込み、プレミアム プランの認証情報(key または client パラメータ)を追加すると、マップ上のビジネス リスティングがデフォルトでオフになります。これをオンに戻すには、マップのスタイル設定コードを追加する必要があります。

var styles = [
  {
    featureType: 'poi.business',
    stylers: [
      { visibility: 'on' }
    ]
  }
];

map.setOptions({styles: styles});