注: Google Maps Platform ゲームサービスは、2021 年 10 月 18 日に廃止されます。本サービスを利用しているユーザーは、2022 年 12 月 31 日まで引き続きアクセスできます。また、主要なバグとシステム障害へのサポートおよび修正にも、上記の期日まで対応する予定です。ゲームサービス移行ガイドで、プロジェクトの次のステップを計画するうえで役立つリソースをご確認ください。

ヘルプとサポートを利用する

サポートとリソース

バグや機能リクエストを報告する

バグを見つけたと思われる場合や、Google Maps Platform チームと共有したい機能リクエストがある場合は、Issue Tracker で報告してください。

バグを報告する際は、問題を正確に再現できるように、問題を実際に示すサンプルを含めてください。

API に関するすべての問題 バグを報告 機能リクエストを送信
Maps SDK for Unity バグレポート 機能リクエスト
Playable Locations API バグレポート 機能リクエスト
Issue Tracker のステータス コード
新規 この問題または機能リクエストはトリアージされていません。
割り当て済み 問題には担当者が割り当てられています。
承認済み 問題は担当者によって確認されており、担当者は調査の開始時に最新情報を提供します。
修正済み 問題はリリースされたバージョンで解決されています。
修正済み(確認済み) 問題は解決され、修正が正しいことが確認されています。
修正されない(再現不可) 問題を修正するのに十分な情報がないか、報告された問題を再現できません。
修正されない(想定された挙動) 問題は、報告された状況で想定されるサービスの挙動を示しています。
修正されない(無効) サービスの変更により、問題の関連性がなくなりました。
修正されない(実行不可) 問題には、当面は実行できない変更を加えることが必要となります。
重複している この報告は既存の問題と重複しています。
Issue Tracker のトリアージ コード
PendingFurtherReview この問題は、初回トリアージをパスし、優先度レビューを待機しています。
NeatIdea 機能リクエストは確認されました。現在このリクエストを評価していますが、実装する予定はありません。星を付けて投票し、コメントしてユースケースについて議論してください。
NeedsMoreInfo この問題または機能リクエストには、報告者からの詳細情報が必要です。

サポートチームに問い合わせる

サポートケースの作成

プロジェクト所有者、プロジェクト編集者、テクニカル サポート編集者が、サポートケースを作成できます。それ以外の方は、プロジェクト所有者または組織管理者にアクセス権の付与を依頼してください。

  1. Google Cloud Console の Google Maps Platform のサポートページにアクセスします。
  2. Google Cloud Console の上部にあるプルダウンバーで、質問に関連するプロジェクトを選択します。
    • 技術面に関するサポートケースを提出するには、プロジェクト所有者プロジェクト編集者、またはテクニカル サポート編集者のロールが必要です。
    • お支払いに関するサポートケースを提出するには、プロジェクト所有者またはプロジェクト編集者のロールが必要です。
  3. [新しいサポートケースの作成] セクションの欄に詳細を入力します。 ケースの作成には 1 分ほどかかる場合があります。

サポートへのアクセスに必要な権限を付与する

プロジェクト所有者または組織管理者は、IAM ページから利用可能なすべてのロールを付与できます。

  1. Cloud Console で IAM ページを開きます
  2. [プロジェクトを選択] を選択 > プルダウンからプロジェクトを選択 > [開く] をクリックします。
  3. [追加] を選択して、新しいメンバーのメールアドレスを入力します。
    • 個人、サービス アカウント、Google グループをメンバーとして追加できますが、すべてのプロジェクトに少なくとも 1 人はメンバーとして含める必要があります。
  4. メンバーのロールを選択します。セキュリティ対策として、メンバーに付与する権限は必要最小限にすることを強くおすすめします。プロジェクト所有者の権限を持つメンバーは、プロジェクトを全般にわたり(シャットダウンを含む)管理できます。
    • プロジェクト所有者またはプロジェクト編集者の権限を付与するには、[プロジェクト] で該当するロールを選択します。
    • 技術面に関するサポートケースの提出のみに権限を制限するには、[サポート] でテクニカル サポート編集者のロールを選択します。
  5. 変更を保存します。

ケースのエスカレーション

ケースが適切に処理されていないと思われる場合は、ケースをエスカレーションできます。エスカレーション マネージャーがケースを審査し、適切に処理されていることを確認します。

注: エスカレーション マネージャーは、追加の専門知識を提供したり、ビジネス要件に基づいてケースの優先度を上げたりすることができます。ポリシーまたは利用規約への例外を認めることはできません。

ケースが最初に送信されてから 1 時間経つとエスカレーションできるようになります。次に、サポートメールのフッター、ケース作成確認メール、またはケースに対する返信で、[エスカレーション] ボタンを使用します。

サポートの応答時間

サポートの応答時間は、以下の表のとおりです(解決までに要する時間は異なる場合があります)。

重大度 定義 応答時間
影響度: 重大 - 本番環境でサービスが使用できない 本番環境アプリケーションの重要な機能が利用できず、回避策はない。 平日の 1 時間(地域の祝日を除く)
影響度: 高 - サービスに重大な障害がある この問題は、1 人のユーザーまたはユーザー間のコラボレーションに重大な影響を与えている。サービスが意図したとおりに機能せず、適切な回避策はない。 平日の 24 時間
影響度: 中 - サービスが一部機能しない サービスが意図したとおりに機能しないものの、簡単に回避策を講じることができる。 平日の 24 時間
影響度: 低 - サービスが完全に使用できる サービスは意図したとおりの動作ではないものの機能している(回避策は必要ない)。 平日の 24 時間

プライバシーに関するお問い合わせ

データのプライバシーと保護についてご不明な点がございましたら、データ プライバシーお問い合わせフォームをご利用ください。

常に最新情報を入手する

以下の方法でも Google Maps Platform の最新情報を得ることができます。

  • Google グループに登録すると、変更やサービス停止などの最新情報を入手できます。
    • google-maps-platform-notifications: Google Maps Platform API とウェブサービスに関する技術的な最新情報、サービス停止に関する通知、プラットフォームの機能に関するお知らせ(毎月 3〜5 件)を提供しています。
    • google-maps-js-api-v3-notify: Google Maps JavaScript API の新しいリリース(年間最大 4 件のメッセージ)を提供しています。
  • Google Maps Platform ブログ: Google Geo デベロッパー向けのすべてのサービスに関するニュースや最新情報など、価値ある情報を提供しています。
  • Google Cloud ブログ: Google Maps Platform を含むすべての Google Cloud サービスに関する最新情報を提供しています。

Google では、スクリーンキャストや YouTube の番組を通じて、デベロッパー コミュニティと密に情報交換をしています。

利用規約

ご参考までに、サービスの利用に関するドキュメントを以下に紹介します。

  • 利用規約: Google Maps Platform ユーザーとしての権利と義務について説明しています。