イベントの検証

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

概要

Google アナリティクス 4 向けの Google アナリティクス Measurement Protocol は、イベントの形式が正しくない場合や必要なパラメータがない場合でも、HTTP エラーコードを返しません。イベントが有効であることを確認するには、Measurement Protocol 検証サーバーでテストしてから、本番環境にデプロイする必要があります。イベントが正しく構成されていることが確認できたら、実装を検証して、正しいキーを使用していることを確認してください。

これを行うには、検証サーバーを直接呼び出すか、GA4 イベント ビルダーを使用します。GA4 イベント ビルダーを使用すると、インタラクティブにイベントを作成し、Measurement Protocol 検証サーバーを使って検証することができます。

このガイドでは、Google アナリティクス 4 検証サーバー向けの Measurement Protocol にイベントを送信して、レスポンスを解釈する方法について説明します。

検証用にイベントを送信

Measurement Protocol に送信するイベント用リクエストと Measurement Protocol 検証サーバーに送信するイベント用リクエストの唯一の違いは、URL です。

サーバー URL
Measurement Protocol /mp/collect
Measurement Protocol 検証サーバー /debug/mp/collect

その他のリクエスト フィールドはすべて同じです。有効なリクエストを作成する方法について詳しくは、プロトコル リファレンスをご覧ください。

以下のコードは、Measurement Protocol 検証サーバーに送信されている無効なイベントを示しています。

検証レスポンス

前のイベントに対する検証サーバーのレスポンスは以下のとおりです。

{
  "validationMessages": [
    {
      "fieldPath": "events",
      "description": "Event at index: [0] has invalid name [_badEventName]. Names must start with an alphabetic character.",
      "validationCode": "NAME_INVALID"
    }
  ]
}

レスポンス

キー 説明
validationMessages Array<ValidationMessage> 検証メッセージの配列。

ValidationMessage

キー 説明
fieldPath string 無効だったフィールドへのパス。
description string エラーの説明。
validationCode ValidationCode エラーに対応する ValidationCode。

ValidationCode

説明
VALUE_INVALID fieldPath に指定した値が無効でした。制限事項をご覧ください。
VALUE_REQUIRED fieldPath に必須の値が指定されていませんでした。
NAME_INVALID 指定した名前が無効でした。制限事項をご覧ください。
NAME_RESERVED 指定した名前は予約済みの名前の 1 つでした。予約済みの名前をご覧ください。
VALUE_OUT_OF_BOUNDS 指定した値が大きすぎました。制限事項をご覧ください。
EXCEEDED_MAX_ENTITIES リクエストに含まれるパラメータが多すぎました。制限事項をご覧ください。
NAME_DUPLICATED リクエストで同じ名前が複数回指定されていました。