広告レスポンスに関する情報を取得する

デバッグとロギングの用途では、正常に読み込まれた広告が ResponseInfo オブジェクトを提供します。このオブジェクトには、読み込まれた広告に関する情報が含まれます。それぞれの広告フォーマットのクラスにはレスポンス情報を取得するためのメソッドがありますが、広告オブジェクトではどれでも GetResponseInfo() メソッドを使用します。

ResponseInfo オブジェクトのメソッドには、次が含まれます。

GetMediationAdapterClassName()
現在の広告を取得した広告ネットワークのクラス名。

Android

広告ソース クラス名
Google 広告 com.google.ads.mediation.admob.AdMobAdapter
リワード カスタム イベント カスタム イベントのクラス名。
他のすべてのカスタム イベント com.google.ads.mediation.customevent.CustomEventAdapter
メディエーション メディエーション アダプタのクラス名。

iOS

広告ソース クラス名
Google 広告 GADGoogleAdNetworkClassName の値。
リワード カスタム イベント カスタム イベントのクラス名。
他のすべてのカスタム イベント GADCustomEventAdNetworkClassName の値。
メディエーション メディエーション アダプタのクラス名。
GetResponseId()
レスポンス ID は、広告レスポンスごとに固有の ID で、
広告レビュー センター(ARC)で広告を識別してブロックするために使われます。
ToString()
iOS の description メソッドと Android の toString() メソッド(それぞれのレスポンス情報オブジェクトのメソッド)からの値を返します。iOS バージョン 7.60.0 以降では、メディエーション ウォーターフォールの説明全文を返します。