広告レスポンスに関する情報を取得する

デバッグとロギング用の場合、正常に読み込まれた広告は GADResponseInfo オブジェクトを提供します。このオブジェクトには、読み込まれた広告に関する情報が含まれます。各広告フォーマット クラスには、レスポンス情報を取得するためのプロパティがあります。インタースティシャル広告の場合は、responseInfo プロパティを使用します。

レスポンス情報のプロパティ

GADResponseInfo オブジェクトのプロパティには、以下が含まれます。

responseIdentifier
広告レスポンスごとに固有の ID。広告レビュー センター(ARC)で広告を識別してブロックするために使用されます。
adNetworkClassName
現在の広告を取得した広告ネットワークのクラス名。このプロパティから返される値には、以下が含まれます。

広告ソース クラス名
Google 広告 GADGoogleAdNetworkClassName の値
カスタム リワード イベント カスタム イベントのクラス名
他のすべてのカスタム イベント GADCustomEventAdNetworkClassName の値
メディエーション メディエーション アダプタのクラス名

サンプルコード

次のサンプル スニペットは GADBannerViewDelegate コールバックの実装を示しています。

Swift

func adViewDidReceiveAd(_ bannerView: GADBannerView) {
  print("adViewDidReceiveAd from network: \(bannerView.responseInfo?.adNetworkClassName)")
}

Objective-C

- (void)adViewDidReceiveAd:(GADBannerView *)adView {
  NSLog(@"adViewDidReceiveAd from network: %@", adView.responseInfo.adNetworkClassName);
}